中古品
¥ 349
+ ¥ 257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ブックス一歩
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、多少の使用感、経年による傷み(ヤケや折れ等)がございますが、 本文に書き込みや重度の傷みはございません。アルコールクリーニング済み。基本毎日発送いたします。追跡番号なしの特約ゆうメールにて発送。Amazonコンディションガイドラインの基準に従って出品を行っております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


吐カ喇列島 (光文社新書 365) 新書 – 2008/8/12

5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 299
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

◎ 概 要
屋久島と奄美大島の間、
南北百数十キロに連なる吐カ喇列島は、
琉球文化と大和文化の接点の場所と言われ、
独自の伝統文化が保たれている。
二〇〇九年、今世紀世界最長の皆既日食を
見られる場所としても注目を集める島々の魅力を伝える。

◎ 内 容
吐カ喇列島は、屋久島と奄美大島の間、
南北百数十キロに連なる七つの有人島と五つの無人島からなる
一つの自治体で、十島村という。日本で一番細長い村だ。
昭和二一年二月米軍政下におかれるまでジットウソンと呼ばれていたが、
北緯三〇度線以北の現三島村(黒島、硫黄島、竹島)が独立し、
昭和二七年二月の日本復帰以降はトシマムラと呼ばれるようになった。
広大な荒海七島灘に散らばる七つの島に住む人々は、合わせて六二五人。
しかし、わずかこれだけの人たちが保持している
伝統文化、多様な民俗、そして生活の知恵は、計り知れない。
廃れた習慣や知恵も膨大なのだが、
それでも都会暮らしをする人間にはとても豊かに見える。
(「はじめに」より)

◎ 目 次
まえがき
第 一 章  口之島 ---- 登録牛をふやして島に若者を呼び戻したい
第 二 章  口之島 ---- 「ところ牛」との付き合い方
第 三 章  中之島 ---- 噴煙を上げる離島の最高峰御岳へ
第 四 章  中之島 ---- 数々の潜在資源を活かす手はないのだろうか
第 五 章  全国最強温泉列島 ---- 鄙びた出で湯よりどりみどり
第 六 章  臥蛇島 ---- 長い歴史を断ち切って三十余年
第 七 章  平 島 ---- 神秘的な森と水田が共存する
第 八 章  諏訪之瀬島 ---- 移住三代、あふれるフロンティア精神
第 九 章  一島一国 ---- 孤島・小島の社会基盤
第 十 章  悪石島 ---- 時の移ろいを感じながら巡る島の魅力
第十一章 悪石島 ---- 吐カ喇の象徴となった来訪神ボゼ
第十二章  小宝島 ---- 透明な風の底に鎮まる庭園を牛がぶらり
第十三章  宝 島 ---- なにがあっても島へ戻ってくれば生きていける
第十四章  吐カ喇にしみわたる奄美 ---- 本土文化圏と琉球文化圏のはざま
第十五章  世界が吐カ喇を注目する日 ---- 今世紀最長の皆既日食とは
あとがき

◎ オビ表
モノや
カネでは
計れない、
島のココロ

◎ オビ裏
今世紀世界最大の「事件」から秘湯まで
......................................................
有人島/口之島(119)、中之島(136)、平島(80)、
諏訪之瀬島(49)、悪石島(71)、小宝島(51)、宝島(119)
(カッコ内の数字は平成20年6月現在の各島の人口)
無人島/臥蛇島、小臥蛇島、小島、上ノ根島、横当島

◎ 著者プロフィル
斎藤潤(さいとうじゅん)
一九五四年岩手県盛岡市生まれ。東京大学文学部露文科卒業。
月刊誌「旅」、旅行情報誌の編集に携わった後、独立して
フリーランスライターに。テーマは、旅、島、食、農林漁業など。
著書に『日本《島旅》紀行』『沖縄・奄美《島旅》紀行』
『東京の島』『旬の魚を食べ歩く』(以上、光文社新書)、
主な共編著に『沖縄いろいろ事典』(新潮社)、
『島・日本編』(講談社)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

吐〓喇(とから)列島は、屋久島と奄美大島の間南北百数十キロに連なる七つの有人島と五つの無人島からなる一つの自治体で、十島村という。日本で一番細長い村だ。昭和二一年二月米軍政下におかれるまでジットウソンと呼ばれていたが、北緯三〇度線以北の現三島村(黒島、硫黄島、竹島)が独立し、昭和二七年二月の日本復帰以降はトシマムラと呼ばれるようになった。広大な荒海七島灘に散らばる七つの島に住む人々は、合わせて六二五人。しかし、わずかこれだけの人たちが保持している伝統文化、多様な民俗、そして生活の知恵は、計り知れない。廃れた習慣や知恵も膨大なのだが、それでも都会暮らしをする人間にはとても豊かに見える。モノやカネでは計れない島のココロ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 280ページ
  • 出版社: 光文社 (2008/8/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334034683
  • ISBN-13: 978-4334034689
  • 発売日: 2008/8/12
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 220,940位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

10件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.7

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2016年3月30日
形式: 新書Amazonで購入
VINEメンバー
2010年9月12日
形式: 新書Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2015年12月7日
形式: 新書
ベスト1000レビュアー
2008年9月13日
形式: 新書
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年10月10日
形式: 新書
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年8月16日
形式: 新書
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年9月7日
形式: 新書
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年8月15日
形式: 新書
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告