中古品
¥2,000
お届け日 (配送料: ¥350 ): 11月4日 - 7日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 2007年初版1刷 カバー 経年並の状態です(自店分類・文学研究20/5+)
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


名編集者エッツェルと巨匠たち―フランス文学秘史 (日本語) 単行本 – 2007/3/20


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,000
¥18,552 ¥1,599
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

バルザックの『人間喜劇』を企画し、ユゴーとともに亡命を余儀なくされながら彼の詩集を刊行し、サンドと親密な関係を結び、ヴェルヌを発見し育て上げたエッツェル。この語られざる名編集者の足跡を丹念にたどりながら、フランス文学が最も輝いていた時代と大作家たちの裏面に迫る。

抜粋

エッツェルは十九世紀フランスにおける最大の編集者のひとりといっ
てよい。バルザック、ジュルジュ・サント�▲罐粥次▲献紂璽襦Ε凜Д襯未鬚呂���ぢめとして、ノディエ、ラマルティーヌ、ミュッセ、サント=ブーヴ、アレクサン
ドル・デュマ親子、プルードン、ドーデ、ゾラ、エクトール・マロ、ヴェルレー
ヌ、ツルゲーネフ、ミシュレ・エレクマン=シャトリアンなど、作品の刊行にか
らんでなんらかの形で世話になった作家たちは枚挙にいとまがない。エッツェル
の生涯をたどることは、十九世紀のフランス文壇を縦断するに等しいといっても
言い過ぎではないだろう。・・・・本書では、名編集者エッツェルが果たした
十九世紀文化における影の演出者としての役割に注目して、エッツェルが関係し
た大作家たちのプロフィール、エッツェルが駆け抜けた時代とともに、エッツェ
ルの生涯を語ってみたい。(「序章」より)

登録情報

  • 発売日 : 2007/3/20
  • 単行本 : 542ページ
  • ISBN-13 : 978-4788510388
  • 出版社 : 新曜社 (2007/3/20)
  • 言語: : 日本語

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません