通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
名探偵夢水清志郎事件ノート(7) 機巧館のかぞえ唄... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

名探偵夢水清志郎事件ノート(7) 機巧館のかぞえ唄 (KCデラックス なかよし) コミック – 2007/12/28

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 名探偵夢水清志郎事件ノート(7) 機巧館のかぞえ唄 (KCデラックス なかよし)
  • +
  • 名探偵夢水清志郎事件ノート(5) 踊る夜光怪人 (KCデラックス なかよし)
  • +
  • 名探偵夢水清志郎事件ノート(6) ギヤマン壺の謎 (KCデラックス なかよし)
総額: ¥1,378
ポイントの合計: 32pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (コミック)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

三つ子の姉妹、亜衣・真衣・美衣の隣に引っ越してきた、自称名探偵の夢水清志郎。年齢不詳で大食漢の痩せ型、しかも元論理学の教授、というナゾだらけの人物だけど、事件となるとその推理は誰よりも早く真相にたどりついて…。青い鳥文庫の大人気シリーズ、ついにコミック化!

赤い夢か現実か!? 機巧(からくり)じかけのミステリー! 超ヒット探偵コミック!! 名探偵を迷わせる夢と現実の世界。機巧館の事件とは!? 機巧館でひらかれたパーティーのさなか、少女まんが家が消えた! 奇妙なかぞえ唄どおり殺人が起こり、教授と三つ子たちにも、危機がせまる!? 夢と現実の世界が重なりあう、機巧じかけのミステリー。名探偵はどう推理する!?

著者について

えぬえ けい
埼玉県出身、しし座のA型。1997年、第24回なかよし新人まんが賞入選。『いちばんの奇蹟』で、「るんるん」(1997年11月号)よりデビュー。2009年、『名探偵夢水清志郎事件ノート』で、第33回講談社漫画賞(児童部門)受賞。代表作は、『B-ウォンテッド』『神様がくれた夏』『ちゃんねるW(ワンダー)』『名探偵夢水清志郎事件ノート』など。趣味はパズル。
はやみね かおる
三重県生まれ。小学校の教師をしていた1990年、『怪盗道化師(かいとうぴえろ)』で第30回講談社児童文学新人賞に入選。その後、作家に。代表作は『バイバイ スクール―学校の七不思議事件』、「夢水清志郎」シリーズ、「怪盗クイーン」シリーズなど。


登録情報

  • コミック: 200ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/12/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063754219
  • ISBN-13: 978-4063754216
  • 発売日: 2007/12/28
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
このシリーズは好きでずっと読んでいますが、こんなに難解なのは初めてでした。
でも、元々ミステリー物だから、これくらいならまだ平気かな(^^;)
内容は、難しくなったといっても以前と変わらず楽しめました。
まだ理解できない謎がいくつかあるので、今からチャレンジ!!
読めば読むほど奥深いかも・・・!?

星四つの理由は、レーチ君の出番があんまりないから((笑
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちぃ 投稿日 2008/1/2
形式: コミック
いつもと違って本格的なミステリーな感じでした。
ちょっとややこしかったかも…ι
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私は原作の夢水清志郎シリーズも漫画の夢水清志郎シリーズもだいすきです(^∪^)
今回の話は、漫画だからなのでしょうが、夢の中の失楽が漫画でした。
そして小説家の男性が漫画家の女性に変更になっていました。
多分少女漫画家のイメージが女性だからでしょう(自分も小学生のときはそうでした)。
そしてデビュー作が(確か)「通信士」(でしたっけ?)から「二人の紳士」になっていたり、二つの罪の内容が小説とは異なっていました。
このように結構小説とは異なる点が結構ありましたが、小説のミステリーな雰囲気を壊すことなく楽しめました!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック