通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
名探偵夢水清志郎事件ノート(6) ギヤマン壺の謎 ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

名探偵夢水清志郎事件ノート(6) ギヤマン壺の謎 (KCデラックス なかよし) コミック – 2007/9/20

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 名探偵夢水清志郎事件ノート(6) ギヤマン壺の謎 (KCデラックス なかよし)
  • +
  • 名探偵夢水清志郎事件ノート(5) 踊る夜光怪人 (KCデラックス なかよし)
総額: ¥915
ポイントの合計: 22pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

三つ子の姉妹、亜衣・真衣・美衣の隣に引っ越してきた、自称名探偵の夢水清志郎。年齢不詳で大食漢の痩せ型、しかも元論理学の教授、というナゾだらけの人物だけど、事件となるとその推理は誰よりも早く真相にたどりついて…。青い鳥文庫の大人気シリーズ、ついにコミック化!

著者について

えぬえ けい
埼玉県出身、しし座のA型。1997年、第24回なかよし新人まんが賞入選。『いちばんの奇蹟』で、「るんるん」(1997年11月号)よりデビュー。2009年、『名探偵夢水清志郎事件ノート』で、第33回講談社漫画賞(児童部門)受賞。代表作は、『B-ウォンテッド』『神様がくれた夏』『ちゃんねるW(ワンダー)』『名探偵夢水清志郎事件ノート』など。趣味はパズル。
はやみね かおる
三重県生まれ。小学校の教師をしていた1990年、『怪盗道化師(かいとうぴえろ)』で第30回講談社児童文学新人賞に入選。その後、作家に。代表作は『バイバイ スクール―学校の七不思議事件』、「夢水清志郎」シリーズ、「怪盗クイーン」シリーズなど。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063723429
  • ISBN-13: 978-4063723427
  • 発売日: 2007/9/20
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
夢水清志郎シリーズ第6弾は、青い鳥文庫の原作でも異色である大江戸編です。
お馴染みのメンバーや新登場のキャラたちが幕末の世で赤い夢をみる...

いつもの話と比べて教授はかっこよさ5割増しでした。
幕末という日本の転換期を、教授という人間が眺めたとき、語ったとき...そんな姿が素敵でした。

大江戸編のこれからを待つにあたりまして...梅太郎さんをよく覚えておく必要があります。
教授と笑顔で語りあい、非常に大切な時間を過ごした彼。
次巻が楽しみです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック