Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432

¥ 31の割引 (7%)

(税込)
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[青山剛昌]の名探偵コナン(55) (少年サンデーコミックス)
Kindle App Ad

名探偵コナン(55) (少年サンデーコミックス) Kindle版

5つ星のうち 2.9 13件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 名探偵コナン(少年サンデーコミックス)(51-91)の41の第55巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 1

紙の本の長さ: 186ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

TV企画「探偵甲子園」の出場者のひとり、北の高校生探偵・時津が密室で殺された。ずっとダイニングで一緒にいたコナン・服部・白馬の3人は、アリバイがない他の3人のいずれかが犯人と考え、彼らを別室に隔離して現場の捜査を開始する。だがその結果、コナン・服部・白馬が導き出した犯人は、なんと全員バラバラで…!?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 59318 KB
  • 出版社: 小学館 (2006/9/15)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BP7LVAA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Martha Argerich 投稿日 2009/9/30
形式: コミック Amazonで購入
前巻から引き続きの「探偵甲子園」の解決編と、地下駐車場で起きた傷害事件に探偵団が挑む話と、新一と蘭の子供時代のエピソードに、英理の
愛猫ゴロちゃん登場の四つを収録しています。
まず、甲子園編!!いいねぇ。。白馬にとことん揶揄されながらも尚一層、いやそれだからこそ余計に迸る平次の熱血ぶりが最高。白馬、平次、
コナン三者三様の推理の過程を見せる演出も面白い。またこの話沁み入る余韻が好いのです。
お次の事件は、被害者が残した言葉と、犯人がうっかり漏らす言葉が妙。チビ新一・蘭のエピソードは兎角可愛くて好い。何より可愛いのが
黒髪フサフサの博士(笑)。最後は相変わらずの英理と小五郎のホクホクほのぼの譚で微笑ましく読了。

青山さんはストーリーの構成展開に波があって同じような要素の事件が立て続けに一冊
に収録されるような現象が在るが、本書はどうだ(?)。まさに童心へ回帰させてくれる心地好さが在る。
そして、もう一つ。過去作品からのクロスフェードを度々行う遊び心溢れる作者だが、ここでのチビ新一・蘭のエピソードでの黒羽盗一の件が
象徴しているが、この人は物語構成がとても自然且つ巧くて感心する。何だかんだ批判されながらも人気を保ち得る理由だろう。
思うに、無為な設定にみえて人それぞれの解釈次
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私も正直コナンのこのワンパターンの展開にはいい加減飽きてきたし、トリックもイマイチかな〜と思ってましたが、それでも読んでいて楽しかったです。それは子供時代の新一と蘭や、探偵甲子園の4人の探偵などのキャラが魅力的で、好きだから。探偵甲子園については、確かに決勝までコナンや服部たちが対決することやミステリとしての充実を期待したりとあれですが、昔の「コナン」にあった、犯人などにも同情してしまうような、キャラクターがそれぞれ本物のように生きている感じはあったと思うので、私は満足でした。

 あともうひとつ、私は推理小説も好きでたくさん読むのですが、正直ラブコメでキャラやその会話を楽しむ「コナン」と雰囲気からして本格的な推理ものの「金田一」は性質がまるで違い、比べても意味がないと思います。まあ昔は続けてやっていたのでつい比べてしまうのもわかるけれど。鮮やかな推理や真相はとても唸らされるけれど、それだけじゃないのが昔からの「コナン」だと思います。

 名探偵コナン」を読んでいる人は漫画が好きな人、ミステリーが好きな人、色々いるだろうし、それぞれこの漫画に求めるものものも違うでしょう。私にとってのそれはコナンや服部、灰原などのキャラクターと独特の作品世界でした。そして、そういったものはこの巻はまだ持っていたと思います。だから私は楽しめましたし、読んでみようかと少しでも思う人には今でも変わらずお勧めです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
コナンの話は、あと10年続くようですよ。つまり、今までの話が前半と考えてみてください。ここで面白かったのは、コナン(新一)の父工藤優作と黒羽かいとの父が友人で、ゆきこの変装術は、怪盗キッドの父から教えてもらった。優作は、小説家になる前は、実は、探偵だったと話もある、コナンは、漫画というより、推理小説を漫画にしたように見える。

57巻まで読んでみて、FBIやCAIがかかわってきているとなると、かなり巨大な組織にコナンは、相手にしているとみえる。今後は、日本だけでなく、アメリカやイギリスなど世界的な犯罪にとりくんでほしい、日本警察も最終的にFBIなどと協力して、展開するだろう。

コナンは、元に戻るのは、いつと気にしてるが、必ず灰原が元に戻る薬を開発してくれますよ。これからあと10年て、・・・まさかこれからが本番てこと、スケールデカイですよ。

ハリウッド映画なみに、物語が深いからだろ?
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
良かった点
・元太の話と、英理の話の謎解きがなかなか面白い
・新一と蘭の子供時代の話で、雰囲気と謎の真相が小気味よい

悪かった(残念な)点
・黒の組織の話がない
・期待していた探偵甲子園の話が……正直、つまらない
・子供時代の新一、どれくらいの物事を知っていて、どれくらいの物事は分からないのか、そのバランスが微妙に引っ掛かった(最初の暗号と、それ以外の暗号で)
・全体的に進展しない

昔の事件(1〜25巻くらい?)はどれも魅力的で、一読しただけでも記憶に残ったのに、最近のはすぐ忘れてしまう……
今後の展開に期待して、やや辛めに評価します
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover