Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432

¥ 31の割引 (7%)

(税込)
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[青山剛昌]の名探偵コナン(42) (少年サンデーコミックス)
Kindle App Ad

名探偵コナン(42) (少年サンデーコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 名探偵コナン(少年サンデーコミックス)(1-50)の50の第42巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 1

紙の本の長さ: 196ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

「黒の組織」の手がかりを求めて出島のデザイン事務所へ向かったコナンは、デザイン事務所社長・出島の毒殺事件に遭遇する。遺体の左手、ベルト、ハンカチ、そして直前に食べたハンバーガーから毒物反応が検出されるが、他のどこからも毒物の痕跡は見い出せない。その死のトリックをコナン、阿笠博士、灰原の3人が暴く。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 64538 KB
  • 出版社: 小学館 (2003/7/18)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009JZHX2U
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
この巻はみんな興奮しただろう。。3年...いや4年か?執拗に付き纏っていた影、その伏線が
ここで一気に繋がる。なんとなく、そうかなと思いながらも、このどんでん返しは効くわ。。
とにかく伏線が緻密すぎる。あれも、これも、あそこも!?という衝撃最高実に御馳走様だァ。
コナンを合わせ、それぞれのキャラのやり取りが亦カッコええヨね。
さて、核心に迫って興奮するのもいいが、その他の事件も中々いい。コンビニから品物が突然
なくなる不可解な謎と予想を裏切る結末に、設定が大胆で面白いハロウィンパーティーでの
これまた大胆なトリックと読み応えある。
それとまったく個人事だが、この巻の名探偵図鑑はルールタビーユ...『黄色い部屋の謎』は
一番好きな推理小説だよぉー。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/8/1
形式: コミック
今まで読んだコナンの中で最高傑作!その中でも仰天に驚くべき事実が二つも!!
1.あの人とあの人は実は同一人物じゃなかった!
2.あの人とあの人は実は同一人物だった!
すげぇっす。もう手を震わせながら読んだっす。
こうやって読めば?コナンもそろそろクライマックスか?!と思うほど。
そして、灰原の運命やいかに?!コナンで僕が一番好きな人物、灰原の意外な一面や、決めかけてる悲しい運命など、そりゃぁもう灰原の魅力で満載!
かなり充実した一冊。読み終えて絶対にすぐ続きを読みたくなる、そんな作品です。オススメです!
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Mikado 投稿日 2003/8/13
形式: コミック
なかなか黒の組織との話が進まなくて正直飽き気味だったけど、41巻とこの42巻辺りで急激に話が進みました。
他の皆さんも書かれている通り、コナン始まって以来の衝撃の事実が明かに。コナンがアポトキシンを飲まされて縮んだ時に、「こんなのアリかよ?」と思った時以来の衝撃度がありました。この巻辺りをサンデーで読んだ時はかなり興奮したものですが、冷静にコミックスで読み返してみると、色々な伏線が以前から張り巡らされていて、「なるほど」と納得するに至りました。青山先生、流石です。
しかし、最近ヒロインは灰原なのか蘭なのかわからなくなってきたね。どうせなら、アニメと原作で結末が変わると面白いかも…。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
なんてこったの展開です!
ええ、こいつがあいつだったんかァ~! どの話辺りから!?
と、前を読み返さねば理解できんほど色々な真実が判明します!
いままで誰が敵で誰がそうでないのか、くんづほぐれつの混線状態だったのがまとまって、ちょっとスッキリです。もちろんまだまだ要所の細かい謎はハッキリ解明されぬままですが、それがまた次を読むための良い伏線になったと思います。でも今回解った事実は、恐らく氷山のほんの一角なんでしょうね。もどかしい。
しかし確実に、組織がその顔を明るみに出されつつあることは確実です~。やめられません!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 it 投稿日 2008/1/12
形式: コミック
今までの長い伏線の答えがこの42巻で示される。
いい意味で期待を裏切ってくれる一冊。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
近刊まれに見る傑作。
あの!核心に迫っています。
あの人は実は敵ではなく、
ええ!この人が敵だったのーーー?
という感じですね。
アポトキシンの秘密ももうじきわかる?!
この先も楽しみになる一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今まで読んで来た中で一番面白かったです。
読み進めてるうちに、「そういうことだったのー??」と言う言葉が何度も口をついて出て来ました。このマンガの壮大なスケールの構想に脱帽です。
いろんな謎が解けてきて嬉しい反面、クライマックスに近付きつつあることがわかりちょっと寂しくもあります。
でも、早く続きが読みたい!と思わせる一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
季節外れのハロウィンパーティーの工藤新一あての招待状には江戸川コナンあての手紙が! 組織に正体がバレてしまったコナンは、逃げるだけムダと招待を受けることに。
一方、コナンが留守の間に、灰原をジョディ先生が連れ出す。その車を新出医師が追跡し...!?

これまで積み重ねられてきた伏線とともに、ついに驚愕のベルモットの正体が明らかに! そして、コナンと灰原の運命はいかに! 

という訳で、本巻は黒の組織に追いつめられて大ピンチの灰原を描いた24巻に次ぐベスト2。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover