通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
名探偵だって恋をする (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

名探偵だって恋をする (角川文庫) 文庫 – 2013/9/25

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞ノミネート作品決定
全国の446書店、書店員564人の投票により上位10作品がノミネート作品として決定しました>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

事故で演奏できなくなったチェリストは、時空を超えたある空間で、天上の音を演奏する少年と出会う)「空蜘蛛」)など、新鋭作家たちが描く謎とキャラクターの饗宴!

内容(「BOOK」データベースより)

名探偵だって人間だ。時には恋することもある―小学生ながらもバリバリの“理系女子”理緒が遭遇した謎と、ちいさな恋(「浮遊惑星ホームバウンド」)骨董店を営む兄と検死官の弟が、ある“遺品”の謎を解く(「ローウェル骨董店の事件簿 秘密の小箱」)事故で演奏できなくなったチェリストは、時空を超えたある場所で、天上の音を演奏する少年と出会う(「空蜘蛛」)など、新鋭作家たちが描く謎とキャラクターの饗宴!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 238ページ
  • 出版社: 角川書店 (2013/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041010071
  • ISBN-13: 978-4041010075
  • 発売日: 2013/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 733,463位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/5/21
形式: 文庫
 椹野道流「ローウェル骨董店の事件簿 秘密の小箱」、森晶麿「花酔いロジック」、伊与原新「浮遊惑星ホームバウンド」、宮内悠介「空蜘蛛」、古野まほろ「消えたロザリオ 聖アリスガワ女学校の事件簿1」の5篇が収められている。
 電子雑誌『sari-sari』の「新鋭競作名探偵だった恋をする」からセレクトされたアンソロジー。
 ただ、タイトルに偽りありで、名探偵が「恋をする」シーンは皆無。なぜこんなことになったのか。
 また、シリーズものの1篇だったり、後日談的なものだったり、シリーズの導入作だったり。単品として読んでもよく分からないものが多い。
 さらに、ミステリとしての質という点でも多いに不満が残る。
 それぞれの作家のファンなら、あるいは入手してもいいかもしれない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
まほろにあんとして、古野作品は楽しめない訳ないので、真っ先に読んでしまった。そのあと、こそ楽しかった。こういうアンソロ物の魅力は、読んだことのなかったうわさの作家との「初顔合わせ」に尽きる。

特に今回は森晶麿さんとの出会いが大きい。名前くらい聞いたことがあったけど、いままで読む機会がなかったのがとても残念だ。登場人物がみんな愛らしくて、特別で、(画面の中に)生きて動いているみたいな感じ。正しくマンガやアニメみたいな小説だと思った。正しさがなんなのか知らないけど、正しいキャラクター小説だ!となんだか感銘みたいなものを受けてしまった。
アニメの『四畳半神話体系』を見ていたときの気分に、すこし、近いような気がする。

違うような気も、おなじくらい、する。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告