中古品
¥ 1
+ ¥ 255 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 特に記載無い場合は帯は付きません。状態につきましてはアマゾンガイドラインに準拠しております。予めご了解のうえ注文お願いいたします。ゆうメール発送の場合は追跡番号ありません。複数購入・同梱の場合も送料返金はいたしかねます。ご注文の際は予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

名城の由来 そこでなにが起きたのか (光文社新書) 新書 – 2006/12/13

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 6,949 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

徳川家康はなぜ荒れ果てた江戸にこだわったのか。秀吉が、武蔵が―。乱世を生きた男たちの夢と誇りが、ここにあった。城そのものの「物」ではなく、その場で起きた出来事や人々の生きざまを想像し、その心の軌跡をたどる、城郭鑑賞の醍醐味。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

宮元/健次
1962年生まれ。作家・建築家。’87年東京芸術大学大学院美術研究科修了。宮元建築研究所代表取締役、愛知産業大学建築学科講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 236ページ
  • 出版社: 光文社 (2006/12/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334033849
  • ISBN-13: 978-4334033842
  • 発売日: 2006/12/13
  • 梱包サイズ: 17 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,515,228位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2008年4月3日
形式: 新書
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告