名前をつけてやる がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【年中無休】レンタルアップ品ではありません【型番:POCH-1103 1991年盤】◆帯:無しです◆ケース:新品に交換済みです◆ブックレット:良好です。その他の付属品はありません◆ディスク盤面:良好な状態で再生も問題ありません◆クリスタルパックに封入してお届けします◆商品の保管・梱包・発送等はAmazon配送センターが行っております
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: ローカルストア
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: STAR-SELLER
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

名前をつけてやる Original recording remastered

5つ星のうち 4.8 52件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 2,497 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 74 (3%)
ポイント: 1pt  詳細はこちら
残り9点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、玉光堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 2,197より 中古品の出品:6¥ 1,830より

Amazon の スピッツ ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 名前をつけてやる
  • +
  • 惑星のかけら
  • +
  • スピッツ
総額: ¥6,875
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2002/10/16)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered
  • レーベル: ユニバーサルJ
  • 収録時間: 38 分
  • ASIN: B00006HBEY
  • JAN: 4988005312952
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 52件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 7,163位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
2:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
3:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
4:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
2:46
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
3:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
3:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
2:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
4:31
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
2:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
3:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

商品の説明

8ヵ月の短いスタンスで91年11月に発売された2nd。60年代の良質ポップス、70年代の黄金期ロックなどを飲み込んだ心地良いメロディとひらめきときらめきに満ちた歌詞が素晴らしい1枚。

内容(「CDジャーナル」データベースより)

8ヵ月の短いスタンスで91年11月に発売された2nd。60年代の良質ポップス、70年代の黄金期ロックなどを飲み込んだ心地良いメロディとひらめきときらめきに満ちた歌詞が素晴らしい1枚。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 L.F. 投稿日 2008/2/5
形式: CD
スピッツの初期3作はどれも傑作なのだが、
特に第2作である今作は完成度的に図抜けている印象がある。
しかしレコーディングがあまりに順調だったため、当のメンバーにはあまり制作過程の記憶がないらしい。

初期スピッツ特有の一癖あるメロディーと、
ロックバンドとしてのタフさと、
シュゲイザー的な微かに霞がかったサウンドとがうまく共存している。
一方詩は幻想的、空想的で力みというものと全く無縁である。
そしてそれらが奇跡的なまでに、絶妙に解け合っている。
聴く者を魅了する独特の色彩を放っている。

1曲目、川の流れのようなアルペジオのイントロを聴いた途端に理論や方法論は意味をなくし、
終始美しい旋律に身を委ねることになる。
アルバムとしての流れも良い。
抑え目な1曲目から一気にアッパーな2曲目に突き抜け、
かと思うとメロディーの立った名曲が2曲続き、いきなりパンク調の曲に。そのまま名作「プール」になだれ込む。
何度聴いてもここまでの流れは完璧である。
後半は後半で気の抜けた、どこかクセと毒気を孕んだ楽曲が続く。
そしてラスト「魔女旅に出る」でハッピー、かつ切なく幕を閉じる。
収録時間は38分台と短く、何
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
最高傑作との呼び声も高い1991年発表の2ndアルバム。
前作の「絶望的な欲望ポップ」を全面で肯定した上で、
スピッツとしての詞・曲・音の美しい側面を徹底し
二律背反的魅力が最も顕著に感じられる一枚。

変態性はより愉快に、時に気品良く綴られ、
あっけらかんとした爽やかさの上で気持ちよく歌われる。
楽しいのに破滅的で、でも全然壊れていない。
ドライブ感と浮遊感とメランコリックと、
スピッツ流の甘酸っぱさに満ち溢れている。
アルバムの中の、暑い季節のまぶしい光に立ち眩んで
サイケデリックにも感じてしまう。

そしてポイントが
「1曲のために全曲があり、全曲の為に1曲がある」と言うこと。
何の敷居もなく奥深くまで潜っていけるこの感じ、
曲単位で言及する事が馬鹿馬鹿しくなるアルバムとしての説得力、
そして、作る上で何の障害・思い入れもなく
自然体でこれを完成させてしまうスピッツに土下座
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
学生時代にヘビーローテーションしていた一枚。
彼女もできず、部活で活躍するでもなく、文化祭等のイベントに張り切るでもない日々。
でもそれは「目立ちたい」とか「彼女がほしい」「誰かに認められたい」といった俗っぽい欲望が無いからではなく、単に傷つくことを恐れてどう動いていいかわからず、取り残された感じで憧れと妄想だけが広がっていたような気がする。
そんな中で自分を保つために「俺は他の奴らとは違うんだ」と中二病的に意気込んでみたりもするが、そんな考え自体がひどく凡庸なことに気づいて落ち込んでしまう、という冴えない青春の一コマ。
このアルバムにはそんな妄想やら中二病やら凡庸さやら、すべて認めて包み込み、それでもなお前に(というか斜め前に)進む勇気をくれる不思議な音楽が詰まっている。
これこそが、スピッツの「ロック」だと思う。
すべての冴えない青春を送る学生に聴いてほしい一枚。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 refgv 投稿日 2002/10/5
形式: CD
スピッツには、ポップで甘美なメロディーと、胸を暖め、時に抉るような鋭く優しい歌詞を書くポップバンドとしての側面と、裏側に隠し持った変態的な狂気が同居してる。
ヒット曲『チェリー』や、『ロビンソン』などでは姿を潜めている変態性。
スピッツの初期の作品は、そんな変態性を隠しきれないポップソングとなっている。
バカテクベーシストと、手数の多い凄腕ドラマーが生み出す日本屈指のグルーヴはまだまだ荒削りといった感じだし、アレンジがアマチュアっぽいところがあることも否めない。
しかし、それを補ってあまりある楽曲の良さ。
スピッツはコアなロックファンも納得させるクオリティーで、ライトリスナーにも訴えかける普遍的な楽曲を書ける日本有数のロックバンドだと思う。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す