通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
名前のない女たち最終章~セックスと自殺のあいだで ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

名前のない女たち最終章~セックスと自殺のあいだで (宝島SUGOI文庫) 文庫 – 2010/9/7

5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 名前のない女たち最終章~セックスと自殺のあいだで (宝島SUGOI文庫)
  • +
  • 名前のない女たち セックス依存症編 (宝島SUGOI文庫)
  • +
  • 名前のない女たち ベストセレクション (宝島SUGOI文庫)
総額: ¥1,749
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「売春でしか、セックスできない」。カラダを売り続ける女たちの壮絶な性と生を描く、『名前のない女たち』シリーズ最終章です。 アダルトビデオを取り巻く不況は深刻で、もはや「お金のためにAVに出演する」のは過去の話であるにもかかわらず、なぜ彼女たちはセックスを売り続けるのか。言語化できない無意識の衝動に突き動かされ、ヒリヒリした不安の中に身を焦がしながら生きている現代女性たちの切実な想いを鋭く抉ります。

内容(「BOOK」データベースより)

アダルトビデオ業界が不況で末期的な状況を迎えているなか、今も1万人を超える女性がAV女優として働いている。そのほとんどが、企画に応じて女子高生や人妻を演じ、名前も顔も知られずに日当3万円からの安いギャラでセックスを売り歩く企画AV女優たちだ。日雇い労働者と同じ扱いだが、それでもAV女優になりたいという女性は後を絶たない。性の氾濫する“いま”を生きる女の子をリアルに浮き彫りにした大好評ノンフィクション最終章。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 255ページ
  • 出版社: 宝島社 (2010/9/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796678999
  • ISBN-13: 978-4796678995
  • 発売日: 2010/9/7
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 197,467位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 pommier_pomme トップ1000レビュアー 投稿日 2010/10/16
形式: 文庫
私は、AVには出演したことのない一般女性ですが、彼女たちと何が違うの?と言われると、
分からない、と思います。
いつ、「そちら側」にいくか分からない。あるいは、境界線すらない、と思います。
現代社会のひずみの中で、私たちは皆、疲れています。自分を守ることに必死で、
お金を稼ぐことに必死です。
自分の親族や、夫や、子供、そんな、世間から見たらとても狭い範囲の人間を、
守るために、あるいはそれらから受けたトラウマから逃れるために、
さまざまな悲痛さ、残酷さ、異常さを放つ彼女たち。
とても、人間らしいルポルタージュだと思います。
多少、雑誌掲載時のなごりで、読者の興味を引きたいだけの派手な感じの題名や
デザインの下品さもありますが、私が本書から受けたのはとても静かな印象です。
著者の目には、度を越した同情も、嫌悪も、好感情もなく、
淡淡としています。
AV女優の特集だからと言って、裸の写真や卑猥な表現は一切ありません。
あるのは、私たちと変わらない、人間の赤裸々な姿。

作者の前で暴かれた彼女たちの素顔は、とても人間臭いです。
コメント 155人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マリモ 投稿日 2013/7/24
形式: 文庫 Amazonで購入
初めてこのシリーズを手に取ったのは高校2年生の時でした。本屋の隅っこではらはらしたのを覚えています。こんな人生を送っている人がいる、こんな人生を文章に起こす人がいる。その衝撃は今でも思い出せます。

その一作目の時の中村氏の距離を置いたあのルポタージュをもう一度、成人してから読みたくて今回三部作ともに購入。

回を重ねるごとに中村氏と女優の感情の振れ幅が似てきていることがこの作品の持つリアルだと思いました。どんどん追い詰められていく中村氏、今を必死に生きる女優、それに対しての少額のお金。
錯綜するものがあまりに混沌としていて読み手をも飲み込まれる作品です。なので心が病んでいる時にはあまりおすすめはできません。ただ、これが現実で、女優の皆に言える置かれている環境の劣悪さはこの先も日本全体が抱える本当の問題だと思いました。特にネットやケータイが普及した今だからこその問題もあると思います。もちろん虐待もその中で比重をしめていると思います。
女優全員が虚勢の中でも繊細で中村氏の言葉に解きほぐされていく様は世の中の本当の闇を見せてくれます。
ずっと目をそむけてきた現実を大人は見なければいけないと思う作品です。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 それぞれの女性の人生が壮絶すぎて言葉を失う。共通項はAV女優である,ということだけで,それぞれの人の人生は細かく見れば全員違う。でも,全員が何かしら不遇の家庭環境や生活環境上の困難や,あるいは嗜癖(依存)や精神疾患などを抱えている。

 もちろん,不遇な環境にある人がすべてまっとうな仕事についていない,ということはまったくない。しかし,そうしたことが重なると,そこから抜け出すことは容易ではない。

 AV業界自体も極度に縮小化しているらしく,簡単に稼げる業界ではないらしい。安く買いたたかれ,人生を擦り減らされる女性たち。しかし,そこから抜け出す方法は,そう簡単には見つからない。結局,体を使うことでしか,稼ぐすべがないのだ。

 たしかに短期間で「稼げる」場合もある。時給800円でバイトするなんてばからしくなるだろう。しかし,稼ぐのと同じスピードでお金を浪費してしまう。お金への感覚がずれてしまうのだ。それと同様に,セックスへの感覚も,多くの人からずれている。

 みな刹那的である。未来が見えない。今日生き抜くのに精いっぱいなのだから,それも必然である。そして,悪い循環が続いていく。

 著者の中村氏はエロ関係の仕事をしていたが,「抜け出して」現在介護の仕事をしているという。「抜けられ
...続きを読む ›
コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
はじめはポルノ映画に出演する女性の簡単な物語かと興味本位でただ購入。彼女達の一言では語れない壮絶な人生の話で、正直読んだ後に心が重くなった。性的虐待を受けた人がかなり多く、同じ女性として、思わず涙した場面もありました。彼らがただの"好き者"としてのみAVに出演してるわけじゃなく、そこまでにたどり着くまでの環境にも大きな影響があることを教えてもらいました。人生には色んな形があると思うけど、頑張って欲しいです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック