Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[中島 敦]の名人伝
Kindle App Ad

名人伝 Kindle版

5つ星のうち 4.6 26件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0

商品の説明

内容紹介

昭和初期に活躍したが惜しくも早世した小説家、中島敦の短編小説。1942(昭和17)年の「文庫」に発表された。趙の都・邯鄲に住む紀昌が、天下第一の弓の名人になろうと志を立て、当今弓矢をとっては及ぶ者がないと思われる名手・飛衛、次いで飛衛をしておのが技は児戯に等しいと言わしめる仙人・甘蠅に師事して「不射の射」を体得する。真の名人となった紀昌の心は弓への執着からも離れ、ついには弓そのものを忘れ去るに至る。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 158 KB
  • 紙の本の長さ: 8 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009IXHOJU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 無料タイトル - 385位 (Kindleストア 無料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
超人的な修行をして弓矢の名人となり、さらなる究極をきわめようとした男の物語。高校時代に興味深く読んだ小説を中年になって読んでみたが、さらに深い印象が残った。中島敦作品は、もしかしたら、自分を映す鏡のような作用があるのかもしれない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
短編を このように書くのかと驚くばかりである。
紀昌という男が、天下第一の弓の名人になろうと志を立てた。
そして、その当時の名人 飛衛を師として 学ぶ。
飛衛は、瞬きせぬように 紀昌に つたえる。
妻の機織りを見ながら 瞬きせぬようになる。
「小を視ること大のごとく、微を見ること著のごとくなった」
シラミを 見ること3年 馬にみえるようになった。
そこで、弓を射ると 100発100中となった。

飛衛がいなくなれば 名人になれると 弓で射ようとするが
互角だった。飛衛に、甘蠅老師に学べといわれた。
甘蠅老師は、「好漢いまだ不射之射を知らぬ」
といわれて 紀昌は、その極意を学んだが。
紀昌は 弓さえも知らぬ 弓の名人となってしまった。

物語の作り方が 実に巧みである。
この巧みさは 矛盾 を矛盾として とらえることで
始まるのかもしれない。
射之射と不射之射が この物語の キーポイントですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
高校以来30数年ぶりに読みました。短編ではあるが、深く面白い名作です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白い。文体が古いし読みづらいけれど
読めないところは飛ばしても
その本質は損なわれないので問題なし。
短いし読んで損は無し。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
どんな選集にも必ず入っている小品。あらためて読んでもほどよい加減に感心する。重すぎず美文すぎず、格調高すぎず読んでいてこころよいリズムがある。とんちゃんにこう言うのを書かせると絶妙で楽しい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この作家の文章は簡単明瞭で、虚飾を排した美しい日本語だと思います。ストーリーに少し物足りなさを感じました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 名無し 投稿日 2013/8/31
形式: Kindle版
昔人形劇で見ましたが短編でこれだけ内容が深い作品は他にないのではないか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
主人公、上昇志向強すぎ。
弓の名手となるため名人に弟子入り。超絶な修行を経て文字通りの開眼。
師匠超えを図るも空中で弓矢が相殺して無効試合。
さらなる高みを目指して人類最強の名手に挑むが、弓を射らない不射之射の前に敗北。
しかしそれすら体得し、ついに名人に成り上がったかに見えたが……。
短さの中にエンターテイメントを見た。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
中島敦の短編は何度も読みたくなる。
40歳も過ぎ、ひととおりの仕事は出来る
ようになったと感じるが更にその先を見たい
と思う今日この頃。

基礎の下積みの仕事の重要さをまた再認識。

老練の域に達っせるだろうか。
達したいものだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 わたなべ 投稿日 2014/5/12
形式: Kindle版
端的な文章で、名人とはいかなる人物であるのか?名人を目指す過程を描き、知らしめてくれます。
このフレームワークを持つことは、どんな道を究める人にも共通に繋がる金言であると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover