通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
同姓同名小説 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

同姓同名小説 単行本 – 2002/10

5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 同姓同名小説
  • +
  • 溺レる (文春文庫)
総額: ¥2,084
ポイントの合計: 14pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ネットで話題になっていた涼子が、私の目の前に現れた。ケイから突然、新曲の依頼の電話がかかってきた。アパートに入り浸っていたみのが、おもむろに告白を始めた。兄貴がある日、なお美へと変わってしまった。芸能人と姓も名前もたまたま一緒の男女が繰り広げる、放送禁止×爆笑必至の人生喜劇。なお、この小説は完全なるフィクションであり、実在の方々と、何の関係もありません!! --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

ネットで話題になっていた涼子が、私の目の前に現れた。ケイから突然、新曲の依頼の電話がかかってきた。アパートに入り浸っていたみのが、おもむろに告白を始めた。兄貴がある日、なお美へと変わってしまった。芸能人と姓も名前もたまたま一緒の男女が繰り広げる、放送禁止×爆笑必至の人生喜劇。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 214ページ
  • 出版社: ロッキングオン (2002/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4860520092
  • ISBN-13: 978-4860520090
  • 発売日: 2002/10
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 653,908位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
今はなき(本当はあるが、休刊後復活し、不定期で発行されている)ロッキング・オン社の音楽雑誌「BUZZ」に掲載されていた小説を集めたもの。

今でこそ松尾スズキは文学界のスターダムにのし上がった感があるが、この小説を書いている当時は、エンターテイメント色が強く、ゆえに「大笑いして読む」小説に出来上がっている。

エッセイストとしての彼のイメージが強いが、その延長線上にあるような感じの小説。とにかく面白い。

ただ、今読むと、書かれていた頃の時代とのジェネレーション・ギャップが大きくあるので(例えば、一番最初に収録されている「みのがみのであるために」は、5年ぐらい前の小説)、「今年成人した」なんていう人は

、内容が示すところがよく分からないかも知れない。

もちろん、松尾スズキフリークとしては、絶対に必読の本である。

エンターテイメント小説が好きな人は、「自信があれば」読むぐらいの心意気の小説。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
名前ってすごいなあ、と改めて実感。なんだか、嘘の世界なのに総合的に感じる事がなぜだか妙にリアル。不思議な気分になりました。個人的にみのもんた、広末涼子のお話が好きですね。みのさんは完全に本体を超えてしまいました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoshioki6 投稿日 2009/11/4
形式: 文庫
「クワイエット・ルームにようこそ」の解説に本書を、「もしも『ロッキン・オン』から出されたのでなければ、きっと芥川賞間違いなしの名作」といった趣旨のことが書いてあったので、遅ればせながら読みました。出てくる「同姓同名」の芸能人がある一定の世代より下の方にはそのキャラクターの妙味が伝わらない危惧がありますが、まぁ、本なんてものはどれも多かれ少なかれそういった側面があるものなので、わかる人だけで楽しみましょう。個人的には荻野目慶子の話が一番楽しめました。ただ、概ねどの話も楽しめはしましたが、それでも上記の評はすこし過大評価なのではないでしょか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 K 投稿日 2010/12/28
形式: 文庫
公園でみのもんたを拾った青年とみのの間に芽生えた愛の話(「みのがみのであるために」)、竹内力がごきげんように出演するまでの周囲の葛藤と感動(「力の魂」)、保田圭が突如「わたし」の元にやってきて、モニの人事異動がわたしのセックスに関わっていることを明かす(「モニとわたし」)、他10篇。

シュールな笑いが好きな人にはたまらないし、そうでない人にとっては苦痛になりかねない一冊。独特すぎて、笑えるけどかなり好き嫌いがありそう。実際に人におススメしたことがあるんだけど、その次あったとき、僕を見る目がやけに冷たくなってたことがある。しかし個人的にはかなり好きな作品だったので星4つ。はっきりいってシュールすぎてわけは分からないんだけど、そこがたまらなく大好きだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック