この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

吉野家の牛丼280円革命 単行本 – 2002/9

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

創業一〇〇年を超える牛丼の老舗・吉野家。築地市場の小さな店舗を足がかりにチェーン展開を進めるが、無理な出店がたたって一九八〇年に倒産。しかし、ここから奇跡の復活が始まった。安さを追求して失った「おいしさ」を取り戻すことで客足を伸ばし、一〇年目には株式店頭公開、二〇年目には東証一部上場を果たす。そして二〇〇一年夏、牛丼並盛二八〇円という新価格をスタートさせる。それは同時に、吉野家という会社を変える革命であった。安部修仁社長のインタビューを中心に、吉野家の復活と躍進の秘密をさぐる。

内容(「MARC」データベースより)

「役に立ちたい心、役に立てる力」 これが吉野家の合言葉だ! 倒産も不況も狂牛病も乗り越え、7年連続増収増益。ニューヨークから上海まで進出した「外食の雄」の強さの秘密とは? インタビューでトップに迫る!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 211ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2002/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198615764
  • ISBN-13: 978-4198615765
  • 発売日: 2002/09
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,088,290位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2008年1月1日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年9月30日
形式: 単行本
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告