通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
吉祥天女 (2) (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

吉祥天女 (2) (小学館文庫) 文庫 – 1995/2

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 吉祥天女 (2) (小学館文庫)
  • +
  • 吉祥天女 (1) (小学館文庫)
  • +
  • 河よりも長くゆるやかに (小学館文庫)
総額: ¥1,954
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

出版社からのコメント

小夜子に魅入られるように
男たちは惑乱し、死んでゆく。
遠野の家では、小夜子を
その怪物性に恐れつつも愛した涼が、
ひとり破局を押し止めようとしていた。
しかし事態は
悲劇的結末めがけて走り始める……。
羽衣を奪われた天女・叶小夜子。
傷ついた少女の魂の化身。
いつの日にか魂を鎮め、
吉祥天・愛の女神になれるだろうか。


登録情報

  • 文庫: 365ページ
  • 出版社: 小学館 (1995/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091910076
  • ISBN-13: 978-4091910073
  • 発売日: 1995/02
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 284,370位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mayweather 投稿日 2004/1/18
形式: 文庫
この作品に出会ったのは小学一年のとき、母の実家ででした。
自分が生まれる前に連載していたマンガ、どれだけ古臭いのだろうかと暇つぶし程度に読んでいたのですが、内容はあまり理解できていないながらも不思議な感覚に囚われて数年経っても忘れられずにいました。
そして最近、成長してから読んだ『吉祥天女』は衝撃的でした。
私が今まで読んできたマンガは「誰が悪い」というのが明確なものばかりで、特に自分で考えなくても勝手に悪者があぶり出されてゆくのですが、この作品に限っては様々な人を手にかけて、最も悪いと思われる小夜子がとてもかわいそうに思えてきます。
なぜ17歳の女の子がそこまで冷たい人間にならなくてはいけなかったのか…またなぜ涼もあそこまで大人にならなくではいけなかったのか。
10代の心の純粋さを考えると胸が痛くなります。
色々なことを考えさせられる作品です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
(上下巻合わせてのレビューとなります)

この本は、吉田 秋生のコミックの中でも最高傑作の一つではないでしょうか。

上巻は、どちらかと言うと、従来の吉田の学園モノ風に、しかし若干の下巻のドラマを予感させながら進み終わります。

少しずつ、いつもの吉田の作品と異質の、なにかオトナの黒さが、主人公の少女を仲介にかもし出され、後半に興味が湧きます。

下巻は、とてもダイナミックに進む。

救いのないようなメインのストーリがありながら、いつもの吉田ファミリーとでも言うべき、明るく、未来に輝く、傷つきやすい高校生や若者が配置されている。

おかげで、その点で暗くなりがちの絶望的なストーリーに救いがあります。

これは、初出が少女コミックであることに驚きつつ、なるほど、小学館漫画賞をとるだけのものはある、と唸ってしまいます。

若者から、コミックに抵抗があるかも知れない中高年齢層まで薦められる傑作と言えるでしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公、叶小夜子が美貌と超能力ともいえる頭脳で自分をおびやかす人々を裁いていくという、一読すると痛快活劇のような話。

しかしその本質は、小夜子の凄まじいまでの攻撃性と保守性を17才という少女のなかでもてあまし、

最後は小夜子自身が思い描いていたと思われるシナリオとは少し違う結末を迎えてしまう…

女だから男より弱いという固定観念(現代にはもうあまりないけど)を見事に覆すこの作品。

年相応の傷つき易い心を持つ友人を羨ましく思う反面、強靭な精神力で自分の置かれている弱い立場から一転、

自分と自分の家を守った小夜子。

強い女の理想像そのものだが、決して幸せと言えない所に物語としての公平性がある素晴らしい作品。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック