この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

吉田松陰 魂をゆさぶる言葉 新書 – 2008/12/23

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書, 2008/12/23
¥ 22
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

吉田松陰は天保元年(一八三〇年)、長州・萩で、藩士、杉百合之介の二男として
生まれたが、四歳の年に叔父の山鹿流兵学師範、吉田大助の養子になった。
七歳で藩校・明倫館教授見習い、十歳で藩主・毛利敬親の御前で兵学校を卒業し、
十七歳で独立の師範(教授)となる。大藩・長州にあって将来を見込まれた
大エリートだったが、初めての江戸遊学のさいに、友情を貫くために脱藩したために
罪に問われ、籍はあっても浪人に近い身分になり松下村塾を起こす。

人間の可能性を誰よりも信じ、明治の英傑を輩出続けた吉田松陰。
やがて激動の時代はペリーが率いる黒船を迎えることになる。武力を背景に
開国を迫ったことから松陰の志と人生はいよいよ大きく変わる。
本書は、安政の大獄で命を落とすまでの、吉田松陰の疾風怒濤なる活躍と
その言葉を解説。

内容(「BOOK」データベースより)

人間の可能性を誰よりも信じ、明治の英傑たちを輩出した吉田松陰。家族や友人、門弟を慈しみつつ、日本を覚醒させようと一命をなげうって奔走した大和魂の真髄。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 255ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2008/12/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569704409
  • ISBN-13: 978-4569704401
  • 発売日: 2008/12/23
  • 梱包サイズ: 17.4 x 10.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,021,430位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2009年3月18日
形式: 新書
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年1月17日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月20日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月11日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。memory