¥1,540
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
吉田松陰『留魂録』 (いつか読んでみたかった日本の... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

吉田松陰『留魂録』 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2014/9/25

5つ星のうち4.1 17個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,540
¥1,540 ¥1,404
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 吉田松陰『留魂録』 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)
  • +
  • 武士道 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ2)
  • +
  • 西郷南洲遺訓 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ3)
総額: ¥4,620
ポイントの合計: 84pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

『留魂録』は僅か五千数百字にすぎないが、そこには“魂魄の叫び”とも称すべき激烈な遺志がある。

著者について

城島明彦(じょうじま・あきひこ)
昭和21年、三重県に生まれる。早稲田大学政経学部卒。東宝、ソニー勤務を経て、「けさらんぱさらん」で第62回オール讀物新人賞を受賞し、作家となる。『ソニー燃ゆ』『ソニーを踏み台にした男たち』などのノンフィクションから『怪奇がたり』『恐怖がたり42夜』『横濱幻想奇譚』などの小説まで、著書多数。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
評価の数 17
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2014年10月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年4月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年6月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年2月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年6月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年11月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年12月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年12月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告