¥ 1,296
通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか 単行本(ソフトカバー) – 2016/6/22

5つ星のうち 3.7 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 869

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
  • +
  • Encyclopaedia Eorzea ~The World of FINAL FANTASY XIV~
  • +
  • FINAL FANTASY XIV : Duality ~ Arrangement Album ~【映像付きサントラ】
総額: ¥9,486
ポイントの合計: 556pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『ファイナルファンタジーXIV』奇跡の復活劇を綴る!

週刊ファミ通で好評連載中のコラム“吉田の日々赤裸々。"が、待望の単行本化!
まさに崖っぷちプロジェクトであった『ファイナルファンタジーXIV』が“新生"するまでの過程を、
プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏みずから振り返る。
連載の加筆再収録だけでなく、吉田氏がプロジェクトを引き継ぐことになるまでの顛末を、
開発スタッフコアメンバーである高井浩氏と皆川裕史氏で回想する特別鼎(てい)談も収録。
『ファイナルファンタジーXIV』のすべてのプレイヤー必見の1冊! “ゲーム業界"の現状を
リアルに垣間見られる比類なき書籍をお楽しみください。

内容(「BOOK」データベースより)

崖っぷちに瀕した『ファイナルファンタジー14』。不評を買った現行版の運営と改修を続けながら、一から設計をやり直した新生版の同時並行開発。奇跡とも言える復活劇をここに記録!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン (2016/6/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047331546
  • ISBN-13: 978-4047331549
  • 発売日: 2016/6/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.5 x 13 x 1.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,420位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
半分ほど読んで感じたのは、読者を選ぶ本だなと思いました
私はこのゲームの旧版βサービスからプレイしているので、当時の酷さやパッチごと徐々にプレイしやすくなる環境を
知っていたので読んでて色んな事を思い出してましたが新生したあとからプレイしてる人が読んでどうなのかな? と
ただ思ってたほど赤裸々ではなかったのが残念と言えば残念ですが
書ける内容はこれが限界なのかなーとも思って読んでます。
読み物として面白いか? と聞かれれば・・・
旧版初期を体験してる人が読めば面白いと言える本です。
個人的には楽しんで読んでます
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ゲームの評価は抜きにして純粋に書籍として厳しめにレビューをする。
元々が雑誌のコラムであるが故に内容的には薄めであるし、題材的に万人受けもしない。日記のようなものもあり、かなり「ゆるい」部類。

ビジネス的な物もプロデューサー兼ディレクターという立場もあって常日頃からこの方は基調講演やインタビューで情報を出しているので、
FF14の情報をある程度追っている人には既知の話も多く、特別この本でしか載せていないという話(情報)も少ない。

ただし、「大失敗したプロジェクトを一定の成功まで復活させた」という事例の紹介としてはアリ。
経営本やフレームワーク本を期待してこの本を購入する人はいないとは思うが、
本書はそのような経営本で話題休閑として挿入されるストーリー仕立ての復活劇のようなものである。
復活劇が現実に起き、このような書籍まで発刊出来てしまうのだから、「やばいプロジェクト・デスマーチ」に携わっている人がこの本を読むと複雑な思いがあるに違いない。

プロジェクトや組織運営の手法は腐るほど世の中にあるが、結局は「あたりまえの事をあたりまえにやる」。
本書の中にも似たような記述は出てくるが、大きな組織・複雑な外部環境の中(様々な意見・思惑がある)で
それが実際
...続きを読む ›
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まずはレビューを。
本書はFF14ディレクター兼プロデューサー吉田直樹氏のコラムを編集した書籍であり
旧14がどう生まれ変わったのか、期待したほど具体的では無いのですが当時の吉田氏の考え、思い、スクウェア会社内部の事情
、新生までに経たプロセスの苦労話がざっくばらんに脱線しながら語られています。
個人的には旧14がどうしてあんな事になってしまったのかも知りたかったのですが若干死体蹴りな所もあるので
しょうがないかなと思いつつも、旧FF14に直面した高井、皆川、吉田、橋本4氏のリアクションには思わずニヤニヤしながら
読ませていただきました。本人達には笑い事では無いのでしょうが炎上案件と言うのも一つのエンタメ性があるなと思いました。
そういう面では大いに楽しませてくれる書籍です。最後の吉田、高井、皆川の3者インタビューは声に出して笑ってしまいました。
文章を生業としていない人のコラムなので文章に好き嫌いは別れると思いますが気にしない人は特に問題は無いのでは無いかと思います。
ゲーム業界で働いている人、FF14をやっている人、MMORPGを楽しんでいる人には一読する価値はあると思います。

現状のFF14をある一面からだけ捉えて本のレビューとしている人がいますが、本のレビューとし
...続きを読む ›
コメント 203人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
旧FF XIV が出る前から PV やベンチマークを見て、ちょっと洋ゲーっぽいけど、やってみたいな~と思っていた半面、FF XI の頃のつらい経験値稼ぎや PT 待ちで1日が終わってしまう事も何度もあった思い出から、サービスインしたらすぐにやってみるかそれともちょっと様子を見るかと迷っていたのを思い出しました。 サービスイン前の評価でこれはサービスインが遅れるんだろうな~と思ったらいきなりサービスインして、あれよあれよという間に酷評されて・・・結果やるかやらないか迷う事もなく、吉Pが当時言っていた新生を待つ事に決めたのでした。
で、クローズドβに当選したのでやってみたら、超面白い! FF XI の頃の辛さも無く純粋に楽しめる美しい世界に魅せられて、現在もプレイ中です。
特にメインストーリーの厚さというか深さというか広さというか、MMORPG で横に並ぶのは無いと思いますし、最近 PS4 で発売された同社のオフゲーのメインストーリーでは足元にも及ばないぐらいの物量が FF XIV にはあります。
ホントに旧 FF XIV の様子からは想像ができない回復&成長で今後がとても楽しみです。
コメント 131人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック