吉幾三 あの頃の青春を詩う TKCA-73770 がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,800
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 1,820
92pt  (5%)
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ヨコハマレコード
カートに入れる
¥ 1,820
92pt  (5%)
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: アップビート
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

吉幾三 あの頃の青春を詩う TKCA-73770

5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,570
価格: ¥ 1,820 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 750 (29%)
ポイント: 92pt  (5%)  詳細はこちら
残り7点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、full full1694が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 吉幾三 あの頃の青春を詩う TKCA-73770
  • +
  • あの頃の青春を詩う vol.2
  • +
  • あの頃の青春を詩う 3 吉幾三 TKCA-74373
総額: ¥5,440
ポイントの合計: 220pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/7/1)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: 株式会社 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 収録時間: 64 分
  • ASIN: B007NZR25G
  • EAN: 4988008089349
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 4,209位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 春夏秋冬
  2. 「いちご白書」をもう一度
  3. 酒と泪と男と女
  4. 私は泣いています
  5. 真夜中のギター
  6. 時には母のない子のように
  7. 旅の宿
  8. 酒場にて
  9. 白いブランコ
  10. 神田川
  11. 舟唄
  12. 誰もいない海
  13. ひとり寝の子守唄
  14. 22才の別れ
  15. 我が良き友よ
  16. 山谷ブルース

商品の説明

メディア掲載レビュー

吉幾三、40周年記念(2012年時)、初のカヴァーアルバム。“吉幾三の音楽のルーツがここにもあった…”1960年代&1970年代のヒット曲、フォークソングを中心に16曲をカヴァー。各曲に“吉節”が光り、ヴォーカリスト・吉幾三を感じさせる渾身の1枚。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ej178 投稿日 2012/8/2
形式: CD Amazonで購入
吉さんがカバー集??
今までも美川憲一さんの柳ケ瀬ブルース、高橋真梨子さんのfor you...など、
単発のカバー曲はありましたが、このアルバムは全てカバー曲。
最初は購入するのを少し躊躇しました。
しかし、買って大正解!
確固たる【吉幾三ワールド】を醸し出しつつ、原曲の良さはしっかり伝わってくる。
さすが!!上手いです♪味わい深く、心に沁みて来ます。
吉さんによって新たな息吹が吹き込まれた名曲たち。
世代は違いますが、懐かしさに浸れる一枚です。
特に「春夏秋冬」と「酒場にて」がジーンと来ました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/8/25
形式: CD
「春夏秋冬」から説得力のある歌唱が耳に飛び込んできます。歌詞の一言一言が全て立っており、メッセージが伝わってきました。泉谷しげるの歌をリアルタイムで聴いてきた世代ですが、3分14秒あたりの歌唱を聴けば、オリジナルを凌駕しているのではと感じました。40年の歌のキャリアは伊達ではありません。

リーフレットの「酒と泪と男と女」の欄に、編曲・吉幾三と記されていました。オリジナルの香りを大切にしているアレンジでしたし、歌唱もレスペクトに溢れていました。河島英五と吉幾三とは同い年ですから、同時代の匂いが伝わってきます。男の歌ですし、昭和の歌でした。

1969年の千賀かほるのヒット曲「真夜中のギター」も吉幾三節を抑えて、オリジナルの歌唱に合せているのが印象的でした。あの時代の空気感が漂う名曲をしっとりと歌い上げていました。歌唱力があるからこそ、カヴァーが魅力的に感じるのです。

「旅の宿」は実によかったです。若き日のよしだたくろうの歌唱とは違うものの、この曲の魅力が平成の世に再び愛される切っ掛けになる様な感じを受けました。3分に満たない曲ですが、目の前に情景が浮かぶようでした。

「酒場にて」は吉幾三のオリジナルのように受け取れる名歌唱でした。1974年の江利チエミのヒット曲ですが、実に味わい深い歌です。ほとんど
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
「我が良き友よ」なんてぇのは、吉さんの持ち歌だったっけ!?
と、思いたくなるような完全にご自信のモノにしています
ある意味、感動さえ覚えました!
最後の最後に、どんな歌だったっけ???と
耳を傾けたのがホント最後の曲目「山谷ブルース」
1フレーズ目からゾクゾクし始め、ものの数十秒で涙が落ちました
この歌だったんだ~
元々、フォークでアップテンポの歌だけに、余計わかり辛かったけど
50代以降の方には身を震わせる方が多いかと思います
今は、表現の仕方にいろいろ制限があるが、ここでは許されるのでしょうね
吉さんの声とフォークを越えて演歌の世界に引きづり込んだ「山谷ブルース」
ぜひ、聴いていただきたいですね!!
数日、この吉さんの歌声が頭から離れてくれませんでした・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
VOL.2も一緒に買いました。
年齢も近いこともあり青春時代の歌がかぶっています。
「この曲を吉幾三が」と思いましたが、聞いていると
曲がいいからなのか(覚えているからか)「これもあり」
と思いました。特に1も2も女性歌手のものもいいですね。
千賀かおるさん、懐かしいです。「涙をふいて」「イチゴ白書・・・」
カラオケでよく歌いました。満点です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
アルバムの選曲がお気に入りです。青春時代の懐かしい曲を吉幾三バージョンで完全にこなしている。大切な1枚です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 飛鳥太子 投稿日 2013/3/22
形式: CD Amazonで購入
彼の 違った側面が出ていて 良かった

又 彼のアルバムを 購入しようと思う
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
演歌歌手としての吉幾三、最高です。そして、今回・・・・・。昭和の匂いの強い、「あの頃の・・・・・」たまりませんでした。新境地にたった吉幾三。これからも・・・・・・。期待しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 毎日新聞に「あの頃の青春のを詩う」アルバムの、CDの記事が載っておりすぐ注文した。
新聞の記事には「水彩画を油絵にしたような」歌だと書いてあった。 私は素晴らしい歌の数々を聞きながら、今、油絵を描いている。この歌を聞いていると若い頃が情熱がよみがえって来て筆が進んでいる。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック