この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


吉屋信子集 生霊―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫) (日本語) 文庫 – 2006/9/1

5つ星のうち4.6 7個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥26,637 ¥920
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

小女小説から家庭小説、歴史小説まで不朽の名作を数多く遺した吉屋信子は、戦後の一時期、憑かれたように怪談風短篇の筆を執った。分身の恐怖と恍惚、霊となって故郷をめざす兵士、老いてなお艶やかな媼の幻影、内なる魔に駆られ数奇な運命をたどる麗人たち…作者みずから「世にも不思議な物語」と呼ぶ異色短篇の数々は、読者をして物語の豊饒に酔わしめるであろう。文庫初収録作品、多数。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

吉屋/信子
1896~1973。新潟に生まれ、栃木高女在学中から雑誌投稿をくり返し、1916年『少女画報』に「花物語」を連載。女学生のバイブルと言われ人気作家となる。以後、女性の生き方をおもなテーマに、純文学から歴史小説まで幅広く活躍

東/雅夫
1958年神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。元「幻想文学」編集長、現「幽」編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2006/9/1
  • 文庫 : 430ページ
  • ISBN-10 : 4480422439
  • ISBN-13 : 978-4480422439
  • 出版社 : 筑摩書房 (2006/9/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 7個の評価