中古品
¥ 64
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)などがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。商品に不備が見つかった場合は、発送前にメールでご連絡いたします。■こちらの商品は、日本郵便のゆうメール(追跡機能がございません)又はヤマトDM便で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。注文確定から商品到着まで最長7営業日を要する場合がございます。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。書き込みがないように検品をさせていただいておりますが、万が一ございました場合に関しましてはご連絡くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

合併、売却、新規参入。たかが・・・されどプロ野球! 単行本 – 2004/12/14

5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 64

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

日本球界の巨星・長嶋氏が倒れた年に、プロ野球が未曾有の混乱にまきこまれたことは、たいへん象徴的なことでした。あらゆる問題点があらわになり、プロ野球界そのものが金属疲労を起こしていることが、誰の目にも明らかとなりました。

球界初めてのストを経て2リーグ12球団は維持され、とりあえず問題は先送りされましたが、本当にこれでよかったのか。大リーグに侵食され続ける日本プロ野球を再生させるには、いま、なにをなすべきなのか――元・ロッテ投手、現・江戸川大学助教授(経営学)の著者・小林至が、多くのデータをもとに具体的に、過激に、1リーグ・世界選手権制の持論を展開します。

なお、巻末には、前巨人軍オーナー・渡辺恒雄氏への白熱の100分インタビューも掲載し、読みごたえ十分です。

内容(「BOOK」データベースより)

ほんとに2リーグのままでよかったのか?いつまで赤字覚悟の球団経営を続けるのか―日米野球ビジネスを知り尽くした男の、瀕死のプロ野球・起死回生案とは?プロ野球平成維新を成功に導く10章。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 宝島社 (2004/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796644318
  • ISBN-13: 978-4796644310
  • 発売日: 2004/12/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 877,144位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 いと トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/5/11
形式: 単行本
2004年の本なのでその後小林氏の立場もプロ野球の事情も変わっているが
プロ球団の経営について述べたものなので、年数が経って読んでもかまわない。

大リーグの例から日本球界の現状に問題提起する形だが、
平均年俸について、赤字経営の歴史、球場の収支、自治体(役所)の援助、
ウエーバー制、複数年契約、放送権と視聴率、いろいろなテーマが
データと共に語られる。

「法律家から見たプロ野球のモンダイ点」という9ページのコラムがためになる。
選手の契約は請負契約か雇用契約か、など。

なんといっても、ナベツネこと渡辺恒雄氏との35ページにもわたるインタビューが必読。
普段は報じられない内容で、日本のプロ野球経営の現状がわかる。
小林氏の質問がポイント良く、的を射ている。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
よく、旬なタイミングでこの本が書けたなと感心。
野球に興味のない人でも楽しめる本だと思います。
最近では野球中継も観てない自分に人が薦めて、読書後は自分が人に勧めたくなった。
元プロ野球選手が書いたありがちな本ではなく、
研究者的な視点で書かれている。
アメリカ迎合ではない、プロ野球経験者の訴えではない、
単なる批判や希望を語ることは一切なく、
野球を他の娯楽施設やスポーツと比較したデータ、
知られていない税金で成り立ち設け独占の米国リーグの成り立ちはビジネスの話としても役立つ。ひさびさ納得。
ナベツネさんのストレートな話もおもしろい。
今度の合併劇で氏がしようとしていたこと、
大リーグとの過去の取引裏話は、知らなかった。
この本が世に出ていけばスポーツ界が救える=娯楽として野球観戦を自分たちが楽しめるものになるだろう。アホなスポーツキャスターやコメンテーターには読んでほしい。お勧めです!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
プロ野球の経営は非公開原則であるが、この本ではそのタブーに果敢に挑んでいる。プロ野球の経営に関する基礎知識を享受してくれる教科書の様なほんである。
今後の改善点なども記載されていて、斬新な新アイデアが数多く披露されている。例えばプロ野球場は社交場なのだから長椅子に座って長時間だらだらと野球を見せるのでは、友人と観戦にいくという楽しみが半減するから居酒屋でもおいたらどうかという今までの常識では考えられなかったオリジナルアイデアが満載に記載されている。
日本のプロ野球はまだまだ死なないと解く本書はやり方次第では何にでも道は通ずるという勇気や希望を与えている。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
実は私は、先生の大学の公開講座を受けていたのですが、講義が分かりやすく、とても興味深かったです。その講義のほとんどが、この本になったのですが、国内外のスポーツを、よく調べられてます。
また、ナベツネさんのインタヴューも興味あるもので、叩かれてはいたものの、本当は日本球界を心配なさっていたのだなと、お二人の話を読んでいて分かりました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/1
形式: 単行本
~東大卒の元プロ野球というキャリアを持つ著者だが、安易な経験論に寄りかかるところが全くない。クリアな思考と明快なデータをもとにしたプロ野球の展望は、とても説得力がある。これを読んでいると、いわゆるスポーツライターやメディアが、いかにその場その場の流れで語っているかわかるだろう。プロ野球の問題だけではなく、スポーツやビジネスに興味があ~~る人すべてにおすすめしたい一冊。理詰めで語っているようにみえながら、根底には野球への愛があるのも素晴らしい。~
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
大学の教員でかつ元プロ野球選手という事もあり、非常に期待して本を購入しました。
しかし、全体的に客観性に欠ける部分が多いという印象を持ちました。もちろん、こちらは素人ですので何が本当か良く分からないのも確かですが、著者の主観が滲み出ている分、書かれている事に違和感を覚えてしまいました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック