• ポイント: 10pt (1%)
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
司馬遼太郎と宗教 (週刊朝日ムック) がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: *記載の無い場合付録・付属物等は付きませんのでご了承下さい*表紙に若干のスレがありますが中身の状態は概ね良好です。中古商品の為、多少の傷み・汚れ・ヤケ等はご容赦下さい。商品の発送は通常ゆうメールにて行い、サイズによりレターパック・宅急便等にて発送、注文確認後24時間以内に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

司馬遼太郎と宗教 (週刊朝日ムック) ムック – 2017/11/28

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ムック, 2017/11/28
¥ 994
¥ 994 ¥ 736
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF 1 件


この商品には新版があります:

司馬遼太郎と明治 (週刊朝日ムック)
¥ 994
この本の出版予定日は2018年10月23日です。

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等 と【B】ドラッグストア、ビューティー、食品、飲料、お酒、ベビー&マタニティ、ペット、ホーム、キッチン、おもちゃ、書籍、スポーツ、家電・オフィス用品 をまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。2018/10/10(水)から2018/10/30(火)まで。詳しくはキャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

司馬遼太郎がこだわり続けた「宗教」とは――。
若き新聞記者時代、京都で宗教記者会に所属しており、
亡くなるまで、宗教をテーマにした著作、講演が多かった司馬遼太郎。
彼の追い続けた「宗教」についてまとめた新シリーズ。
浄土真宗の親鸞、蓮如、浄土宗の法然、道元禅、空海と遍路、
雑賀孫市、ザビエル、天草の乱、隠れキリシタン、遠藤周作……
小説や「街道をゆく」に即して、
司馬さんの考え方を伝える連載23回分を軸に、
宗教についての講演録2本も収録。
映画化によって再注目されている名作「関が原」をテーマにした
「菜の花忌シンポジウム」も収録します。


●司馬遼太郎と宗教 親鸞とザヴィエルの時代

【第1部】
グラビア
●司馬さんの死生観  「壱岐・対馬の道」
●オヒデリサマの集落  「壱岐・対馬の道」
●秘仏と占い  「壱岐・対馬の道」
●ザヴィエルの志  「南蛮のみち」
●原城の記憶  「島原・天草の諸道」
●執念の信仰  「島原・天草の諸道」
●法然のリズム
●親鸞と悪人
●親鸞とお墓

【第2部】
グラビア
●遠藤神学の世界
●沈黙と弱虫
●生月島の信仰
●蓮如さんの町
●蓮如の視座
●五箇山の「妙好人」
●家康と真宗

●[第21回[菜の花忌]シンポジウム]
「『関ケ原』──司馬遼太郎の視点」
「利」につくか「義」をとるか
複眼的に描く壮大な人間悲喜劇

パネリスト
 原田眞人 映画監督
 葉室 麟 作家
 伊東 潤 作家
 千田嘉博 奈良大学教授(城郭考古学)
 司会 古屋和雄 元NHKアナウンサー


●井伊家と司馬ワールドの不思議な縁
「先祖が登場するドラマや映画を、
妙に冷静に見ている自分がいます

【第3部】
グラビア
●根来寺の風
●恋と鉄砲
●墨をする雲水
●宝慶寺の朝
●空海とお大師さん
●安芸門徒の明日
●哲学と親鸞

●余談の余談   ――山形眞功、山崎幸雄、浅井 聡――
・東西本願寺に出入りし仏教に惹かれた青年時代
・バスクで一度だけ見た祈る司馬さんの後ろ姿
・島原で手がかり乏しく途方に暮れる司馬さん
・荒天の天草灘を眺めて司馬さんと入った温泉
・親鸞に新たな光を当てた思想家清沢満之への思い
・「絶対他力」に苦闘した親鸞 「死ぬ一秒前」思う司馬さん
・阿弥陀如来か司馬さんか 「おかげさまで」余談は続く
・平明な親鸞が好きな一方 妖怪たちが蠢く雑密好き
・紀州弁に敬語がないわけ つよい平等意識と独立心
・司馬さんが残したかった大和・竹内街道と高貴寺
・アポなしで訪れた寺 司馬さんの旅の流儀
・司馬さんたじろがせた巡礼者たちの熱気
・司馬さん、蓮如 共通の狙い 3人の読者と3人の信者
・肺病に悩んだ2人の天才 子規と満之への深い共感

●講演録 再録  法然と親鸞

●グラビア  司馬さんの宗教ワールド
精霊の世界に遊び、親鸞を考える

●知識、アイデアで魅了し、メニュー作りで苦しむ
「老台北」蔡焜燦さんとの旅

●『竜馬がゆく』 『坂の上の雲』
司馬遼太郎 幻の直筆原稿“発見”秘話


登録情報

  • ムック: 298ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2017/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022770457
  • ISBN-13: 978-4022770455
  • 発売日: 2017/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 51,697位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2018年2月8日
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告