通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
司馬遼太郎で読み解く幕末・維新 (ベスト新書) がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯あり】◆ページは良好な状態です。◆カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。◆ご注文確定後、通常1-2日程で配送予定◆万が一、商品に不具合があった場合は、迅速に返金させていただきますので、ご安心の上お取り寄せください◆日本郵便(ゆうメール/ポスト投函)にて発送いたします。土日祝日の発送も行っております。安心してお取り寄せください。◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


司馬遼太郎で読み解く幕末・維新 (ベスト新書) (日本語) 新書 – 2018/2/9

5つ星のうち3.1 6個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥880
¥880 ¥210
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 司馬遼太郎で読み解く幕末・維新 (ベスト新書)
  • +
  • 忘れられたベストセラー作家
  • +
  • 純文学とは何か (中公新書ラクレ)
総額: ¥3,520
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

メディア掲載レビューほか

司馬遼太郎で読み解く幕末・維新

司馬遼太郎の幕末・維新を題材にした作品にどのような思想が通底しているかを解き明かした一冊だ。司馬が何を描いたかでなく、何を意識的に描かなかったかを浮きぼりにすることで、司馬の歴史観を再検証する。

著者は本書を「司馬遼太郎は『尊王攘夷』か」というようなタイトルに当初はしたかったとか。司馬が吉田松陰を愛し、井伊直弼をこき下ろしているところから、合理主義者の司馬がなぜ攘夷に肩入れしたかに迫る。明治維新はそもそも尊王攘夷の革命だったのか、という投げかけは興味深い。

司馬の作品以外にも多くの文献を参照しており、幕末・維新の複雑な人間関係や、交錯する思惑を整理している。司馬ファンはもちろん、小説に触れたことがなくても楽しめる構成になっている。

評者:栗下直也

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

幕末•維新を舞台とした司馬遼太郎の小説•評論などを通して近代の日本を考察。
「難解な幕末•維新」という時代の深層を、 比較文学者の小谷野敦氏が紐解く!


明治維新とは、攘夷をやると思わせて、 討幕を行った詐欺である!

● 司馬遼太郎は薩長寄りだった! ?
● 島津斉彬が物語る幕末•維新の真実とは?
● 西郷隆盛は本当に偉人なのか?
● 尊王攘夷と反米保守の関係とは?
● 司馬はなぜ天皇論を避けたのか?

【目次】
序 章 司馬遼太郎から学んだこと
「言い過ぎてはいけない」

第1章 私の司馬遼太郎
第2章 幕末と「攘夷」
第3章 攘夷を掲げて維新をやり
攘夷をやらなかった詐欺

第4章 西郷隆盛は偉人か?
第5章 『坂の上の雲』より、『ポーツマスの旗』
第6章 『胡蝶の夢』と司馬凌海 〜あるお伽噺〜
第7章 江藤新平と乃木希典

第8章 明治維新型だった太閤秀吉
第9章 中国が舞台の司馬作品
第10章 司馬における女性
第11章 司馬を愛する作家たち
第12章 「歴史小説」の終わり 〜小説やドラマの宿命〜
終章 思い出

内容(「BOOK」データベースより)

明治維新とは攘夷をやると思わせて、討幕を行った詐欺である!難解な幕末・維新を司馬小説を通して再考する!

著者について

小谷野 敦(こやの あつし)
1962(昭和 )年生まれ。 作家・比較文学者。東京大学 文学部英文科卒業、同大学院 比較文学比較文化専攻博士課 程修了。学術博士。著書に『も てない男』『谷崎潤一郎伝_ 堂々たる人生』『川端康成伝_ 双面の人』『日本人のための 世界史入門』『頭の悪い日本 語』『俺の日本史』『文豪の女 遍歴』『純文学とは何か』など。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小谷野/敦
1962(昭和37)年生まれ。作家・比較文学者。東京大学文学部英文科卒業、同大学院比較文学比較文化専攻博士課程修了。学術博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2018/2/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584125724
  • ISBN-13: 978-4584125724
  • 発売日: 2018/2/9
  • 梱包サイズ: 17.4 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 534,465位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.1
評価の数 6

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件のカスタマーレビュー

2018年8月19日
形式: 新書
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2018年2月20日
形式: 新書
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月22日
形式: 新書
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年2月15日
形式: 新書
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年4月11日
形式: 新書
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月7日
形式: 新書
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告