通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE M... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK) ムック – 2010/4/14

5つ星のうち 4.6 79件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 650
ムック, 2010/4/14
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 849

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK)
  • +
  • 史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち (SUN MAGAZINE MOOK)
  • +
  • 14歳からの哲学入門 「今」を生きるためのテキスト
総額: ¥5,014
ポイントの合計: 152pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

難しそうな学問を、噛み砕いた言葉で、ひたすらわかりやすく解説した本(『哲学的な何か』シリーズ)が大好評の、飲茶氏による書き下ろし哲学ガイド。
カバーイラストに、『グラップラー刃牙』シリーズで絶大な人気を誇る板垣恵介氏を起用し、「真理」「国家」「神」「存在」といった、哲学の永遠のテーマを、哲学者=知の格闘家たちが、熱く激しい議論を繰り広げた物語として読む。
図解や写真を多用し、「哲学」ってどんなものか知ってみたい人、今まで、「哲学」に何度も挫折してきた人も、これでハマる哲学入門の決定版。

内容(「BOOK」データベースより)

真理に殉じた最強の論客ソクラテス、近代哲学の偉大なる父デカルト、神を殺した狂気の超人ニーチェ…強者の論を踏み台に、さらなる強者が出現する。そう、哲学の歴史はまさに闘い!!偉大なる哲学者たちが繰り広げてきた、頭脳と頭脳の闘いの歴史を、驚異的な噛み砕き方でわかりやすく紹介。最強の哲学入門書、降臨!! --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ムック: 280ページ
  • 出版社: マガジン・マガジン (2010/4/14)
  • ISBN-10: 4896447328
  • ISBN-13: 978-4896447323
  • 発売日: 2010/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 79件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,860位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ムック
「哲学」と「板垣恵介」の異色のコラボレーション。

…といっても、板垣先生が哲学について語っているわけではなく、表紙を書き、『刃牙シリーズ』の言葉を使うのを許可している…という感じです。その許可を使いまくり、帯のコピーから

「哲学の聖地、東京ドーム地下討議場では、今まさに史上最大の哲学議論大会が行われようとしていた…」

と刃牙ワールドを全開にさせています。さらにページを開くと、

「神殺しは生きていた! 更なる研鑽を積み人間狂気が蘇った! 超人!! ニーチェだァー!!」

「近代哲学はすでに私が完成している! ヘーゲルだァー!!」

と、東京ドーム地下闘技場トーナメントのオープニングのごとく、哲学者一人ひとりにキャッチフレーズをつけ、わかりやすくキャラづけしています。

この本のコピーは「哲学に挫折した全ての人に捧げます」。確かに従来の哲学本よりも、わかりやすい入り口になっています。
そして、プロタゴラスの「相対主義」をソクラテスの「無知の知」が上回り、デカルトの「我思うゆえに我あり」をヒュームの「経験論」が崩す…というように、読みやすく進んでいきます。

一人ひとりの哲学者について読んでもわかりやすいし、通し
...続きを読む ›
コメント 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tama1543 投稿日 2015/11/15
形式: ムック Amazonで購入
非常にわかりやすく,古代から現在に至る哲学がまとめられています。まさに一読速了。
時代背景や流れがわかるので,暗記が苦手な私でも,1ヶ月経った今でも,固有名詞以外は
全て頭に残っています。
その上,テーマは深淵ですので,自分で考える材料は豊富に与えてくれます。

漫画(挿絵)はオマケ。本文が練られていることがこの本の価値の全てでしょう。
難しい本を買って,読んだ気になるより遥かに有意義でした。

なお,私には,この本に書かれている各哲学者の思想の要約が,正確か判断する力はありませんので,
その点は他のレビュアーに譲ります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
「哲学」と聞いただけで、お堅くて難解で退屈というイメージが浮かびますが、この本は全然違います。
誰でも簡単に読めて面白い。この一冊だけでも教養として学べる部分が非常に多くあります。
本当にオススメ。学校の教育でも使えばいいのに。

初心者向けと銘打っているのに「まぁここは常識なんで飛ばします」的な
一番説明して欲しい部分が省略されてしまうという経験は誰もがあると思いますが
この作者は一般人の知識がどの程度でどこまで噛み砕いて説明すればいいか正確に把握出来ていると思います。
身近な例を使ったりと、的確に説明してくれるので非常にわかりやすい。そして内容が分かるから更に面白い。

この本を購入した同時期に大型テレビ、パソコンなどを買い替えましたが
電源を切ってひたすら読書する自分がいました。それだけ夢中になれる本だと思います。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
この本を教科書として使う高校が出てくるでしょう。
当方、大学時代に哲学をかじり、これまで幾多の哲学本を読んできましたが、これこそベストの入門書です。

哲学を学びたい気持ちにさせること間違いなし。
著者の解釈の間違いを指摘するレビュワーもいるようですが、それとて本書の価値を高めこそすれ、読まない理由にはなりません。
議論の出発点を提供してくれてありがとう。
仲の良い友人全てにお薦めしたいと思います。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
哲学の入門書を何冊も買ったが、入門書でも敷居の高いものが多いのが事実。本書は、著名な各哲学者の思想を一旦著者が全て消化した上で、自分の言葉で語りかけてくれていて、また非常に読みやすい文体ということもあり、苦にならずに読み進めることができた。真実とは何か、存在とは何かというと大げさなような気もするが、実は現代の映画(マトリクス)や小説(村上春樹)の世界に通じるものであり、過去から現代に沿って哲学者が考えてきた道筋が理解できることがとても楽しい。再読して自分の好きな哲学者を選んだ上でさらに深堀りし、自己満足ではあるが自分の中で薀蓄を語れるようにしたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック