通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE M... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK) ムック – 2010/4/14

5つ星のうち 4.5 70件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 445

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK)
  • +
  • 史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち (SUN MAGAZINE MOOK)
  • +
  • 14歳からの哲学入門 「今」を生きるためのテキスト
総額: ¥5,014
ポイントの合計: 152pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

難しそうな学問を、噛み砕いた言葉で、ひたすらわかりやすく解説した本(『哲学的な何か』シリーズ)が大好評の、飲茶氏による書き下ろし哲学ガイド。
カバーイラストに、『グラップラー刃牙』シリーズで絶大な人気を誇る板垣恵介氏を起用し、「真理」「国家」「神」「存在」といった、哲学の永遠のテーマを、哲学者=知の格闘家たちが、熱く激しい議論を繰り広げた物語として読む。
図解や写真を多用し、「哲学」ってどんなものか知ってみたい人、今まで、「哲学」に何度も挫折してきた人も、これでハマる哲学入門の決定版。

著者について

飲茶(やむちゃ)
北国生まれ。
東北大学大学院卒業。
哲学や科学など、とっつきにくい学問を楽しくわかりやすく解説した本が大好評。
元は普通のサラリーマンであったが、ある日、道を歩いているときに良いビジネスを思いつき、「そんなときどうする? 勝負だ、勝負するに決まってる!」と叫びながら、突然退社して起業。
しかし、現実は甘くなく、現在、未曾有の不況に直面して苦戦中。明日はあるか?
著書に『哲学的な何か、あと科学とか』『哲学的な何か、あと数学とか』。
著者ブログ:http://blog.yamcha.jp/
熱烈なバキファン。


登録情報

  • ムック: 280ページ
  • 出版社: マガジン・マガジン (2010/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4896447328
  • ISBN-13: 978-4896447323
  • 発売日: 2010/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 70件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 50,205位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ムック
「哲学」と「板垣恵介」の異色のコラボレーション。

…といっても、板垣先生が哲学について語っているわけではなく、表紙を書き、『刃牙シリーズ』の言葉を使うのを許可している…という感じです。その許可を使いまくり、帯のコピーから

「哲学の聖地、東京ドーム地下討議場では、今まさに史上最大の哲学議論大会が行われようとしていた…」

と刃牙ワールドを全開にさせています。さらにページを開くと、

「神殺しは生きていた! 更なる研鑽を積み人間狂気が蘇った! 超人!! ニーチェだァー!!」

「近代哲学はすでに私が完成している! ヘーゲルだァー!!」

と、東京ドーム地下闘技場トーナメントのオープニングのごとく、哲学者一人ひとりにキャッチフレーズをつけ、わかりやすくキャラづけしています。

この本のコピーは「哲学に挫折した全ての人に捧げます」。確かに従来の哲学本よりも、わかりやすい入り口になっています。
そして、プロタゴラスの「相対主義」をソクラテスの「無知の知」が上回り、デカルトの「我思うゆえに我あり」をヒュームの「経験論」が崩す…というように、読みやすく進んでいきます。

一人ひとりの哲学者について読んでもわかりやすいし、通し
...続きを読む ›
コメント 97人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
「哲学」と聞いただけで、お堅くて難解で退屈というイメージが浮かびますが、この本は全然違います。
誰でも簡単に読めて面白い。この一冊だけでも教養として学べる部分が非常に多くあります。
本当にオススメ。学校の教育でも使えばいいのに。

初心者向けと銘打っているのに「まぁここは常識なんで飛ばします」的な
一番説明して欲しい部分が省略されてしまうという経験は誰もがあると思いますが
この作者は一般人の知識がどの程度でどこまで噛み砕いて説明すればいいか正確に把握出来ていると思います。
身近な例を使ったりと、的確に説明してくれるので非常にわかりやすい。そして内容が分かるから更に面白い。

この本を購入した同時期に大型テレビ、パソコンなどを買い替えましたが
電源を切ってひたすら読書する自分がいました。それだけ夢中になれる本だと思います。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
この本を教科書として使う高校が出てくるでしょう。
当方、大学時代に哲学をかじり、これまで幾多の哲学本を読んできましたが、これこそベストの入門書です。

哲学を学びたい気持ちにさせること間違いなし。
著者の解釈の間違いを指摘するレビュワーもいるようですが、それとて本書の価値を高めこそすれ、読まない理由にはなりません。
議論の出発点を提供してくれてありがとう。
仲の良い友人全てにお薦めしたいと思います。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 manu 投稿日 2010/5/27
形式: ムック
有名な哲学者を一人ずつ紹介していくスタイルはよくあるものだが、この本は決してその一つにはとどまらない。というのも、哲学者を単に時代順に並べたり、いわゆる学問の発展の流れに位置づけたりしていないからだ。「真理」「国家」「神様」「存在」という4テーマを設け、歴代の哲学者たちの思想から必要な部分を著者が大胆に抽出し、テーマ別の議論の流れを見事に作り上げている。逆に言うと、ふつうの西洋哲学史入門などを読んだことがある人にとっては、自分の思い描く典型的な流れのイメージとずれている気がして、少しとまどうかもしれない。私も「カント」「ヘーゲル」のあたりは少し物足りなさを感じたが、それは、光の当て方が違うのだからやむをえないだろう。そうしたとまどいをカバーして余りあるオリジナルなおもしろさが本書にはある。とくに興味深いのは、キリスト、アウグスティヌス、トマス・アクィナスなどを取りあげた「神様」についての議論だった。その中でもエピクロスの話は最高におもしろく、つい誰かに話したくなる。さらに、実は、それらにもましておもしろいのが、巻頭「まえがき」で、まさに「サイコーだ〜」「アリガトォオオ」である。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
本書は哲学を娯楽として提供することに成功している。

著者のこれまでの著作である、『哲学的な何か、あと数学とか』『哲学的な何か、あと科学とか』でも、解りやすさと楽しさが重視されていた。本書はこれまで以上の出来であるとおもう。

哲学ってちょっと難しそうって思う人にも読んでほしい。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック