通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
史上最強の哲学入門 (河出文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: <カバースレ、ヨレ、キズ、汚れ等あります:本体湾曲あります:側部、底部キズ汚れあります:「帯はついておりません」>ご覧頂き、誠にありがとうございます。中古品の為、若干の使用感ございます。<2015年第1刷発行です、商品状態のご考慮お願いいたします>原則ゆうメールでの発送になりますので、日祝は届きません。マゾンガイドライン遵守の上、コンディションを決定しており、万が一付属品の欠品や書込みなどの見落としが発生した場合は、評価をお付けになる前に必ず当方へ、まずメールにて問い合わせください。至急対応させて頂きます。※「中身の状態」軽い汚れ及び角折れあります。※「梱包・発送」水濡れ防止用にビニール袋に入れてから梱包させて頂きます。※壊れ物がある場合のみ、エアークッションで包みます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

史上最強の哲学入門 (河出文庫) 文庫 – 2015/11/5

5つ星のうち 5.0 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 530

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 史上最強の哲学入門 (河出文庫)
  • +
  • 史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち (河出文庫 や 33-2)
  • +
  • 14歳からの哲学入門 「今」を生きるためのテキスト
総額: ¥3,413
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

最高の真理を求めた男たちの熱き闘い。ソクラテス・デカルト・ニーチェ…哲学者32人が論を闘わせる、「史上最強」の哲学入門書!

内容(「BOOK」データベースより)

真理に殉じた最強の論客ソクラテス、近代哲学の偉大なる父デカルト、神を殺した狂気の超人ニーチェ…強者の論を踏み台に、さらなる強者が出現する。そう、哲学の歴史はまさに闘い!!偉大なる哲学者たちが繰り広げてきた、頭脳と頭脳の闘いの歴史を、驚異的な噛み砕き方でわかりやすく紹介。最強の哲学入門書、降臨!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2015/11/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309414133
  • ISBN-13: 978-4309414133
  • 発売日: 2015/11/5
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.5 x 1.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,643位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 著者は東北大学の大学院を卒業した人物で、哲学を平易に解説するブログを書いている人物とのこと。年齢も職業も不詳なうえ、「飲茶」というコミカルな筆名を持つ、とくれば、少しばかり胡散臭さを覚えないでもありませんが、読み始めたらあまりの面白さに大いに驚かされました。夢中で読みました。

 哲学入門というよりは哲学史入門の趣が強い書です。「真理の『真理』」、「国家の『真理』、「神様の『真理』」、「存在の『真理』」の4つに章立てして、それぞれ古代ギリシア哲学から20世紀の現代哲学までをコンパクトかつ平易――というより砕けた口調で要点をかいつまんで提示してくれています。

 第1章「真理の『真理』」では、紀元前5世紀に「人間は万物の尺度である」と唱えたプロタゴラスの相対主義から解き起こし、いやいや人間は相対的な真理ではなくて唯一絶対で普遍的な真理を追い求めるべきだとする、ソクラテス―デカルト―カント―ヘーゲルらが主張する長く困難な西洋哲学の道のりを経た末に、レヴィ=ストロースの構造主義やデリダの脱構築といった現代哲学者の考え方によって絶対真理への到達が無意味で不毛な試みだということがわかってきます。その哲学史の旅は大変面白く読みました。2000年以上をかけて、<ふりだしに戻る>を見たというのは、なんとも壮大な知の試みといえるでしょう。
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
哲学というジャンルに興味があって、有名どころの著書を手に取るも、日本語なのに何を言っているのか分からず挫折。
いきなりデカルトやカントだのは流石にハードルが高すぎたかと反省し入門書を幾つか読むも、頭は余計混乱。
もう哲学とかいいや!そんなこと考えなくても生きていけると開き直ろうかというときに本書が勧められているネットの記事を
読み、手にとって見たらこれが大当たり!

見て分かるとおり、本書はかの有名なバキシリーズとの異色のコラボレーションをした西洋を中心とした哲学入門書です。
冒頭から「今まではバキ成分が足りなかったのです」といってのける著者の言葉から始まり
かの有名な最大トーナメントの全選手入場のシーンを再現する形で哲学者の紹介がされ、つかみはばっちり笑
単に人気漫画にのっかって利用しただけかと思いきやとんでもない!
著者の哲学及びバキへの愛はひしひしと伝わってきました。最強を目指すのは、哲学者とて同じ事なのですね。

内容は大まかに4つに分かれておりそれぞれに関連する哲学者が列挙されています。
専門用語もあまり使われておらず、分かりやすい言葉で書かれているので、すんなり頭に入ってきやすく
バキワールド全開で記憶にも残りやすい仕様となっています。
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
高校で倫理を習い、哲学に関心を持ったけど何から読めばいいのやら、という人はこの本を読んでおけば間違いないでしょう。四章から構成されており、それぞれ紀元前から二千年代までの哲学者(あるいは哲学者に対抗した人)の考えやその考えに至るまでの生い立ち、その時代の特徴を分かりやすく書いています。章ごとに別れることで、高校の授業で習うよりも、より哲学を一連の流れとして掴むことができます。このような哲学者によりこのような考えが主流になりましたよ→しかしこの考えに異を唱えるこのような哲学者が出てきましたよ、というような感じです。また、著者が極めて一般的な日本人的な考えをしてるため、西洋的な考えも分かりやすく書かれています。
哲学入門者におすすめと書きましたが、哲学自体に興味がなくとも、とても面白く読める一冊です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
哲学の入門書を何冊も買ったが、入門書でも敷居の高いものが多いのが事実。本書は、著名な各哲学者の思想を一旦著者が全て消化した上で、自分の言葉で語りかけてくれていて、また非常に読みやすい文体ということもあり、苦にならずに読み進めることができた。真実とは何か、存在とは何かというと大げさなような気もするが、実は現代の映画(マトリクス)や小説(村上春樹)の世界に通じるものであり、過去から現代に沿って哲学者が考えてきた道筋が理解できることがとても楽しい。再読して自分の好きな哲学者を選んだ上でさらに深堀りし、自己満足ではあるが自分の中で薀蓄を語れるようにしたい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック