この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ 単行本(ソフトカバー) – 2010/10/6

5つ星のうち 3.5 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,892
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

台湾一の“うまい”をめぐる旅肉まん、小籠湯包、牛肉麺、海鮮粥、芋餅、カキ氷…大ヒット旅行記『行かずに死ねるか』の石田ゆうすけ、台湾中の“感動メシ”を探して1200キロ・150食!台湾中の名店、夜市、屋台…をめぐり、地元の人に愛される本当においしいお店を発掘!果たして、石田ゆうすけが見つけた、台湾一の“感動メシ”とは…!?心に響く、台湾の味――台北の「芸術麺」、驚愕の「牛乳カキ氷」屋台の「小籠湯包」、具だくさんの「台南粽」、高雄の「水餃子」、最南端の「海鮮焼きそば」、豆腐スイーツ「豆花」、地元に愛される「豚足屋」秘伝の「腸詰」、港町・花蓮の「マンボウ」…ほか。

内容(「BOOK」データベースより)

肉まん、小龍包、牛肉麺海鮮粥、芋餅、カキ氷…、台湾一の“うまい”をめぐる旅。大ヒット旅行記『行かずに死ねるか!』の石田ゆうすけ、台湾中の“感動メシ”を探して、1200キロ150食。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 143ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2010/10/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840135444
  • ISBN-13: 978-4840135443
  • 発売日: 2010/10/6
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 197,534位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
今回台湾に行くに当たって、本書の最後を切り取って持って行きましたが、
ご紹介のあった餃子店、牛肉麺の店、朝食のお店、
どこも間違いなく美味しかった!!です。
本当にありがとうございました。

筆者に対してあえて異論を挙げるとするならば、私は小籠包も好き、です。
それも、高雄のある店で絶品の小籠包を食べていて、
(ここの小籠包は、肉まんに近い感じ)
小籠包とは、最初から煮こごりを薄皮で包むという繊細な料理として発足したのでなく、
肉の脂たっぷりの餡を包んだ肉まんを作ったところ、
「もっと肉汁が多くても面白いかも・・・」と、
発展したのが小籠包なんじゃないかと勝手に思いました。
と考えると、筆者の好きな肉まんと小籠包はつながっているんじゃないでしょうか。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
あの未曾有の津波をどのように受け止めたのだろうと、いまさらながら気になった。それと他の方のレビューにあったが、台湾は治安の悪化が目立つのですが、ただし昼間主体で夜は夜市でご飯を食べるくらいなら特に問題はないでしょう、それはどこの国でも同じことです。危険を避けたければ夜遊びは程ほどにということです。それと台湾はサイクリングロードなど欧州並の自転車環境だというのが意外でしたが、できればどこをどのように自転車道が走っているのかが、地図などでわかればもっと良かった。まあ飯主体で写真も多いのですが紀行本としてはかなりよく出来ているといえる。是非韓国や中国や他の国も自転車で旅してもらいたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は台湾在住経験者で、今も毎年訪問を欠かせません。
率直に言うと本書は台湾人の真実の一面を描写できてはいます。が、それが全てではないという事に気をつけてください。著者は非常に幸運な台湾旅行をしたのだな、と思いました。

台湾にも殺人・傷害はもとより援助交際・オレオレ詐欺・ドラッグ密売等すさんだ犯罪は多く、且つ増加傾向にあります。南部等では時々「黒社会(ヤクザ)」の抗争もあります。
日本人に対しては押しなべて「親日」ですが、戦後に台湾へ移住してきた外省人を中心に日本嫌いな人もいます。お互い民主主義の国民として、その意見も当然尊重しなくてはいけません。

本書を読む(あるいは読もうと思っている)方々に一番誤解してほしくない点は、「ノホホンとお気楽な状態で台湾に行かないで欲しい」ということです。台湾人は基本的に日本人を尊敬しています。ですから日本人が自分たちよりも無知で、マナーや道徳に欠ける行動をすると台湾人は心底ガッカリします。
TVでも「ウルルン」とか「田舎に泊まろう」とか、ノホホンと訪問して客人としてタダで遇されようという都合の良い番組がありますが、接遇を受ける側の「品格」は問われるべきだと思います。行き先が台湾に限った事ではありませんけど。

私の目撃したイタい例では、日本国内ではニートをし
...続きを読む ›
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者の独断と偏見に基づくグルメランキングも面白いのですが、中盤は日本統治時代をすごした世代との交流等を通じ、ちょっと泣かせる気満々な文章もあります。

甘味は何故か日本人が大好きなマンゴーカキ氷やタピオカドリンクを無視して、「豆花 トウファ(豆腐を豆等と食べるスイーツ)」を延々追求していくのが、独自色があって興味深かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
美味い飯を求めつつ、台湾を自転車で一周する紀行文。
著者の他の作品では、年々食べ物についての表現が良くなっているように感じていたのですが、本書においてもそれは健在。
自分で台湾旅行に行った際に、本書に記載されている複数の店を訪ねてみたのですが、著者の記述の的確さに驚きました(→とても美味しかった)。
著者としてはグルメのガイドブックとして作成するつもりはないのでしょうが、巻末に住所や地図も記載されており、
読んでいて食欲を刺激された方(カラー写真が多く実際刺激されます)は行く価値があると思います。

なお、花蓮で事故を起こして入院した際の話、先住民との日本語でのやり取り等、著者お得意の「いい話」もまた、読んでよかったと思わせるものですし、
サイクリストにとってはツーリング欲を刺激されるという意味でもまた良い本だと思います。

それから、花蓮の海鮮レストラン「祝楽」等、(本書発行時から時間も経っており)閉店している店もあるので、行かれる方は事前に調べておいた方が良いかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告