通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
台湾人から見た日本と韓国、病んでいるのはどっち? ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

台湾人から見た日本と韓国、病んでいるのはどっち? (ワニブックスPLUS新書) 新書 – 2015/6/8

5つ星のうち 4.1 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 5

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 台湾人から見た日本と韓国、病んでいるのはどっち? (ワニブックスPLUS新書)
  • +
  • 日本共産党と中韓 - 左から右へ大転換してわかったこと - (ワニブックスPLUS新書)
総額: ¥1,846
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

15ヶ国語以上を操る台湾人・李久惟(リ ジョーウェイ)氏。
李氏は東京外国語大学を卒業後、世界中を飛び回り、さまざまな分野で語学講師・セミナー講師として活躍するなど、
積極的に国際交流や言論活動を行なってきた。

また通訳としても台湾新幹線プロジェクト、野球の国際大会(オリンピック予選、WBC)、
サッカー国際大会(アジア予選、東アジア選手権)などで輝かしい実績を残している。

そんなグローバルな活動を展開する李氏には、緊張状態が続く日本と韓国の関係はどのように写っているのか?
「歴史」「政治」「文化」「社会」「教育」「経済」「スポーツ」という7つの分野から、多角的かつ客観的に綴ってもらった一冊。

台湾人から見て、病んでいるのは日本と韓国、果たしてどっち

内容(「BOOK」データベースより)

嫌韓・反日感情はなぜ起こる?台湾の人たちは本当に親日で反韓?結局、日本と韓国どっちがおかしい?両国を知り尽くした台湾人の著者が日韓を7つの分野から徹底比較する!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 270ページ
  • 出版社: ワニブックス (2015/6/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847065611
  • ISBN-13: 978-4847065613
  • 発売日: 2015/6/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 153,619位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ふるむーん 投稿日 2015/9/13
形式: 新書 Amazonで購入
日本と韓国の歪んだ関係を、外から眺めた台湾人の著者が分かりやすく語る、大変にありがたい本。
中身は慰安婦問題、竹島問題、経済・スポーツ・芸能と、多岐にわたります。
それらにつき両者を比較しながら、間違ってるものは間違ってると冷静かつ公平に言ってくれているので、日ごろ「病んでいる」国から責められっぱなしな日本人的にはまさに溜飲が下がる思いです。
もちろん台湾の事情も述べてくれていますので、日・韓・台の違いを知る意味でも面白く読めますよ。

難しい話は一切しないですし、資料やデータを並べ立てもしない内容ですので、どなたにもオススメできる一冊です。
是非たくさんの方に読んで欲しい。
というわけで、☆5つ。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 著者の李久惟さんは、1975年台湾 高雄生まれ、東京外大卒業後、世界中を飛び回り、積極的に国際交流をはかり、 言論活動を行い、 
 また、通訳としても活躍されています。
 台湾と韓国、同じように日本統治という時代を経ながら、親日感情の強い台湾、それに反し、反日感情が強烈な韓国、
 なぜこのような大きな差異が生じたのか?著者の李さんは、歴史、政治、大衆文化、等7つの分野でそれらの差異が生じた背景、原因を考察しています。
 台湾と韓国、両国は反共という点から、いろいろ問題を抱えながらも1992年までは、比較的良好な関係を保っていたようです。
 しかし、1992年、韓国と中国の突然の国交樹立、その前後に韓国が台湾に対して行った数々のひどい仕打ち、このため、台湾は嫌韓になったそうです。
 韓国で最も嫌われている日本人、豊臣秀吉らしいですが、その理由は2度にわたる朝鮮侵略にあることは明らかですが、
 それに反し、朝鮮は日本に侵略はしていないと言っていますが、元寇、これは実質的に高麗軍が主体をなしていて、日本に多大な被害を与えています。
 そして、従軍慰安婦、高収入が約束されていたので、強制連行する必要がない。
 それならば、韓国軍がベトナム戦争でおこなった数々の残虐行為、そして、ライダイハンの問題は・
...続きを読む ›
コメント 216人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
韓国の異常な反日行動に、もはや怒りを通り越して呆れ返っていた時に、本屋でこの本を見つけました。
日本人として持っている反韓感情は、第三者である台湾の人にはどう写っているのか、興味があって買ってみました。

読後の感想は、「私の韓国に対する感情は、あながち無理のあることではないのかな」ということでした。
しかし、そんなことよりも、「分かり合い、尊敬しあえる隣人(隣国)が間違いなく存在する」ことが確認できたことの方が、はるかに有意義なことでした。
是非この本の第二弾が出版されますよう、また、多くの人が一読されますよう願っております。
コメント 157人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
嫌韓本などたくさん出回っていますが、かつて台湾も韓国も日本に統治されていましたが、どうしてここまで韓国は反日になり、台湾は親日なのか詳しく説明してあり、なるほどと思うことがありありでした。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
日本では韓国嫌いがあたりまえになってきていますが、
日本が異常なのでは無く、韓国が他の国の人々からも嫌われていることがわかる本です。
他の国の人が、韓国に対してどのように思っているかを学べる良書です。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
東京外大出の台湾人語学専門家が見た日本と韓国。日本のお人好しぶり、韓国の異常さが論じられる。
韓国の歴史とはファンタジーであり、史実かどうかは問題ではない。自国の都合に合わせて、捏造、意識的無視を行う。秀吉を異常に憎悪し、水軍の李舜臣将軍の戦果を過大評価し英雄に祀り上げる、テロリスト安重根を称賛、日本武術や茶道など何でも韓国起源(ウリジナル)と主張しお国自慢、日本統治はまったくの暗黒時代、姑息にもソウル大学が旧京城帝国大学だったことを自国民に知らせない・・・、枚挙にいとまがない。台湾が植民地時代の日本統治の業績を正当に評価する(八田輿一の水利事業、教育制度整備(台北帝国大学→台湾大学))のとあまりの落差に驚かされる。
政治面では、親日有罪法の存在、慰安婦問題。告げ口外交、小中華思想、竹島略奪・・・、これまた反日(恨日)のオンパレードだ。一方ライダイハン(ベトナム・韓国混血児)や朝鮮戦争時の慰安婦の存在はひた隠す。朝鮮戦争で北朝鮮を助け、南北分断の因を作った中国には媚びを売り小中華思想を復活させる。理解不能の外交だ。
スポーツでは不正行為が横行するため、他国選手は韓国での国際大会に嫌気がさしている。台湾のフェアプレーが日本ファンに感動を与えているのとは対照的だ。
室谷克実、三橋貴明、呉善花、黄文雄氏等、批判的論客の主張とあまり変わらない。売りは
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック