台北の朝、僕は恋をする [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

台北の朝、僕は恋をする [DVD]

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,175より 中古品の出品:3¥ 2,097より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 台北の朝、僕は恋をする [DVD]
  • +
  • あの頃、君を追いかけた[DVD]
  • +
  • 言えない秘密 [DVD]
総額: ¥16,385
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジャック・ヤオ(姚淳耀), アンバー・クォ(郭采潔), ジョセフ・チャン(張孝全)
  • 監督: アーヴィン・チェン(陳駿霖)
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 中国語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2011/09/22
  • 時間: 85 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005APPLO0
  • EAN: 4527427648869
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 17,403位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

エドワード・ヤン監督の弟子・新鋭クリエイター アーヴィン・チェン監督作
台湾の新たな魅力を描いた意欲作!

人気歌手&CMクイーン 国民的スター アンバー・クォ他、台湾期待の俳優陣、出演作
すべての人を魅了する台北・夜の街を舞台に贈るロマンティック・ラブストーリー!

【ストーリー】
台北に住むカイ(ジャック・ヤオ)の大好きな恋人がパリに留学してしまう。
彼は、昼間は両親が営む中華麺店を手伝い、夜になると地元の本屋に通いフランス語の本を読み、パリの恋人を想いながら寂しい日々を過ごしている。
本屋で働く可愛く、でもどこか孤独な面影を持つ少女スージーは毎日やってくるカイが気になって仕方ない。
そんなある日、カイは突然恋人からの別れの電話を受ける。
彼女を失いたくなくて、どうしてもパリに行きたいカイは、地元のボスからお金を借りることにし、その代わりにと与えられた謎の小包を運ぶという怪しげな仕事を受けることにする。
それは、カイと偶然巻き込まれたスージーのスリリングでコミカルでロマンティックな一夜の始まりだった。

【キャスト】
ジャック・ヤオ(姚淳耀)
アンバー・クォ(郭采潔)
ジョセフ・チャン(張孝全)
トニー・ヤン(楊祐寧)
クー・ユールン(柯宇綸)
カオ・リンフェン(高凌風

【スタッフ】
脚本・監督: アーヴィン・チェン(陳駿霖)
製作総指揮:ヴィム・ヴェンダース メイリーン・チュウ
製作:イ・イナ リウ・ウエイジャン プロデューサー:オイレン・ルイ
共同プロデューサー:マイケル・リャウ ミッシェル・チョウ
撮影監督:マイケル・フィモナリ 美術:ホアン・メイチン
編集:ジャスティン・グエリエリ
録音:トゥ・ドゥーチー
音楽:シュ・ウェン
製作:アトムシネマ(原子映像有限公司)&グリーンスカイフィルムズ

【特典映像】
○予告編
○オリジナルメイキング
○アービン・チェン監督、アンバー・クォ(主演女優)独占インタビュー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

台湾映画界の新鋭、アーヴィン・チェン監督によるロマンティック・ラブストーリー。台北に暮らすカイは、恋人がパリに留学して以来寂しい日々を過ごしていた。どうしてもパリに行きたい彼は、仕方なく地元のボスから金を借りることにするのだが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgar トップ500レビュアー 投稿日 2012/6/26
Amazonで購入
これまでの台湾映画に、いや、日本も含むアジア映画に、ありそうでなかったタイプの作品。製作総指揮がドイツの名匠ヴィム・ヴェンダースであることと関係があるのかな? でもヴェンダースの作風とも違っている。むしろこれはフレンチ・コメディの味わいではないか。例えばフランス人監督のジャック・タチが現代に生きていたら、こんな感じの映画を撮っていたかもしれない。

ポップでありながら、物語を推進するのは「犯罪」だから、フィルム・ノワールでもある。でも登場人物がみんなとぼけているので、ちっともヘヴィーではない。というふうに、シンプルに見えて実は精巧に独自のワールドが作り込まれた作品である。刑事が追跡の最中に、地下鉄のホームで駅員から「走らないで。歩いてください」と注意されるシーンなど、思わず吹き出してしまう。

ずーっと夜が舞台で、太陽の光が出てこないのに、爽やかな印象が残るのも不思議。おそらく主人公ふたりの清潔感が、大きく影響しているのだろう。台北の夜の街も、とても魅力的に切り取られている。観終わったらすぐにでも台湾に飛んで行きたくなるほど。ラストシーンも素敵で、微笑ましいやら、可愛いやら、で少し涙ぐんでしまった。

ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤン、ツァイ・ミンリャンら従来の巨匠とはまったく違う感動の質が、ここにはある。少し前の青春
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なにかのDVDをレンタルした時にこの作品の予告編が入ってて、それ観て興味沸きまして。

主人公カイがパリに行った彼女にふられて、追っかけてパリに行こうとして街の顔役に金借りて、代わりにあるブツを運べと言われて、刑事に追われて、そのブツ狙う顔役の甥っ子にも追われ、本屋で出逢ったスージーと逃げることになって。

そんな一夜を描いた作品、ザックリ言うと。
撮り方によってはもっとスリリングにも、もっと爆笑狙うことも出来る素材を、この作品はどこまでものんびり、のほほんと展開していく。
それが実に心地良い。
なんというか、オフビートな感じで、個性的なキャラクター、裏打つような笑い、間をずらした絶妙な間がなんかいい。
ただ、意外と好き嫌いは分かれるかなと。
退屈と思うひともいるかも。
それもこれもこの作品がカイとスージーが惹かれあっていく姿を描くことが重点になっているからではないかと。
嫌いじゃないな、僕は。
特にスージーを演じたアンバー・クォの笑顔がとても素敵。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
予告編を見て興味を持ち購入しました。 とても素晴らしい作品に出会えた事に感謝します。

まず各登場人物がユーモラスで、本当にどこにでもいそうな人達なんですが、一人一人が個性的で愛着が湧きます。それぞれが、ちょっとした悩み事を抱えていたりして、見ていて「わかる、わかる」と。

この映画には明確なストーリーは存在せず、台北のある1日の夜に起こるちょっとした「事件」を描いていますが、登場人物達の複数の思いが交差して見ていてクスクスと笑えて中だるみしません。

制作陣のこだわりで、映像の色彩や夜の台北の切り取り方がとても素敵でした。また、音楽はポップなJAZZでまるで喫茶店で紅茶を飲んでる時のような心地良さです。

DVDにコメンタリーと日本語吹き替えが無いのが残念でしたが、メイキングやインタビューなど、特典もぬかりなく。 主演女優のアンバークォのインタビューは特に必見。日本のAKB48に負けず劣らずの魅力ですね。

邦画『大停電の夜に』によく似た映画だと思います。心地よいJAZZ、美しい映像、いとおしく思ってしまう登場人物、軽やかでホッとする優しさに溢れてます。特にラストカットの美しさと余韻が印象に残りました。
参考になれば幸いです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
犯罪がカギとなっているが、暗く感じない。恋の素晴らしさがいたるところで強調されている。
刑事チーヨンを演じたジョゼフ・チャンが面白い。後に『GF*BF』では一途で真摯な役を好演しているが、本作では少し“痛い”役で楽しませれてくれる。
また、主人公カイの友人カオのちょっと煮え切らない片思いが微笑ましい。
しかし、ラストでアンバー・クォ演じるスージーがカイの呼びかけを“無視”するシーンがダントツで愛らしく印象的。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック