Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,728

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[石橋 博史]の可視経営
Kindle App Ad

可視経営 Kindle版

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 1,728
単行本
¥ 1

商品の説明

メディア掲載レビューほか

可視経営 仕事が見えれば会社は変わる
 管理職や間接部門といったホワイトカラーの仕事は、生産部門と異なり、「ヒト・モノ・カネ」の流れが見えにくい。その業務プロセスを可視化し、生産性を向上するのは難題だ。しかし、著者は20年以上のコンサルティング経験を基に、「ホワイトカラーの仕事でも、小さな作業の組み合わせに分解し、ITを使って分析すれば必ず可視化できる」と主張する。

 本書では、トヨタ生産方式をホワイトカラーの業務に応用した、著者独自の可視化手法を提唱している。ストップウオッチを片手に、入力、印刷といった一つひとつの作業時間を計測。これを基礎データとして業務プロセスをフローチャート上に可視化したり、そこから業務のボトルネックを見つけ出すといった具合だ。サンスター、ツムラ、矢崎総業、サムスン電子などで著者が手掛けた改革の実例も紹介する。

 業務プロセス改革は、社員の反発に遭ったり、役員や部門の既得権争いに巻き込まれ、道半ばで潰されてしまうことは少なくない。本書はこうした事例の人間模様を生々しく再現している。業務改革に取り組む経営企画部門や情報システム部門の担当者に向く内容だ。


(日経コンピュータ 2005/08/22 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

トヨタ式生産方式に代表されるようにモノづくりの現場では、絶え間ない効率化・ローコスト化に取り組み、国際的にも日本企業の競争力は高く評価されている。ところが、デスク業務、いわゆるホワイトカラーの業務部門となると生産性が低く、国際的な競争力ではとても太刀打ちできないといわれ、それが今日、日本企業の自信喪失にもつながっている。生産性を上げ、収益力を向上させ自信を取り戻すためには自分の企業のどこに問題があるのか。経営者だけではなく管理者、ひいては社員自身も把握する必要がある。企業改革の第一歩は、ホワイトカラーの業務を見えるようにすることイコール、「可視経営」にある。

 可視経営を行うことで、企業の組織や業務のどこに問題があり、どこをどう改革すればいいのかが判る。成果主義を取り入れたものの上手く機能しない、あるいは業務の効率化のために新たにシステムを構築したものの思ったほど成果が上がらないなど、さまざまな経営課題を抱える企業に応援のエールを贈る。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5842 KB
  • 紙の本の長さ: 166 ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2005/8/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00JVD0ROG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 237,013位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2013年11月21日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
click to open popover