通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
古 傷 (光文社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

古 傷 (光文社文庫) 文庫 – 2004/11/12

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 古 傷 (光文社文庫)
  • +
  • 探偵ホウカン事件日誌 (光文社文庫)
  • +
  • 札幌方面中央警察署 南支署 誉れあれ (双葉文庫)
総額: ¥2,028
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ヨイショをさせたら天下一品。人呼んで「ホウカン探偵」法間に、街の大立者から依頼が舞い込む。「わが社の機密が漏洩しているようなので調べてくれ」というのだ。が、真の依頼は別なところにあった。物語は、一気に「日本の戦後史の闇」の告発へとつながっていく気配が…。ホウカン探偵恐るべし!ユーモラス、そして深い哀感を胸に残す、探偵小説の傑作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

東/直己
1956年、札幌生まれ。北海道大学文学部哲学科中退。’92年、札幌ススキノを舞台にした『探偵はバーにいる』(早川書房)で作家デビュー。以降、このススキノ便利屋シリーズを発表し続け、気鋭のハードボイルド作家として注目を浴びる。2001年には『残光』(角川春樹事務所)で第54回日本推理作家協会賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 218ページ
  • 出版社: 光文社 (2004/11/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334737765
  • ISBN-13: 978-4334737764
  • 発売日: 2004/11/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 446,054位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
東直己の最新作は文庫書き下ろし。
「古傷」は私立探偵・法間謙一が主人公の中篇。
法間はもちろん(のりま)と読むのだけれど
(ほうかん)と呼ばれることの方が多い。
というのもまさに幇間並みの「よいしょ名人」だからである。
出会う人間のありとあらゆる部分を褒めまくり、相手をいい気分にさせて、仕事を進めていくのである。
もう一つ、法間の得意芸がブランドに詳しいことで、
特に相手が女性だと、この特殊能力が威力を発揮するのである。
ねえ。
「グロッセ」に「アッチェント」、「ラ・スクワドラ」に「デッチマ」、挙句の果てが「ウルスラ・コンツェン」なんざ、分かりますか?
どうやらすべて女性向けのファッション・ブランドらしいんだけど、
相対する女性の服装やアクセサリーを一目で見切って、
即座に褒めまくる、というのが法間の手なんですね。
いや、ホントに。全部知りませんでしたよ、ワタシは。
ようやく、「エトロ」あたりで知っていた程度。
東さんもキチンと取材なさってますなあ。素晴らしい。
非才な当方には眩しくっていけませんや。
って、口調が移っちまったよ。
軽ぁるく、2時間で読みきれる分量ですが、お買い得じゃあないでしょうか。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本作は、主人公の私立探偵法間が、街の大立者垣根より、文筆家の岩井について、信頼できる人物か調査してほしいという依頼を受けることから始まる。
垣根が自叙伝の執筆を考えているためだ。

法間と周囲の人たちとの会話がスピーディーかつユーモアに溢れているため、重い話題でも暗い気分にはならない。
しかし、物語は、法間と岩井が執筆準備をしている段階で終わってしまう。

もし、戦後史の闇を描きたかったのであれば、戦後の混乱期に何があったかがほとんど触れられていない。
一人の老人が秘密を抱えたまま亡くなっていくことを描きたかったのであれば、もっと垣根自身のことや垣根の家族のことを描くべきだと思う。

エンターテイメントとしては文句なく面白い。
ただ、話が中途半端になってしまったように感じる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2013/11/3
形式: Kindle版
東直己さんの著作は、ススキノ探偵シリーズを全巻よみ、新刊が出ないため、シリーズ以外も読み始めました。 本作は、ススキノ探偵シリーズに比べ、疾走感がなく、キャラも立ってない気がします。 ススキノ探偵シリーズの新刊を望みます!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ことぶきジロー トップ1000レビュアー 投稿日 2013/12/2
形式: 文庫
幇間探偵・法間謙一を主人公にした探偵小説の『傑作(裏表紙の作品紹介による)』なそうだ。個人的には、軽過ぎてつまらなかったのだが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 須田康輔 投稿日 2014/6/17
形式: 文庫 Amazonで購入
北海道を旅行するたびここが舞台だなんて思いながら愛読しています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック