通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
古道具屋 皆塵堂 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

古道具屋 皆塵堂 (講談社文庫) 文庫 – 2014/3/14

5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 古道具屋 皆塵堂 (講談社文庫)
  • +
  • 猫除け 古道具屋 皆塵堂 (講談社文庫)
  • +
  • 蔵盗み 古道具屋 皆塵堂 (講談社文庫)
総額: ¥2,073
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

浅草阿部川町の道具屋に長男坊として生まれた太一郎は、十歳になったところで父親に跡取りから外され、弟音次郎が店を継ぐことになる。太一郎は奉公先を盥回しされ、ようやく経師屋の職人で落ち着こうとしたころ、音次郎が病死し、急遽、実家に呼び戻された。道具屋の修行をやり直すには年を食いすぎている。父親が送り込んだのは、深川の皆塵堂という古道具屋だった。
そこはいわくありの品々をかき集め並べている店だった。店主の伊平次は、年中釣り人の格好をしている呑気そうな男だ。太一郎には、人に言えぬ秘密があった。それは、モノに憑いている幽霊が見えるということ。首吊りや夜逃げのあった家から家財道具を仕入れている皆塵堂では、瑪瑙の簪に憑いている女の幽霊、蒔絵櫛に憑いた呪いなど、なにか憑いているモノばかり。
幽霊と猫が苦手の太一郎には、難行苦行の修行が始まった。幼馴染みの呑み助の棒手振り巳之助や小僧の峰吉など、仲間とともに、摩訶不思議な出来事に巻き込まれていく。
そして、向島のなぜか猫が集まる屋敷を訪れ、ぼろぼろの着物を着た女の子の幽霊を見たとき、太一郎の封印されていた幼い日の記憶がよみがえる。それは?

内容(「BOOK」データベースより)

奉公先を盥回しにされたあげく、弟の急死で実家を継ぐことになった太一郎。修業先は、深川の古道具屋皆塵堂。やる気なげな店主と、生意気な小僧。並んでいるのは、首吊りや夜逃げのあった家の曰くつきの古道具ばかり。太一郎には、幽霊が見えるという秘密があった。憑きものだらけの怪談人情ミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/3/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062777967
  • ISBN-13: 978-4062777964
  • 発売日: 2014/3/14
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 124,180位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
2作目の「猫除け」から読んでしまいましたが、1作目に戻っても勿論内容は分かりました。
1冊同じ主人公の物語ですが、中身は短編になっているので、大変読みやすいです。
(「猫除け」ではこの主人公は脇役で登場してました)

主人公の太一郎はお化けが見える人な上、皆塵堂という古道具屋は曰く有り気な品物まで扱う店。
つまりそういう話です。

登場人物たちの造形でほのぼの人情話になっているようですが、結構酷い話もあるような。
私は、中の一編「その娘はやめておけ」という話が、「あ、そう来たか!」と思って面白かったです。

気軽に読める時代小説でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
怪談時代劇です。主人公があまり目立たず共感するところも少ないのですが、幽霊の出るあたりが、生々しく恐怖の描写です。ひえ〜と思わず言いたくなる凄まじい描き方です。怖いのですが、それを引きずらずに次を読みたくなります。怪談ミステリーですか。面白い!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
立派な銀杏屋という道具屋の跡取り息子に生まれながら10を過ぎた頃から突然奉公に出され、店は弟が継ぐと決められた太一郎。親戚の道具屋ばかりでなく道具屋とは縁のない店まで転々と奉公先は変わり二十歳を過ぎ気が付くと経師屋の職人として修業していた。この道で一生食っていくと腹をくくって修行に専念していたらなんと跡取りの弟が急死。「この店は兄貴が継いでくれ」との最期の頼みで実家に戻ったものの、一定期間の修行に出ることに。二十三になる太一郎に父が見つけてきた奉公先は皆塵堂。まずは修行に先立ちと沢山の簪の中から1つを選ばされそれを枕の下に置き寝るようにと言われた。そのとおりにすると、夜中ふと目が覚めると見知らぬ女の顔が暗闇に浮かんでいた!そう!太一郎は幽霊が見える! 古道具についた怨念やら何やらにまつわる幽霊が見えるため父親が跡取りを諦めてよそへ奉公に出していたのだ。皆塵堂の主人伊平次に幽霊が見えるのを悟られ、それを逆手にとって奇怪な事件を解決していく太一郎と伊平次、そして幼馴染の巳之助。そんなある日、三人で猫屋敷の古道具を引き取りに行ったら・・・。太一郎の失われていた子供の頃の記憶がよみがえり、何故幽霊が見えるようになったのかが明らかになる!それは・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
11年02月の単行本からの文庫化で,五編を収めたシリーズの一作目にあたる作品です.

古道具に憑く『よくないもの』を,人々の思いを含めて解きほぐす…という内容は,
舞台や幽霊的な部分を除けば,流行りの『お仕事系日常の謎』に近いかもしれません.

また,前半はグロテスクな場面も見られるなど,怪談寄りの雰囲気で進められますが,
徐々に『視える』体質である彼の物語へとシフト,自身が過去も含めすべてを受け入れ,
父とのわだかまり,さらにその父の『重し』をも取り除く穏やかな結末が印象に残ります.

人の感情や動き,状況など,少し分かりづらい描写があったのは気になりましたが,
小出しにされてきたいくつかの疑問が,次第に大きな一つへと収束していく話運びや,
自然に挟まれる江戸自体のちょっとした文化やうんちくが,読んでいて楽しかったです.<
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
さっくりと面白かったです。

先入観や大きな期待もなく、なんとなく手に取ったせいもあろうかと思いますが
予想外にも、他のことをほったらかして読み切ってしまった。

文章が読みやすいせいもあって、主人公たちとすんなり筋に入っていける爽やかさ。
仰天するようなどんでん返しはありませんが、川の流れに乗るように、何かに導かれるように
丁寧に太一郎と古道具(と憑いてきた彼ら)の曰くを探っていける。

身震いするような怖さというよりも、落語の怪談のような空気感。
からりとした作風、手堅い筆運び、しつこくないキャラクターの扱いなども好印象。

「ほんのりおかしい人情怪談」というあたり、しゃばけシリーズが思い起こされますが、
個人的には、ライトノベル臭さが薄く、べたついたところの少ないこちらの
テイストの方が読んでいて心地よいし、筋がよく入ってくる。

当方、初めての輪渡颯介だったのですが、
他の作品のレビューを拝見を拝見するに、どうも作風は一貫しているようだ。
他のも読んでみようかな、と思う反面、
もう一息、何かを超えたらブレイクするんではないかとの期待を感じるので
是非、次回は「こうきたか!」というのを!
楽しみにお待ちしております。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す