通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
古武術の発見―日本人にとって「身体」とは何か (知... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【コンディション良好】【書き込みなし】全体的に目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態で綺麗です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、万が一、書込みや記載不備がある場合はご連絡頂ければ対応を致します。全ての商品はamazonコンディションガイドラインに準じて出品を行っております。詳しくはamazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご確認お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

古武術の発見―日本人にとって「身体」とは何か (知恵の森文庫) 文庫 – 2003/2

5つ星のうち 3.9 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 29

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 古武術の発見―日本人にとって「身体」とは何か (知恵の森文庫)
  • +
  • 身体から革命を起こす (新潮文庫)
  • +
  • 甲野善紀 甲野陽紀  驚くほど日常生活を楽にする 武術&身体術 「カラダの技の活かし方」 (DVDブック)
総額: ¥3,219
ポイントの合計: 100pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

やっぱり、事実は小説より面白い! 宮本武蔵、千葉周作、真理谷円四郎、植芝盛平……伝説の超人・天才たちの身体感覚が手に取るようにわかる。桑田真澄投手が実践して奇蹟の復活を遂げた「古武術」の秘密とは。現代人が失ってしまった「身体」を復活させるヒントを満載。メスと刀が「身心」の本質へと肉迫する。

内容(「BOOK」データベースより)

やっぱり、事実は小説より面白い!宮本武蔵、千葉周作、真里谷円四郎、植芝盛平…伝説の超人・天才たちの身体感覚が手に取るようにわかる。桑田真澄投手が実践して奇蹟の復活を遂げた「古武術」の秘密とは。現代人が失ってしまった「身体」を復活させるヒントを満載。メスと刀が「身心」の本質へと肉迫する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 273ページ
  • 出版社: 光文社 (2003/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334782035
  • ISBN-13: 978-4334782030
  • 発売日: 2003/02
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,594位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ib_pata トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/2/14
形式: 文庫
サッカーのフェイントで忘れられないというか、人間業とは思えないのは、「小鳥のフェイント」と呼ばれたガリンシャのフェイントだと思う。ほとんど動画は残っていないけど、さすがにワールドカップの試合などは残っていて、彼がフッと体を倒すだけで、対峙する屈強なDFが腰砕けになるシーンとかは、不思議な感じがした。
解剖学の養老先生と対談する甲野さんは、「捻るな、うねるな、タメるな」をモットーに最も早いカラダの動きを研究している武道家。甲野理論によれば、最も早く動けるのは重力を使うこと。例えばヒザを「抜く」と一瞬で体が沈むみたいな感じでしょうか。ガリンシャのドリブルもそんな感じを受けます。この手の本にありがちな、わけのわからなさはあるのですが、それを養老先生がうまく合理的な方向に向けています。
それにしても武道家という肩書きはいいなぁ。ぼくは、ここ5年間ぐらいで一番、感動したのは、昔のキックボクシングのチャンピオンであった沢村忠さんの言葉でした。キックを引退した後、公に姿を見せなかった沢村さんについては様々な噂がことがまことしやかに語られていたこともありました。しかし、沢村さんは、自分に空手を教えてくれた祖父のように町で道場を開いて子供たちを教えていたんです。もちろん、中古車販売かなんかの仕事をしながら。
そんな沢村さんの姿を追ったテレビのドキュメントの最後、彼は「い
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本は、甲野善紀氏と養老孟司氏による対談形式になっていて、副題通り「日本人にとって身体とは何か」ということが、主に古武術と解剖学の観点から論じられています。2人とも難しいことを話しているのですが、対談形式なのと、博識な両氏が良い例を引用しているので、分かり易く、読んでいても飽きません。

「タメをつくると"居つい"てしまう」や、「身体の各部をバラバラにして、別々に独自の動きをするようになると、さらに微妙な気配の出にくい動きが可能になる」という説明は、大発見をした武術家にしか言い出せないような事実のように感じます。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 「身体に関する考え方なり扱い方なりというのが、ひじょうに洗練された形で、ほとんど武道のなかに集約されていったんだろうと、思うんです」
という、解剖学者養老さんと
 「運命は初めから完璧に決まっていて、しかも自由だ」と解釈したので、これを身体で実感するために「よし、武道をやろう」と決心した。
 という、武術家の甲野さんの
 古武術についての対談です。
 お互いに、相手を尊重しあい、とても礼儀正しいので、気持がいい会話になってます。
 明治に西洋の文化を取り入れる際、それまで武道に受け継がれてきていた技術や身のこなしが、言葉にならないため「無いこと」になってしまい、消えていったといいます。
 甲野さんの、昔の日本人は手を振らずに歩いた。「昔の庶民にとっては、早く走るというのは、いまなら泳げることと同じくらいのひとつの技術だったんです。」という話や
 養老さんの「自分というものは自分のなかだけにあるものじゃないんで、他人のなかに分散して入っている。」という話
など、面白い話がたくさんでした。
 また、「あとがき」に載っている「飛来するバットの先をかわす桑田選手」の写真を興味深く見ました。「膝をぬく」という武術の動作が役にたち、バットをかわしたと解説されています。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「古武術の発見」というタイトルは3つの発見を意味している。

解剖学者である養老氏は対話を通じて「日本古来の武術を通した身体の運用方法」を発見した。
本書を制作する過程で甲野氏は身体運用法の質の転換の論理として「井桁崩し」を発見した。
そしてこの本を手にした読者は、武術という方法論を持った論客としての甲野善紀氏と「古武術」という身体観のキーワードを発見することになった。

親本は1993年に光文社カッパサイエンスシリーズの一冊として出版された。
当時は知る人ぞ知る、という存在であった甲野善紀氏がメジャーな出版社の新書の共著者として一般に広く知られ、多くのメディアや各種スポーツの指導にも活躍の場を拡げることになったという点で、本書の意義は非常に大きい。

対談で武術史研究家としての側面を持つ甲野氏から、様々なエピソードが語られる。
明治以降の武道が西洋のスポーツの影響を強く受けて整理・統合されていること、その過程で精妙な身体運用法が喪失されたこと、武道界の大家が江戸期以前の武術家のことに触れる際は常に精神論と伝統が重視され、それらの武術家が残した身体運用術が現代のものと異なる場合には黙殺されること、などである。
こうしたトピックは多くの読者にこれまで漠然と考えていた「伝統」の
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック