¥ 1,782
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
古来種野菜を食べてください。 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

古来種野菜を食べてください。 単行本 – 2016/11/25

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/11/25
"もう一度試してください。"
¥ 1,782
¥ 1,782 ¥ 2,525

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 古来種野菜を食べてください。
  • +
  • 野菜は小さい方を選びなさい (フォレスト2545新書)
  • +
  • 無肥料栽培を実現する本
総額: ¥4,254
ポイントの合計: 129pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

野菜って、楽しくって、
美味しくって、
でも、ちょっと切ない。

テレビ東京(「ガイアの夜明け」2016.5.10)
TBS(「EARTH Lab 次の100年を考える」2016.9.17)
などで大反響!

路上販売に始まり、古来種フェス「種市」の熱狂、
伊勢丹新宿本店での驚きの展開にいたるまで、
「あたためる八百屋」の騒がしい毎日をめぐる奮闘記。

【800年、人々が繋いできた「種」があります】
日本の風土に根付いて、驚くほど長い間、一度も途切れることなく、
つながってきた「生命」の循環。それが日本の伝統野菜たちの姿です。

しかし、いまその循環が途切れようとしています。

本書では、野菜の流通の現状、日常の食の問題、F1種や
ジーンバンクといった種の問題、有機JAS認証について、
新規就農に必要なことなど、「八百屋の目」からみえる風景
をあたたかく語っていきます。

内容(「BOOK」データベースより)

世間の風を冷たく感じた路上販売に始まり、古来種フェス「種市」の熱狂、伊勢丹での驚きの展開にいたるまで、「あたためる八百屋」の騒がしい毎日をめぐる奮闘記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 285ページ
  • 出版社: 晶文社 (2016/11/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794969449
  • ISBN-13: 978-4794969446
  • 発売日: 2016/11/25
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,733位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

種の問題については奥深くいろんなことと連鎖的につながっている。オーガニックとはまた違う世界の中で語られていることを知りたい時に、手にとるとよい本だなと感じた。種を守るということの位置づけ、それは味覚の退化、とつながる。それを、パンクやモヒカンなどの面白い要素をいれることで読みやすいよう意図して書いてある。文章としては幼稚なところもあるがその熱意におされてしまう1冊。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
はっきり言って種のことは、ほとんどわかりません。それでも以前ガイアの夜明けで拝見して気になっていたので、読んでみました。
読んでみたと言ってもまだまだ全ては読めていませんが・・・。作者のことがエッセイ的に書かれてあるのでとても読みやすい。
楽しく読みながら、種について学べるような感じです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告