通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
古本屋ツアー・イン・ジャパン それから がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付。中古品につき多少のヤケ等があります。状態につきましてはアマゾンガイドラインに準拠しております。予めご了解のうえ注文お願いいたします。Amazon.co.jpセンターからの発送で到着まで迅速です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

古本屋ツアー・イン・ジャパン それから 単行本 – 2015/10/26

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,787

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 古本屋ツアー・イン・ジャパン それから
  • +
  • 古本屋ツアー・イン・首都圏沿線
  • +
  • 古本屋ツアー・イン・ジャパン
総額: ¥7,560
ポイントの合計: 179pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本全国をかけめぐる古本屋ツアーの記録、待望の第2弾。
江戸時代から続く超老舗から、もはや古本屋かどうかも怪しいへんてこりんまで、
2000を超えるお店から精撰。
特別編《古本屋ツアー・イン・旧江戸川乱歩邸&土蔵》を収録。

内容(「BOOK」データベースより)

江戸時代創業の老舗から、もはや古本屋かどうかも怪しいお店まで、文字通り有り難い古本屋さんの魅力をギュッと凝縮!日本全国をかけめぐる古本屋ツアーの記録、待望の第2弾。2000軒を超えるお店から155店を紹介。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 373ページ
  • 出版社: 原書房 (2015/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4562052538
  • ISBN-13: 978-4562052530
  • 発売日: 2015/10/26
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 461,327位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本全国津々浦々の古本屋探訪記、古本屋ツアー・イン・ジャパンの続編。
関東や東北、静岡あたりが多いが、沖縄、北海道まで足を伸ばしている。

青春18きっぷを駆使して、駅から数キロの距離ならタクシーは乗らずに歩いて訪れるその旅は、決して優雅なものではない。
遠路はるばる訪ねても、無情にも店が閉まっていることもざら。
興味のない人には酔狂にも苦行にも思えるだろうが、一見不作の店からも目ざとく獲物を見つけ、
戦利品(とりわけの掘り出し物を著者は「どひゃっほう本」と呼ぶ)を楽しみながら帰路の電車に揺られる様は、
旅好き、本好きの身には、実に羨ましい。。

特別編として、江戸川乱歩邸の書庫探訪も併録。
分かる人には分かる、貴重な書が当たり前のように並ぶそこは、マニア垂涎の宝の山だ。

巻末には、訪れた古本屋のリストが収められている。
悲しいのは、数年内に訪ねた店のリストにも関わらず、低からざる割合で刊行時現在は既に閉店していること。
新刊書店も出版社も続々と減っていく昨今、古本屋好きにも益々厳しい時代となっていきそうだ。

しかし、このシリーズに感化されて新たに古本屋を始めた人もあると聞き、ほのかな希望も感じる。
(自身の著
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告