中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

古文単語FORMULA 600―大学受験 (東進ブックス) 単行本 – 2005/7

5つ星のうち 3.8 35件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

著者からのコメント

大学入試にのぞむにあたって、古文単語の数はどれだけ覚えればよいのでしょうか。
 もちろん、覚えれば覚えた分だけ、入試に出る古文単語をたくさんカバーすることができるわけですから、多いに越したことはありません。
 しかし、覚える語数を多くしすぎると、古文に割くことのできる限られた学習時間を圧迫してしまいます。
 だからといって、覚える語数を少なくしすぎると、今度は読解に支障をきたしてしまいます。
 書店には実にたくさんの古文単語集が並んでいます。
 そして各々の古文単語集に掲載されている単語の語数を見ると、200語程度のものから、1200語以上のものまでと様々です。
 単語集によって、古文単語の語数に大きな差異があり、これもまた受験生を混乱させる要因となっています。
 そして、使う古文単語集を決められない多くの受験生から、「いったい何語覚えれば大学に合格できるんですか?」という質問を受け続けてきたのです。

 そこで我々は、大学受験の古文単語に関して、
"この単語集の単語を完璧に覚えておけば大丈夫!"
と断言できる古文単語集を制作するためのプロジェクトを発足しました。

 まずは、過去の大学入試問題をコンピュータで徹底的にデータ化・分析し、「入試に出る」古文単語を集積した膨大なデータベースを作成しました。
 そして、その中から単語集に掲載すべき単語を厳選する作業をくり返しました。

 入試問題の傍線部によく出題されるような単語だけを単純に掲載すればいいかというと、それは違います。
 なぜならば、単語の知識が直接的に得点に結びつくケースと、間接的に得点に結びつくケースがあるからです。
 出題された傍線部の中に、すでに覚えた古文単語があり、その意味を知っていたがために正解したとなれば、それは純粋に単語の知識のみで得点したという直接的なケースです。
 一方、傍線部以外の、本文の中にある古文単語の意味がわかったために読解が進み、それが傍線部の理解のヒントとなって正解できる場合もあり、これは間接的なケースに入るでしょう。
 古文単語集には、この直接的もしくは間接的に得点に結びつく、両方の単語を掲載すべきです。

 また、単語の厳選は、コンピュータだけではなく、長年、予備校の授業で培ってきた講師経験や、数多くの模擬試験で得られた受験生の解答パターン、それを考慮した予備校の教務的視点というフィルターも通して厳密にくり返されました。
 その結果、大学受験の古文においては、600語の知識が必要であるという結論が導き出されたのです。

 この単語集に掲載された600語は、これ以上も以下もない
"必要最小限の、最も重要な古文単語"です。

 そしてこの600語を最も効率的に、短期間ですばやく覚えることができるよう、本書には様々な工夫がほどこされています。

 600語を覚え終えて、古文を読もうとしたとき、そこには少なからず変化が起こっています。古文と自分との間に存在していた見えない壁が取り払われた結果でしょう。私はそれを古文に対する一種の親近感だと考えております。
 是非、安心して本書を完璧にマスターし、スラスラと古文を読むことができる感動を味わってほしいと思います。
(本書「はじめに」より)


登録情報

  • 単行本: 229ページ
  • 出版社: ナガセ (2005/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4890853413
  • ISBN-13: 978-4890853410
  • 発売日: 2005/07
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 11.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 197,037位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
古文の先生が絶対にオススメできないから買うなと言っていたので、先生に反抗して購入しました(⌒-⌒; )

古文単語は1冊を何度も繰り返して完璧にすべきだけど、この東進の単語帳は覚えにくいから極めるのに無駄な時間がかかります。他の単語帳の方が速習でき、実際の古文の解法を鍛える時間を確保できるのでオススメですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 毎日学習会 投稿日 2014/9/1
形式: 単行本
単語が、覚えやすい順に収録されているので、順に覚えていくことで、確実に実力がつきます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
問題集をやっていてもこの本が辞書代わりになります。
受験生のツボをついているようなつくりです。
別売りのCDには豪華な声優が感情を込めて収録されています。
富井古文は結構定評がありますので、難関私大、国立2次の方に使用してもらいたいです。
カバー率は大体95%越えをしているので、漏れはないでしょう。
ゴロゴやマドンナはくせがあったりするので、これは結構本格的な勉強です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 古文単語集は様々なものがありますが、
この「FOMULA」は、見出しや語義が「ギュッと」まとまっており、
大変見やすい一冊だと思います。

 それぞれの単語に印されている出題頻度のマークや、
語義・意味が「受験に特化」されている点が実用的で、
覚える基準として非常に助かります。

 しかも、意味のイメージによって単語の色分けがされていたり、
似ているニュアンスのものがグループ分けされていたり・・・など、
「多機能」という面から見ても、優秀な一冊であると思います。

 また、肝心のカバー率ですが、やはり600語というだけあって8~9割以上は堅く、
国公立・私大の問題においてもこれだけあれば古文単語で足を引っ張られる
という心配はないでしょう。

 一方で、無駄が省かれている反面、「羅列感」が強い印象を受けますので、
いわゆる「ゴロ」や「短文」、「イラスト」等で覚えたい方には向かないでしょう。

 そして、全体の構成が「横書き」であることにも注意が必要です。

 総合的に見て、受験に十分な語彙を備え、無駄をなくしつつも
工夫が施された一冊だと思いますので、一度手にとっ
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
単語はこれ一冊で十分です。どの大学入試でもディスアドバンテージはとることはないと思います。
構成は名詞・形容詞・副詞など、品詞別に分かれており、見やすく、英単語的な暗記に近い形だと思います。

気になる点は、「横で書かれている」ことです。
単語も例文も横で書かれているため、実際の古文を読んだときに、若干の違和感を感じてしまうこともあります。英単語と同じ感覚での暗記が良いならば、問題はないと思います。
しかし、単語の選出、的中率の高さは非常に信頼できるものがあり、繰り返しますが、これ一冊で入試古文における単語力は必要十分だと思います。

残りの不明で、また重要と感じた単語はそれぞれその場で覚えましょう(そういうものは古文常識の範囲であることも多いのですが)

単語と同じくらい重要なのは古文常識です。こちらは、「マドンナ古文常識」を推奨します。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
収録数、語義、覚えやすさ、あらゆる面で超優秀。
マドンナは収録数が少なく、単語帳としては解説の比重が重たすぎる。あんなに丁寧に解説されても試験のときに役に立つのは結局語義のみ。語彙力はもっと豪快に増やしたいところ。
またゴロゴは多義語が甘く、単語を語呂で覚えるのは実戦的でない。それに合わない人もいる。
桐原の650は語義がまったく絞られてない。あまりに訳が多くどれを重点的に覚えるべきか迷う。
これらに対してフォーミュラは覚えやすくグループ別に配列し、イメージによる色分けもなかなか効いている。
個人的に一番気に入ったのは必要最低限に絞られた語義。
すべて揃った古文単語帳は見たことがなかったので、とても助かります。こんなに良心的な単語帳を出してくれた富井先生に感謝。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー