¥ 972
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
古寺巡礼 (岩波文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

古寺巡礼 (岩波文庫) 文庫 – 1979/3/16

5つ星のうち 4.7 20件のカスタマーレビュー

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,400 ¥ 109
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 古寺巡礼 (岩波文庫)
  • +
  • 大和古寺風物誌 (新潮文庫)
  • +
  • 大和路・信濃路 (新潮文庫)
総額: ¥1,933
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

大正7年の5月に、20代後半の和辻は、友人たちとともに、唐招提寺・薬師寺・法隆寺・中宮寺など奈良とその周辺の寺々を巡り、法華寺十一面観音や、薬師寺吉祥天女、百済観音、法隆寺金堂壁画など、飛鳥・奈良の古建築・古美術に感動して、その印象を情熱をこめて書きとめた。それを大正8年に出版したが、情熱が滲み出た筆致を自ら恥ずかしく思うようになり、戦後直後に全集として出版されるに当たり、改訂版を収録した。本書は、その改訂版を収録している(岩波文庫版が底本)。戦時中、戦地に赴く前に、本書を手に奈良を巡った人もある由。 --このテキストは、オンデマンド (ペーパーバック)版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

大正七年の五月、二十代の和辻は唐招提寺・薬師寺・法隆寺・中宮寺など奈良付近の寺々に遊び、その印象を情熱をこめて書きとめた。鋭く繊細な直観、自由な想像力の飛翔、東西両文化にわたる該博な知識が一体となった美の世界がここにはある。


登録情報

  • 文庫: 287ページ
  • 出版社: 岩波書店; 改版 (1979/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003314417
  • ISBN-13: 978-4003314418
  • 発売日: 1979/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 88,363位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
京都はもちろん素敵ですが、奈良もなかなか魅力的です。今回、30年ぶりに『古寺巡礼』(和辻哲郎著、岩波文庫)を読み返して、そう実感しました。

本書は、20代であった和辻哲郎が、奈良付近の古寺を見物した時の印象記です。「この書の取り柄が若い情熱にあるとすれば、それは幼稚であることと不可分である。幼稚であったからこそあのころはあのような空想にふけることができたのである」。

法隆寺の百済観音については、こう記されています。「抽象的な『天』が、具象的は『仏』に変化する。その驚異をわれわれは百済観音から感受するのである。人体の美しさ、慈悲の心の貴さ、――それを嬰児のごとく新鮮な感動によって迎えた過渡期の人々は、人の姿における超人的存在の表現をようやく理解し得るに至った。神秘的なものをかくおのれに近いものとして感ずることは、――しかもそれを目でもって見得るということは、――彼らにとって、世界の光景が一変するほどの出来事であった」。著者は、当時の人々の感動に思いを馳せているのです。

和辻を魅了した中宮寺の中宮寺観音(弥勒菩薩半跏思惟像)は、私の最も好きな仏像の一つです。「あの肌の黒いつやは実に不思議である。この像が木でありながら銅と同じような強い感じを持っているのはあのつやのせいだと思われる。・・・あのうっとりと閉じた眼に、しみじみ
...続きを読む ›
1 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 仏像・仏画を目にしての感想は、ごく普通である。的確ではあるが、着眼点が意外とか、表現力がずば抜けているということもない。
 では、何が面白いかというと、筆者の鋭敏な感受性から生まれる想像力だろう。
 西域文化は東へ東へと伝わってきたが、筆者の思考は一体の仏像から逆に西へ西へと時空を超えて伸びてゆく。朝鮮半島、中国、インド、ガンダーラ、ペルシア、最終的にはギリシアの地まで。
 例えば、天平の伎楽面から大仏開眼供養での舞楽がどのような舞台、演目、衣装だったのか想像をめぐらす。ここまでは、想像力豊かな人であれば試みることだろう。筆者はそこからさらに、伎楽面と舞曲の中からバラモン神話を見出し、外国楽が日本化するまでの道のりをたどり、インド劇、ギリシア劇にまで話を広げてゆく。
 他にも、光明后がモデルだという仏像は実在したのか、「これがそうだ」と伝説に言う仏像がそうなのか、だとしたら、誰がどのような事情から生身の女性───それも天皇の后をモデルに造ったのかという考察。薬師寺東院堂聖観音の作者が玄奘三蔵と関係のある人物────ガンダーラ・グプタ朝・中国と、東洋のあらゆる美をわがものとしたという考察など、歴史小説を読むようで興味は尽きない。筆者の奔放な想像力のなせる技だろう。
 焼損前の法隆寺金堂壁画を鑑賞しているのは、なんともうらやましい。筆
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
奈良在住の27歳です。

僕はこの奈良という土地から一歩もですに今まで育ってきた。
だけど、僕は奈良県がずっと好きじゃなかった。

なーんにもない土地。
全然都会じゃないのに、かといって大自然を満喫できるほどの田舎でもない。
田んぼと畑ばかり。

同い年の友人はたいした夢もなく、就職の際も県外へ出たがらない。
若者の遊ぶ場所といえば、イオンのような大型のショッピングモールかパチンコか、せいぜいラブホテルくらい。
ヤンキーにかぶれる友人は、給料をつぎ込み、せっせとクルマを改造する。それも下品に下品に改造するのである。

ようするに、夢も希望もないシケた街。
こんなクソみたいな街ぜったいに早く出てやる!
そう思っていたぼくだけど、人生うまくいかず。。挫折を経験し、結局未だ奈良の人である。

前置きが長くなったが、そんな僕が、奈良を好きになりたい。
そんな思いで手にとったのがの本でした。

一日で読み切りましたが、内容は、正直に言うと、読みにくかった。。
ガンダーラがどうした、グプタ王朝がこうした。。などの歴史的考察が多く出てきます。

しかし、この読みにくさの
...続きを読む ›
1 コメント 144人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
若い頃、店頭でパラパラとページを繰って目に入った写真から、お寺や仏像の紹介本と思ってこの本を読み始めたところ、アジャンターの壁画がどうの、「甲子夜話」がどうの、どこそこに行って風呂がどうの、などと続き、何じゃこれは、と思い棚に戻したことがあった。

今度、改めて通読し、全く違う内容をたいへん面白く読むことができた。それは、初見の時からすれば相応に歳をとったせいかもしれないが、それはさておいて、何が面白かったかといえば、奈良や飛鳥の諸寺院や、博物館を中心に訪れ、そこの建築や仏像などにふれるにあたって、それを取り巻く空間や時間を自由に飛翔し、それらの特質、本質を考究する知的な旅をする、その旅が面白かったのである。

そのような旅をなぜ若き和辻ができたのか。

それは、彼の若くして有する該博な知識に負うところはあろうが、それに加えて、彼の視角が広いこと、そこにあるのではなかろうか。たとえば、伎楽面を巡って、その面が大仏開眼の時にどのように楽と舞において使われたかは勿論、それが作られた天平にとどまることなく、平安、鎌倉以後にも目を移して、猿楽、田楽、能、狂言などとの関係を考察し、その目は、ギリシャ、ペルシャ、ガンダーラ、西域、中国をも経巡り日本へと帰ってくる。評者は才あらず的確に要約できず、そのすごさは本文にあたっていただくほかな
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー