通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
古代日本の情報戦略 (朝日選書) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。プロダクト、ダウンロードコードは使用できません。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

古代日本の情報戦略 (朝日選書) 単行本 – 2016/12/9

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2016/12/9
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,007

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 古代日本の情報戦略 (朝日選書)
  • +
  • 古代道路の謎―-奈良時代の巨大国家プロジェクト(祥伝社新書316)
  • +
  • 道が語る日本古代史 (朝日選書)
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 124pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



159回芥川賞&直木賞 大賞作品発表!
芥川賞受賞 『送り火』 高橋弘希。直木賞受賞 『ファーストラヴ』 島本理生。 特集ページへ

商品の説明

内容紹介

律令制とは徹底した文書管理によって中央集権体制を維持するシステムである。

八世紀半ばには、この駅路の逓送システムが整備されたことによって、中央の命令下達の文書が地方に行き渡り、謀反、東国の蝦夷反乱、飢饉や疫病などの危機情報や地方の状況がすみやかに中央政府に報告され、確実な地方支配が可能になった。

逓送はどのように行われ、駅家はどこに設置されたのか。七道駅路はどう構築されたのか。記録類や出土資料、文学を含めた古代の史料に断片的に現れる駅、駅家、駅家郷を丹念に拾い、その設置と実態を探る。また近年の発掘調査から具体的に見えてきた駅路の敷設工法、駅家の構造など、日本的な駅路の特色を浮き彫りにする。

九世紀初め、駅子の逃亡などで逓送システムは崩壊し、駅路は荒廃する。その後、地方は有力寺社や豪族が分権支配し、都では天皇への内奏で政策が決定される貴族政治が展開する。官僚制による統治システムは早々に破綻し、古代の中央集権体制は長く続かなかった。その過程を駅路を通して読み解く。

【第1部】情報はいかに伝わったか
●第1章 藤原広嗣の乱
1.都を去り、大宰府へ
2.クーデター勃発
3.謀判の結末
4.迅速な危機対応 そのスピードは
<コラム>律令制の情報システム1/駅鈴の管理

●第2章 蝦夷との戦い
1.38年戦争の始まり
2.伊治呰麻呂の乱
3.延暦八年の征東
<コラム>国土を把握する 多賀城碑

●第3章 古代の緊急伝達システム 駅制
1.駅制と古代の法律
2.通信速度と厳しい罰則規定
3.古代のハイウェイ 駅路
<コラム>古代道路の建設

●第4章 駅制の実態
1.古代国家の非常事態
2.外交使節の到来
3.自然災害の報告
<コラム>祥瑞の情報と古代思想

【第2部】緊急情報伝達システムの基盤
●第1章 駅制を支えた駅家
1.駅家を探す
2.駅家はどのように運営されたのか
3.駅子の村
<コラム>情報の信号化1 烽火

●第2章 考古学からみえてきた駅家の実態
1.大路山陽道の豪華な駅家
2.発掘された駅家
3.なぜか特定できない駅家
<コラム>情報の信号化2 音による情報伝達

●第3章 駅家の多様な姿
1.駅家ごとの物語
2.立地からみた駅家の機能
3.駅馬はどこにいた
<コラム>文章と口頭による伝達 加賀郡牓示札

●第4章 駅家を経営する人々
1.謎多き駅戸の集落
2.駅家経営の変遷
3.地名から探る駅家の設置
<コラム>駅家の廃絶 野麿駅家の大蛇伝説

【第3部】律令国家と情報
●第1章 地方支配のための情報
1.律令制以前の情報伝達
2.中央集権国家の成立
3.支配のための情報
4.古代の法廷速度
<コラム>律令制の情報システム2/文書主義

●第2章 情報を求める人々
1.律令制下の私的情報
2.奈良の都の情報収集
<コラム>民間の情報伝達 閻魔大王の使いの鬼を接待した話

●第3章 情報伝達システムの崩壊
1.駅制の弛緩
2.疲弊する駅子
3.駅制の崩壊
<コラム>情報伝達のスピード競争

ほか

内容(「BOOK」データベースより)

壬申の乱に勝利した天武天皇は、中国の律令制の導入に踏み切った。戦塵の中で生まれた律令国家が最も必要としたのは、全土掌握のための緊急通信システム、駅制だった。緊急情報は、文書を携えた駅使らが駅路を疾走、最速で都に届けられた。そのスピードは、現代のロードレースの世界記録に匹敵する。超人アスリートでなくても、誰でもいち早く確実に情報を届ける通信システム。その運用はなぜ可能だったのか。馬小屋の様子など各地の遺跡調査で見えてきた駅家の実態と、文学含め多岐にわたる史料とを照らし合わせ、古代国家体制の駅路設置の真の目的を考える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2016/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022630531
  • ISBN-13: 978-4022630537
  • 発売日: 2016/12/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.5 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 434,416位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

ベスト500レビュアーVINEメンバー
2017年2月20日
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告