通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
古代日本、ユダヤ人渡来伝説 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【保障付】丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。◆簡易クリーニング済。◆迅速に対応致します。◆ゆうメール配送。◆ビニール防水梱包発送。◆ポスト投函。使用感があまり無く、良好な状態です。ページ周辺にやや日焼けがあります。Amazonコンディションガイドに従い「良い」には書き込みがある場合もございます。※万が一検品漏れがございましたらご一報ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

古代日本、ユダヤ人渡来伝説 単行本(ソフトカバー) – 2008/10/23

5つ星のうち 4.0 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 168
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 古代日本、ユダヤ人渡来伝説
  • +
  • 聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史―失われた10部族の謎 (Natura‐eye Mysteria)
  • +
  • 日本書紀と日本語のユダヤ起源 (超知ライブラリー)
総額: ¥4,186
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あなたは、二千七百年前に消えたイスラエルの「失われた十部族」は極東まで行き、
日本人になったという伝説をご存知だろうか。すでにある調査によれば、
アフガニスタンやパキスタン、カシミール、中国、ミャンマーなどに十部族の末裔が
現在も住んでいることが明らかになったという。そして、日本にも「失われた十部族」
とのつながりが見つかっているのだ。

日本・ユダヤ比較文化研究家として、日本各地のユダヤゆかりの地を歩き、
研究を続けている著者は、その証拠をあげる。たとえば、広隆寺の「十善戒」と
「十戒」の共通性や「トラの巻」と「トラー(モーセ五書)」の類似性を紹介。
また、日本の相撲とヤコブの相撲伝説、日本の神輿とユダヤの神輿、
山伏がほら貝を吹く姿はユダヤ教徒が角笛を吹く姿にそっくりだという。

日本には、ユダヤ人が渡来したと思われる史跡や言い伝えなどが数多く残されている。
本書はそれらを写真と資料で読み解く。

内容(「BOOK」データベースより)

あなたは聞いたことがあるだろうか。日本から西に遠く離れたイスラエルという国に住むユダヤ人が、遠路はるばる日本に渡来し、帰化していた、などという話を。過去の歴史において、日本に渡来し、帰化した外国人は多くいる。ユダヤ人が帰化していたからといって、不思議ではない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 229ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2008/10/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569702872
  • ISBN-13: 978-4569702872
  • 発売日: 2008/10/23
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,767位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
神道は日本独自の宗教だと思っていたが、古代ユダヤ教と神道に不思議な一致点がいくつもあることは驚きだ。
おそらくアジア大陸を東に向かった人たちがいて、その中には行ったり来たりする人たちもいてシルクロードになり、東に向かって日本にたどり着いた人たちが宗教や知識を当時の日本人に伝承し、それが日本の神話となり、ユダヤの末梢である渡来人や天皇を中心に国が成長したという可能性は納得できる。またユダヤの神様の系統と日本の神様の系統が似ているのも面白い。
戯れ言と一蹴せずに世界の歴史の流れの一脈として古代ユダヤ教と神道の類似性を学術的に検証して欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぷーこ 投稿日 2016/4/18
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本を読んで日本人の血の中にはユダヤの失われた十士族が流れていると本気で確信しました。諏訪の御柱大祭もユダヤと繋がるのでしょうね。私はこれを読んで諏訪の守矢資料館まで行きましたよ。祭り、神社、天皇家・・・。ユダヤ人は大変優秀な人々が多いので、勤勉な日本人とユダヤ人は実際リンクしているような気がします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この手の話はなかなか検証が難しいのはよくわかりますが、まだまだ隠れた話が多く残っていると考えられるので、今の段階ではまだ文章化は難しいのではないでしょうか。でも、どの段階だろうと、書き残しておくべきお話ではないか、読んでみるべき本ではないかな、と思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
写真が豊富、幅広い内容に対して、解説が具体的で分かり易く、日本人の先祖や伝統が今の時代にも生きている事を実感できました。
ただ後半は、話題が前半と被っている所もありますが、分かり易く素晴らしい内容です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ヘブル語と日本語がこんなに近い意味を持つこと、六芒星や十六菊紋の関連性などワクワクしながら読ませていただきました。
ただ、この関連では数冊しか読んでも調べてもおらず、それでも興味を充分に唆られましたし、これからも調べていきたいと思っております。
素敵な本をありがとうございます。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 「…だそうだ」「…というのだ」「…といわれている」「…という可能性があるのだ」「…のかもしれない」といった伝聞と推量の表現をとおして、本書の主張が、いまだ断定できない、証拠不十分な「伝説」であることを認めつつも、離散したユダヤ人が、はるばる、極東の日本列島に渡来したことを「紛れもない事実」(「エピローグ」227頁)と考える著者は、親日家のユダヤ人と交流し、自らもイスラエルのHebrew Universityで受講したことのある人物である。

 事の信憑性はともかく、寛容な見方をすれば、本書は、日本に親近感を覚えるユダヤ人と、そんなユダヤ人に出会った日本人との友好関係にもとづく、好奇心をそそる読み物として、評価できるであろう。

 税別476円(アマゾンでは、書籍だけは送料無料!)で、全十章にわたる、様々なトピックを展開してくれるのだから、ユダヤ人や、ユダヤ教に関心のある人ならば、読んでみたくなるのではないだろうか?
私も、この道の研究者ながら、好奇心に負けてしまい、「注文を確定」してしまったのだった!

***~*~***

…どうしても気になる問題点が少なからず、みられるので、以下にそのいくつかを指摘させていただきたい:

(1)まず、ユダヤ教において最重要の、唯一の神
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者はヘブライ大学に学んだ日本人。
内容的には、日ユ同祖論の初級的なメモリスト。
何の知識もない人には、面白いかも・・。
   

明治初期からの膨大な知見に、著者自身がまだついて行けてない・・。

せっかく、ヘブライ語の読み書きが出来るのだから、
今後は、
類書と異なった視点、
 例えば、
  ユダヤ人の側の資料を掘り下げるとか、
  ユダヤ人の習慣にかいま見える類似性の指摘だとか、
といった視点で、上梓される事を期待しております。

それから、
 国歌が”単調”、というのは”短調”の誤りでしょう。
 これ、多くの読者には気付かれにくいですよ。
 誤字が多いようですね。
 論旨が曖昧なのも残念。

なにより、タイトルが”・・・伝説”というのは・・・。
”伝説”とは語義が適切ではありませんし、
自信のなさが見えてしまいます。

著者自身のイスラエルでの話はおもしろい。
ヘブライ語ぺらぺらの様ですから、
 今後の著作におおいに期待しております。

コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー