通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
古代天皇家と日本正史―現人神と万世一系の超秘密 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、小口に汚れがあります。若干、カバーに汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

古代天皇家と日本正史―現人神と万世一系の超秘密 単行本 – 2004/10

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 58

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 古代天皇家と日本正史―現人神と万世一系の超秘密
  • +
  • 日本人ならぜったい知りたい 十六菊花紋の超ひみつ  ユダヤと皇室と神道 (超☆わくわく)
  • +
  • 日本とユダヤの超結び なぜ日本中枢の超パワーは「天皇」なのか 中心を持つ国・核を抱く民がけっして滅びない宇宙的理由!(超☆わくわく)
総額: ¥5,724
ポイントの合計: 109pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

国際陰謀と血みどろの王権争奪。真実を踏みにじった古代皇室と日本歴史にまつわる闇のすべてをここに吹き払う…他の歴史書では決して読めない目からウロコの衝撃事実と情報満載。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中丸/薫
国際政治評論家。コロンビア大学政治学部、同大学院国際政治学部、同東アジア研究所卒業。70年代より、世界のトップリーダーをインタビューするジャーナリストとして活躍。’74年にはニューズウィーク誌テレビ特集版で、「インタビュアー世界NO.1」の評価を受け、ワシントンポスト誌でも「時の人」として取り上げられる。各国大統領や国王との対談を行ったり、数々の国際会議に出席するなど、民間外交を積極的に展開。旧ソ連、北朝鮮、韓国、イランなどから、国賓待遇で招待を受けている。また、「太陽の会」を主宰し、「中丸薫のワールドレポート」を発行するなど、国際政治の大衆化を目指した活動を続けている。74年より通産省審議委員、’80年より外務省「海外広報」評議委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 302ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2004/10)
  • ISBN-10: 419861928X
  • ISBN-13: 978-4198619282
  • 発売日: 2004/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 280,343位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 2004年9月出版「古代天皇家と日本正史」中丸薫著は、1998年10月第1版「興亡古代史―東アジアの覇権争奪1000年」小林恵子著に似ており一部パクリ?のようだが、中丸薫女史は堀川辰吉郎の娘で自称明治天皇孫・国際政治評論家とあり歴史研究・作家ではないのでプロローグ、エピローグ及び結論は中丸薫女史自身が書き、前記小林恵子著及びその他の著書と丸秘の皇室関係資料等を参考に複数のゴーストライターが書いた書籍と思われるが、従来の日本古代史ファンにとって古代日本の天皇たちが朝鮮半島の人物と同一だとするトンデモな内容ばかりでちょっと信じがたい古代天皇家の日本正史であり、主なポイントをまとめると下記のようになるが、今後の購読者の参考になれば幸いです。
 尚、下記の「教祖様にツッコミを入れるページ」ブログに中丸薫著書にツッコミがあるので参考にして下さい。  […]

① 「大化の改新」と呼ばれる蘇我氏滅亡の流血クーデター事件の根源は、聖徳太子の没後に発生した後継者争いにあり、唐、高句麗、百済、新羅を巻き込んだ東アジアにまたがる大動乱の一環で、百済と高句麗が大きく絡み、百済・義慈王の密命を帯びて百済の太政大臣智積(藤原鎌足)が来倭し、亡命した百済王子・翹岐(百済・武王の子=中大兄皇子=天智天皇)を利用して政府転覆を図ったもので、黒幕は高句麗の将・蓋蘇文(百済・武王の子=
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一般的な歴史観からすると、驚愕する内容がちりばめられている。かつて、桓武天皇の母は渡来系の氏族を祖とする高野新笠というニュースが出ておりましたが、さらに突っ込んだ内容です。日本書記、古事記では伝えなかった天皇家の秘密があますところなく、まとめられております。学校やマスコミで教えられていない内容ですが、読み進めるうちに納得できるから不思議です。「天皇家の出自」をテーマとして本は無数に存在しますが、本書のインパクトは群を抜いております。内容をお伝えすると、読む楽しみが半減してしまいますから、この程度にて。日本が世界に誇る最大の歴史は国を代表する血筋が継続していることだと思いますので、日本のアイデンティティを確認する上で避けて通れないテーマです。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
7C頃の血なまぐさい天皇家のことが、つまびらかに述べられている。

これが事実に近いんでしょうねぇ〜。

今までの歴史認識が覆されます。

そういやぁ〜何か説明がつかないことが多すぎでしたもんね。

そのへんが、よくもまあここまで、と著者の力量にただただ感心しきりです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 KA 投稿日 2012/1/7
形式: 単行本
この本は、騎馬民族制服説を前提に捉えた本です。

数十年も前に流行って、現在では支持者はいないような説を唱えている時代にそぐわない本ですが、興味深くはありました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告