この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

古井戸ライブ(紙ジャケット仕様)

5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

メールマガジン購読:J-POP関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、J-POP関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら



キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2005/12/21)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: バップ
  • 収録時間: 90 分
  • ASIN: B000BV7SUI
  • EAN: 4988021845151
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 270,630位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 落葉の上を
  2. 雨の日の街
  3. 待ちぼうけ
  4. ひな祭り
  5. バラ-ド
  6. ちどり足
  7. あの娘が結婚してしまう
  8. インスタントラーメン
  9. うそつき
  10. ポスターカラー
  11. 何とかなれ

ディスク:2

  1. らびん・すぷんふる
  2. 東京脱出
  3. びしょぬれワルツ
  4. おいてきぼり
  5. 年の瀬
  6. 讃美歌
  7. おやすみ
  8. もうねむたいよ

商品の説明

内容紹介

73年・渋谷公会堂での第3回古井戸リサイタルの実況録音盤。
初CD化。2枚組。

メディア掲載レビューほか

1973年に行われた渋谷公会堂での`第3回古井戸リサイタル`の実況録音盤の初CD化。全14曲を収録。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
エリックから発売された、1973年のライブ盤。

僕が高校1年の時に購入したレコードを久し振りに開いてみると、解説入りの歌詞カード。

コードが掲載されていたので、毎日レコードに合わせてギターの練習をしていました。

それが、レコード盤の多くのキズに表れています。

当時のヒット曲は、「さなえちゃん」や「ちどり足」。このヒットがあったから、僕も、このライブ盤を購入したと思いますが、彼らの持ち味は、それ以上のもの。

「らびん・すぷんふる」や「ポスターカラー」なども代表曲。

いやいや、なんと言っても加奈崎とチャボこと仲井戸麗市のギターだけで、充分に楽しめます。

小さなフォーク喫茶でしみじみ歌われる光景と、そこで弾かれるギターの音。

しんみりと語られるチャボの詩「讃美歌」。

ライブを聴いていると、70年代の生活が滲み出すように湧き出てくる一枚です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
今も、泣けます。
加奈崎さんのボーカルとチャボのギターが奏でる
切なくて、愛おしいラブソング達。

「僕はこの街が嫌いです
暮らしをよぎる淋しさに
耳をかそうとも しないのだから」

「こんな小さなポスターカラーで
君を想い出しました」

都会の片隅で、夢を追って生きる若者の
等身大の姿が彼らの歌に詰まっていました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
古井戸を聴いていると、学生時代、四畳半で生活しているころを思い出します。「ごろ寝」「インスタントラーメン」「ちどり足」「ポスターカラー」など、古井戸の代名詞のような曲をライブで味わって聴けます。ちょっとセンチメンタルで、ちょっとラジカルで…、。 
それから、女性ファンが大変多かったことが、改めて聴いていてわかります。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 1977年だったか、高円寺の次郎吉で一度だけ古井戸のライヴを観た。
 解散が迫っていたからか、何か、あまり良いパフォーマンス(昔は、フォークもコンサート、リサイタルと言った)ではなかったような憶えが。
 
 1973年、渋公での実況録音。
 神奈崎芳太郎のMCが長くて声が明るいので、これはまだ蜜月時代だったと思われる。観客の歓声も黄色い声主体で、まるでアイドル。
 しっかし、神奈崎って、この頃とソロになったばかりの頃って、マジに良いヴォーカリストだった。
 神奈崎の精力絶倫風の、魂を振り絞るようなガナリと、チャボのナヨッとしたへろへろのヴォーカルという好対照が、このデュオの目玉。

 ついつい、ポップでヴァラエティに富む3枚目『ぽえじー』(何故、平仮名なのか。古井戸は清里ペンション・ブームと根底で連結していると仮説を立てたくなる)収録の曲と聴き比べをしてしまう。
 1は名曲「落ち葉の上を」なのだが、始まったばかりで出し惜しみしたか、もっとライヴっぽく荒々しいプレイにすれば良かったのに。
 チャボが私小説的世界観を活き活きと唄う7「あの娘が結婚してしまう」における客席の反応に着目。まるでアイドルだ。
 「四畳半フォーク」と言えば、かぐや姫の「神田川」が挙げられるのが哀しいが
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
当時、チャボがライブにおいて号泣しながら唄う「賛美歌」について賛否両論があがりました。私は肯定派でした....しかし、歌詞の内容がねぇ。自殺者が急増する昨今。んんん....やや厳しいかも。ちなみ、この曲、というより詩の朗読に、武田“金八”鉄矢さんが深く関わっております。たしかに、「母に捧げるバラード」の香りがしますねぇ。展開が....チャボの世界というより学生時代に女性に振られ続けてきた武田さんの世界なのかな?(特に、スタジオ盤とは異なる冒頭部分が)....思いキリ泣きたい時に、このアルバムの「賛美歌」は最適!!!でも.....けっして早まった行動はとらないで下さいね。(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック