¥ 1,037
通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
古事記 (岩波文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

古事記 (岩波文庫) 文庫 – 1963/1/16

5つ星のうち 4.1 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 140
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,037
¥ 1,037 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 古事記 (岩波文庫)
  • +
  • 日本書紀〈1〉 (岩波文庫)
  • +
  • 日本書紀〈2〉 (岩波文庫)
総額: ¥3,759
ポイントの合計: 116pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

8世紀初めに成立した現存するわが国最古の歴史書・文学書。数多い口伝えを、天武天皇が稗田阿礼に命じて覚えさせ、元明天皇が太安万侶に書きとめさせたもの。天地開闢に始まり、伊邪那岐命、伊邪那美命の国生み神話、須佐之男命の大蛇退治等、神代より推古天皇に至る皇室の系譜を中心に、わが国古代の神話・伝説・歌謡を広範囲に収録。

内容(「MARC」データベースより)

8世紀初めに成立した現存する日本最古の歴史書・文学書。天武天皇の命により稗田阿礼が覚えた口伝を元明天皇の命により太安麻侶が書きとめたもので、天地開闢に始まり、イザナギ・イザナミの国生み神話、スサノオノミコトの大蛇退治などの伝説・歌謡を収録。
--このテキストは、単行本版に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 342ページ
  • 出版社: 岩波書店; 改版 (1963/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003000110
  • ISBN-13: 978-4003000113
  • 発売日: 1963/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,155位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
あくまでこれは2007年以降の新版についての評価です。
倉野憲司氏の校訂本文自体はよいものです。倉野氏は岩波の古典大系や、『古事記全註釈』などで確かな研究成果を残した高名な研究者ですので、本書の校訂本文自体は「定番」といってよい価値を持っています。
ですので、活字時代の旧版岩波文庫『古事記』は確かに良書でした。
が、2007年の改版以降のものはひどい。
文字が大きくなって見やすくなった、という触れ込みでの改版でしたが…
確かに見やすくは成りましたが、あり得ない誤植が多すぎます。おそらくOCRで旧版のものを読み込んで電子化した後、本文にいくらかの修正を加えはしたものの、十分なチェックもしないまま出版したのでしょう。
たとえば19頁の神名のルビ、「うひぢに」「すひぢに」が正しいのに、「うひぢこ」「すひぢこ」になっているのは失笑もの。(読み込み元の活字がかすれてたんでしょうな…)
流石にこれは現行の最新版(81刷)では直されているが、直っていないところも多々ある。
81頁8行目「故。」は「故、」が正しい。(「故」一字で文が終わるかいな)
94頁の11行目「射使し」は「射返し」が正しい。(旧版ではルビが附してあったので間違えようがないところだが、新版はわざわざルビを廃して、あげく間違えている。理解不能
...続きを読む ›
コメント 197人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は角川版と岩波版しかありませんが、これから買う人は、
岩波版をオススメします。
原文、歌謡索引、参考文献もついてるし、注釈も適度。
できればもう少し振り仮名を増やして欲しかったのと、
異論があれば、注で付記してほしかった。
手頃な値段でこれだけの内容であれば、特別な研究者でなければ良いと思う。
ついつい手元に欲しい、一冊です。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 いわゆる現代の口語文ではないのですが、明治大正期の小説が読める方なら、問題なく読めると思います。わかりにくい表現には注釈も添えられているので、大きな問題はないでしょう。

 かえって、若年層向けの現代語訳で古事記を読むと面白くないだろうと思います。つまり子供向けには書けないような表現が多い。意外と直接的で、また、非常におおらかな神話だなあ、と興味深く読めてしまいます。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
随所に注が施されているので現代語訳がなくてもわりと読みやすい。
一部解釈がちがってる・・・?と思うような箇所もあるけれど、へたに
全訳モノを読むよりも正確な理解が出来ます。
意味にあわせて原文の万葉仮名を、現代の漢字に改めているところもある
けれど、うしろには書き下していない原文も載せてあるので、実際のところも
確認できます。
古事記をこれからきちんと読もうとする人に、価格的にもサイズ的にも
この本をおすすめします。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
昨年秋、近所の有名な神社の境内で神楽大会が開催された
ので見に行ったら、そこでヤマタノオロチを上演していてとて
も感動したのですが、その解説のスピーチで「この物語は、
古事記に出ています」とのこと。

そこで、早速購入して読んでみたのですが、古文の苦手な僕
にとっては極めて難解。日本人として生まれた以上、一度は
読破したいと心に決め、読み進めましたが、注釈がいくらあっ
ても理解不能な箇所も多々あり読破までとても時間がかかり
ました。

神代における国造りや因幡の白兎物語等、そして皇室の系
譜解説...意外にも、神様や皇族の方々は性に対しておおらか
であり、またいさかいも多く、人間的な側面もかなり垣間見え
ました。

今後、教科書等でも積極的に取り上げ、日本の成り立ちを教
えてほしいものだと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
岩波文庫の原文版『古事記』である。一応注釈がついているが、全くの原文なので難解な古文の読めない一般人には廉価だという以外にメリットはないと思われる。各出版社から出ている現代語訳と併せて利用すれば良いかもしれないし、逆に現代語訳で『古事記』を読んだことのある方ならば、原文版として揃えておくのに適当かもしれない。講談社学術文庫から出ているものは三巻本であるが、原文と全訳注がついているので「これから古事記を」という方には、むしろ学術文庫版の方をお勧めする。ちなみにこの岩波文庫版には、活字の大きいワイド版がある。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック