中古品
¥ 450
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。経年による使用感はありますが、特に大きな損傷や大きな汚れ等なく概ね良好です。全品検品をしておりますが見落としによる書き込み、汚れ等が数ページ程度ある場合がございます。付属品付の商品の場合別途記載がなければ付属品が付いていない場合がございますので詳細をお問い合わせください。コンディションガイドラインに明確に違反している場合には返金をいたします。御注文確定後、2営業日以内にゆうメールにて発送します。地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。170619
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

取り戻せ、日本を。 安倍晋三・私論 単行本 – 2013/2/9

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 450
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あたかも外国が支配していたかのような、売国的な政治が終わり、「日本を取り戻す。」と政権公約した安倍総裁率いる自由民主党が、再び政権の座に就きました。しかしながら、手放しで喜ぶのは、まだ少し早いかもしれません。残念ながら、日本を取り巻く内外の環境は、依然として厳しいからです。
わが国は、いまなお国難にあります。正直に申し上げれば、かつて安倍総理が退陣に追い込まれた5年4カ月前と比較して、日本の状況は、むしろ悪化しています。
再び政権の座に就いた自民党の安倍総理が果たすべき課題とは何か。安倍内閣を待ち受ける試練とは何か。それらを、若い読者にもわかりやすく書いたのが、本書です。昨年(平成24年)12月の総選挙で初めて安倍さんのことを知ったし、論壇誌など読んだこともない――そうした若い世代の方々にも、ご理解いただけるよう努めたつもりです。(渡部昇一/「まえがき」より抜粋)

内容(「BOOK」データベースより)

脱却すべき「戦後レジーム」とは何か。再び、政権の座に就いた安倍総理が果たすべき課題とは何か。安倍内閣を待ち受ける試練とは何か。「今回の総選挙で、初めて安倍さんを応援した」そんな若い世代の方々にも理解してもらえるよう努めました。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 204ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2013/2/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569810888
  • ISBN-13: 978-4569810881
  • 発売日: 2013/2/9
  • 梱包サイズ: 19 x 12.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 440,540位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
もともと渡部昇一氏の本はよく読んでいました。渡部昇一氏はブレない精神の持ち主だと信頼しているので、安心して読めると思い、購入しました。
今の日本は安倍総理という稀に見る強い総理大臣を持ち、日本の未来は明るいのだと希望を持たせてくれる本でした。
私はこれまで政治のことには関心がありませんでしたが、今は政治のことに強く関心を持つようになり、ニュースや新聞をよく見るようになりました。
安倍晋三氏という人物がどれだけのことを成し遂げてくれるのか、期待でいっぱいです。
この時代に生きていてよかったと思っています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
やはり自分の国には愛国心を健全にもちたいと思った。第1次安倍内閣では、教育基本の改正、防衛省の昇格、国民投票法の成立という今までの首相が成し遂げることが出来なかったことを1年で成立させた業績はすごいと思う。第2次安倍内閣では前回やり残した宿題の法案を成立させてほしいと思う。具体的には憲法改正や国防軍の成立だと思う。今まで日本の政治は漂流しているので、安倍首相で漂流を止めて、美しい国づくりを推進してほしいと思う。ちょうど、自分の母校でもある成蹊学園100周年を迎えた年に成蹊大学出身者が日本のリーダに再びなったので期待しています。
1 コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 金吾庄左ェ門 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/2/9
形式: 単行本 Amazonで購入
 著者が、安倍政権が何をすべきか日本はどうするべきかと言う事について、大きな期待をこめて描いています。以前に政権を去ってから、5人の総理が誕生し何をして行ったかを考えると、安倍晋三という人の責任は決して小さくはなく、この期待はあの時の責任を果たしてほしいという声でもあると思います。
 東京裁判史観を脱却し村山談話や河野談話をゴミ箱行きにするのは当然ですが、国家の基本法である憲法を改めてもらわなければなりませんし、特定の国に配慮し続けてきた、外交・防衛・教育のあり方も変えてもらわなければなりません。民主党がやろうとした、脱原発政策や外国人参政権も絶対に止めてもらわなければなりません。
 安倍政権の前には、やるべき事(果たすべき責任)が大きな山のようにそびえ立っていますが、それを乗り越えた時こそ、「戦後レジームを脱却」し「美しい国日本」が復活するのだと思います。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 waka 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/2/12
形式: 単行本 Amazonで購入
アメリカは、戦後、日本を弱体化するために、戦前の日本を「右翼ファシズム」と貶める日本人洗脳計画を実施した。その後、日本人自身が「戦前の日本は暗悪だった」という「戦前暗黒史観」を蔓延させ、マッカーサー自身が「あの戦争は日本の侵略戦争ではなく、自衛戦争だった」と公の場で認めた後も、日本人を縛りつけてきた。その長い呪縛から日本を脱却させられるのは安倍総理しかいない、との熱い期待が読み取れます。
「日本を、取り戻す」とは、正しい歴史認識を持つということである。「日本悪しかれ史観」が外交の敗北を起こし続け、国家を弱体化させてきた。近年、中国や韓国の傍若無人な振る舞いの数々で、ようやく多くの日本人が目覚めてきた。また、左翼マスコミの情報操作にも気付く人が増えてきた。日本人自身が「戦後レジームからの脱却」に目覚めてきたといえる。
著者の渡部昇一氏は、戦前の日本が明るく立派だったことを知っているので、「東京裁判史観(日本悪しかれ史観)」に支配された政治家たちがこれまでいかに国益を損ない、日本を弱体化させてきたかを熟知している。だから今回、国益を守り抜く姿勢を貫く稲田朋美氏や下村博文氏が入閣したことを歓迎している。そして、再び政権の座についた安倍総理が果たすべき課題を熱い思いで語っている。多くの人に読んでもらいたい書です。
ただ、「現行憲法は改正するのではなく、いったん廃棄して新憲法を発表すべき」という意見は、より困難にさせ実現が遠くなるのでは…と思いました。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 渡部昇一先生の著書はこれまで30冊以上は読んでいる大ファンです。が、ファンの立場からこその苦言を敢えて。

まず安倍首相礼賛は、先生のかねてよりのお立場から当然であるとしても、一冊の本にするには内容が乏しい。途中、穴埋め的に語られる東京裁判批判や民主党批判、原発支持論も全て他の著書で読んだ内容の繰り返しでした。

 渡部昇一愛読者の私にとって新ネタは94ページにある「藤原氏の女子の特徴は、名前に必ず「子」がつくことです。」のくだりと、115ページに出てきた「烏滸の沙汰」という言い回しくらいでした。

 これは恐らく出版社側の責任ですが、時流に当て込んだ安易な作りの本という印象が否めません。
1 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告