Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 660
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[美野晶]の叔母とぼく -甘美な同棲- (竹書房ラブロマン文庫)
Kindle App Ad

叔母とぼく -甘美な同棲- (竹書房ラブロマン文庫) Kindle版

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 660
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713 ¥ 535

商品の説明

内容紹介

大学入学をきっかけに、母方の叔母・奈都子と同居を始めた大前亮太。美人のうえスタイル抜群の叔母は亮太にとって憧れの存在だった。しかし、奈都子にとって彼はしょせん甥っ子。四六時中子供扱いされ、亮太は秘めた恋心を口に出せない。それでも、大学や下宿生活を通じて様々な女性と体を重ねた亮太は、次第に本気で最愛の叔母を自分のものにしたいと願い始める。そしてついに、想いを告白したのだったが…!?気鋭の俊才がおくる青春官能長編の傑作。

内容(「BOOK」データベースより)

新生活の始まりは、抑えがたい欲望と煩悩に満ちた悶々ライフの幕開けだった―!大学入学とともに母方の叔母・奈都子との同居を始めた大前亮太。若々しく、美人でスタイル抜群の叔母は亮太にとって憧れの存在だったが、奈都子にとって彼は所詮甥っ子。何かにつけ子供扱いされ、亮太は彼女への秘めた恋心を口に出すことが出来ない。しかし一方で、再会した高校の美人先輩や爛熟人妻、魅力溢れる女子大生たちと官能の関係を重ねるうちに、次第に最愛の叔母への本気の思慕が高じていき、ついに禁じられた想いの丈を告白するのだが…!?熱く瑞々しい恋情の行方を濃密に描く青春ロマンの決定版!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 618 KB
  • 紙の本の長さ: 177 ページ
  • 出版社: 竹書房 (2010/2/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00LN8JMHU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 M.M 投稿日 2015/12/24
形式: 文庫
若くて美人でグラマーな叔母と同居している主人公の大学生が、
叔母への禁断の想いに苦悩しつつ、
いろんな女性と肉体関係を持っていき、
最終的に叔母と一線を越えて相思相愛になる話です。

第一章では高校時代の憧れの先輩(恋人と遠距離恋愛中)と再会し、彼女に童貞を奪ってもらいます。
第二章では叔母の知人でもある人妻に誘惑されて激しく交わります。
第三章と第四章では、空手をやっていてボーイッシュだが根はウブな大学の先輩(処女)と、
その親友で、普段は清楚なイメージでおっとりしているが、淫らな裏の顔を持つ先輩を相手に、これまた激しい絡みを見せてくれます。
そして第五章から、風呂あがりに勃起した肉棒を叔母に見られてしまったのをきっかけに、
叔母との関係が徐々に動きだします。
第六章で葛藤の末に叔母と結ばれて以降は、
もうほかの女性には一切目もくれず、ひたすら叔母一筋のラブラブな展開になります。
もちろんメインヒロインである叔母は十分すぎるほど魅力的ですが、
叔母以外のヒロインのほうが個人的には好みだ、という人には
若干物足りないかもしれません。
しかし、文章は文句なしにエロく、終始そそられます。
ちなみにヒロインは五人全員が巨乳です。
明るい官能小説が好きだという方には絶対におすすめです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DSK トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/3/8
形式: 文庫
まだ2作目なのに愛情豊かで楽しく、そして官能成分も濃厚な小説を書く作者と感心した。同居する叔母の【奈都子】を筆頭に可愛い女性が多数登場しては甘い言葉を交わしており、男としてはハマったらかなり萌えてしまう嬉し恥ずかし要素がある。一部を除いてヒロイン達が少し子供っぽいかもしれないが、脂っ濃い熟女モノばかり読んでいると何だか癒される可愛らしさに溢れた作品である。

【美穂】2歳年上の保母さんで高校時代の先輩。筆下ろしの相手となる。高校の頃の経緯があるので唐突に結ばれても違和感があまりない。女神のような菩薩のような優しさに溢れ、主人公の良き相談相手になる。【恭子】人妻。こちらは奈都子の元同期。奈都子とは正反対の派手でセクシーで自由な人。お色気たっぷりに主人公を誘惑する。後半で活躍する場面あり。【柚】大学の先輩。男勝りだがしおらしい一面も見せる生娘。主人公の甘い言葉に蕩けて(精神的に)堕ちるのが早いようにも思ったがギャップ萌え要素あり。【小夜子】大学の先輩。柚の友人だが反対に清楚な人。しかし、官能スイッチが入ってからのギャップは最も激しく、まだ若いのにマニアックな経験もある。

上記の4人はみな同じマンションの住人で巨乳。こうした関係を経てもなお揺るがない叔母への愛情を自覚した主人公が態度を決め、その真意を知って驚愕しつつも甥っ子と体を合わせる覚悟を決
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover