この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

収縮する世界、閉塞する日本―POST SEPTEMBER ELEVENTH 単行本(ソフトカバー) – 2001/12/25

5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

村上 龍は911に何を見たか
収縮する世界、閉塞する日本 POST SEPTEMBER ELEVENTH

【はじめに】村上 龍
 九月十一日以降の世界を考えるときに注意しなければいけないのは、九月十一日以前のことを忘れがちになるということだ。あのテロですべてが変わったのだと思いがちだが果たしてそうなのだろうか。

 あの衝撃的なテロは狂信者の気まぐれによるものではない。周到な計画と準備がなければ不可能なものだった。なぜあのようなテロが起こったのか。また、なぜあのようなテロを実行する人々がこの世界に存在するのか。その問いに正確に答えられる人はおそらくいないだろう。

 二〇〇一年の九月十一日、わたしはイタリアのパルマにいた。ボローニャに小旅行をしてパルマのホテルに戻ってきて、あの衝撃的な映像を見た。翌十二日の飛行機で日本に帰る予定の同行者がいて、彼らはパニックになっていた。飛行機に乗りたくないと言うのだ。実際に欧州線の大西洋便はすべてキャンセルになっていた。CNNで繰り返し映し出されるワールドトレードセンターの映像を見て、わたしは足下が崩れ落ちるような衝撃を感じたが、九八年にビン・ラディンが出したファトワを知っていたので他の日本人のようなパニックには陥らずに済んだ。

 翌十二日のミラノ・東京便に乗るのをためらっていた友人たちに、だいじょうぶだ、とわたしは言った。おそらくアラブの過激派が実行したテロで、狙われたのはアメリカの国内線で、ターゲットはアメリカ資本主義と軍事施設の象徴だったから、ミラノ・東京のアリタリア便が狙われることはない、そう言った。九月十一日には世界中の人が衝撃を受け、多くの人がパニックになったと思う。パニックになるのを防ぐためには情報が必要だ。九月十一日にイタリアのパルマに滞在していた日本人に必要だった情報は、十二日のミラノ・東京便は果たして安全かどうかというものだった。それは、同時多発テロがなぜ起こったのかという疑問に結びついている。

 あの同時多発テロはなぜ起こったのか。その問いは、アメリカの空爆が始まってから何かどうでもいいことになってしまった。文明世界を破壊しようとする野蛮で狂信的なリーダーとそのグループ、そして彼らを匿う国家がある。彼らを打ち負かさなければならない。そのためにはまずアフガニスタンという国の、実効支配者であるタリバンを崩壊させなくてはいけない。そういったロジックで、タリバンへの攻撃は始まった。

 タリバンを実際に攻撃したのはアメリカ軍やイギリス軍ではなく、タリバンに敵対していた北部同盟という武装勢力だった。アメリカの軍事行動は、内戦という形になったわけだ。北部同盟は空爆の支援を得て、あっという間に北部、西部の都市と首都のカブールを制圧した。政治組織としてのタリバンの崩壊が伝えれると、国際社会・メディアの話題はタリバン後のアフガニスタンに移った。現在のトピックスは、アフガニスタンの新政権が複数の民族を代表するものでなければならず、調整は難航しそうだというようなものだ。あの大規模なテロはなぜ起こったのか。すでにメディアはそのことを話題にしない。

 だが、なぜあの大規模なテロが起こったのかという問いを決して忘れようとしない人もいる。その代表はアメリカのペンタゴンや政治家の中の、強硬派、あるいはタカ派と呼ばれる人々だ。彼らの多くは一部のモスリムがアメリカをイスラム化するために攻撃してきたのだと思っている。彼らの多くはモスリムを嫌っている。自分たちとは相容れない価値観がモスリムにはあり、アメリカに従わない国はすべてテロリストの温床だと思っている。彼らの中には、テロを根絶するためには次にイラクを攻撃すべきだという主張が出始めている。

 イスラムの穏健派、中道派の人々も、なぜあのような大規模なテロが起こったのかという問いを決して忘れることがないだろう。彼らは、テロの背後に湾岸戦争とパレスチナ問題があるのを知っている。ペンタゴンのタカ派とイスラム諸国の穏健派は、アメリカの空爆とタリバン政権の崩壊、そしてアフガニスタンの新政権樹立でテロが収束するとは思っていない。(後略)

内容(「BOOK」データベースより)

「同時多発テロ」はなぜ起きたのか。書き下ろしエッセイ+緊急討論集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 205ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (2001/12/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140806583
  • ISBN-13: 978-4140806586
  • 発売日: 2001/12/25
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,875,799位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2002年3月9日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2002年11月26日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2002年4月14日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2002年2月25日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2002年1月6日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告