¥ 2,700
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
反逆の神話:カウンターカルチャーはいかにして消費文... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

反逆の神話:カウンターカルチャーはいかにして消費文化になったか 単行本(ソフトカバー) – 2014/9/24

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1,943

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 反逆の神話:カウンターカルチャーはいかにして消費文化になったか
  • +
  • 啓蒙思想2.0―政治・経済・生活を正気に戻すために
  • +
  • 資本主義が嫌いな人のための経済学
総額: ¥8,964
ポイントの合計: 268pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

カウンターカルチャーは、本当に社会を変えられるのか?

消費社会への批判と、その影響を受けた運動は、現実に問題を解決してきたか。資本主義に根ざす現代社会は様々な問題を抱えているとはいえ、それを根こそぎ否定してしまうことに問題解決の道はない。人びとの協力を引き出すために具体的な制度・ルールの設計こそが求められている。異色の哲学者ヒースとポッターのコンビが、カウンターカルチャーの矛盾を徹底的に暴く。

著者について

【著者】
ジョセフ・ヒース:1967年、カナダ生まれ。哲学者、トロント大学教授。
著書に『ルールに従う』『資本主義が嫌いな人のための経済学』(ともにNTT出版)などがある。

アンドルー・ポター:1970年、カナダ生まれ。コラムニスト・編集者。

【訳者】
栗原百代(くりはら・ももよ):翻訳家。
訳書に『資本主義が嫌いな人のための経済学』(NTT出版)などがある。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 433ページ
  • 出版社: エヌティティ出版 (2014/9/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757143206
  • ISBN-13: 978-4757143203
  • 発売日: 2014/9/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 232,905位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
一見読みやすいが、難解な書物である。現代の消費社会への警鐘のようにも見えるがそうではない。
副題にあるカウンターカルチャーへの応援歌とも読めるがそうでもない。
しかし、現代の資本主義を支持しつつも、その弊害を取り除く方法を様々な角度で考察している。
いずれにせよ、経済学の豊富な知識を活用しながら、様々な考察ができる良書である。

関心を持ったところを幾つか紹介する。
「国が豊かになればなるほど、経済成長がもたらす平均的幸福度の改善が小さくなっていく。」
「ヴェブレンによれば、消費主義の本質は囚人のジレンマだ。消費主義の勝者は誰もいない。」
「カウンターカルチャーも消費主義も、同根である。それは、主流主義の拒絶を目に見える形で表明するやり方だったが、同時に自分の優越性の再確認である。」
「カウンターカルチャーは、アメリカ中流階級の価値観の発展の一段階である。消費者の主観という20世紀のドラマの波乱含みの一挿話である。」
「広告は、人を無防備にする欲望すなわち競争的消費を引き起こす欲望である。広告主はさながら武器商人だ。」
「税制の簡単な変更が、広告の抑制に貢献することができる。」
「先進国と途上国の自由貿易へのカウンターカルチャーからの批判は、グローバル化が文化に与
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
既刊書『資本主義が嫌いな人のための経済学』では、経済的な右派・左派のそれぞれがはまっている誤解を指摘したヒースが、本書では(カウンター・カルチャー的思考を持つ)文化的左派の企ての無益さをクリアに論じています。

基本的な主張は、「部分的に不具合があるからといってシステム自体を放棄していまうのは間違っており、有害ですらある」ということになると思います。ラディカルな左派は、制度改革のような部分的な取り換えは表面的だとし、穏健的左派(?)を批判し制度そのものを否定しようとします。が、実際に生活の改善に役立ってきたし本当に必要なのは、制度の欠陥の補修ということが本書を読んでよく理解できました。<
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 表紙にあしらわれた、ゲバラの顔とREVOLUTIONの文字がプリントされたTシャツに、ちょっと心惹かれてしまった。
 確かにカウンターカルチャーは消費文化ですね。
 高橋源一郎の感想を聞きたいと思った。
 日本でこういう本を書かせるなら、私は宮台真司が適役だと思います。彼がこういう本を書いたら、買います。
 ちなみに原題はTHE REVEL SELLです。邦題は悪くないけど、例えば『造反有利』なんてどうでしょうか。
1 コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
これ、面白いですよー。とっても、読みやすい。日本でもあるよなあ、こういうこと、あるあるって思いながら読みました。アメリカ発のカウンターカルチャー(と、政治的不毛)の謎が解ける!そしてつねに局地材であるという「趣味のよさ=クール」の謎も…。何より、こんなふうに軽妙な、でも軽薄でなく、人間味あふれる語り口には感動するしかありません。
音楽が好き、映画が好き、文学が好き…政治はちょっと左かな?っていう人にこそ読んでもらいたい、目が醒めるような一冊。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告