中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

反転―闇社会の守護神と呼ばれて 単行本 – 2007/6

5つ星のうち 4.4 118件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 823 ¥ 81

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

数々の事件を手掛けた伝説の特捜エース検事は、なぜ闇社会の代理人となったのか。極貧の幼少時代から、弁護士転身後に親交を深めた安倍晋太郎ら政治家との秘話、裏社会に広がる黒い人脈、七億円のヘリコプターや豪華マンションを棟ごと購入したバブル時代の享楽まで赤裸々に告白。石橋産業事件で許永中とともに、現在服役中の男の衝撃的な自叙伝。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

田中/森一
1943年長崎県生まれ。岡山大学在学中に司法試験合格。71年検事任官。大阪地検や東京地検特捜部などで活躍し、伝説の辣腕検事として名をあげ、88年弁護士に転身。2000年石橋産業事件をめぐる詐欺容疑で東京地検に逮捕、起訴され、現在服役中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、文庫版に関連付けられています。


登録情報

  • 単行本: 410ページ
  • 出版社: 幻冬舎; 第11刷版 (2007/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344013433
  • ISBN-13: 978-4344013438
  • 発売日: 2007/06
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 118件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 203,203位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
いわゆるライブドア事件に関して知りたく購入した一冊。

私自身あまり興味がなかった「検察・検事」という業界。ライブドア事件をきっかけに「いったいどんな組織なんだ」と知りたくなった。

本書でもライブドア事件に触れており、著者自身が関わっていたわけではないが、独自の見解を述べている。
ライブドア事件は後半に書かれているが、順番通り本書を読み進めていれば結論は大体察しが付く。

結局、検察上層部の判断による大げさな事件だった。世の中への警鐘という正義感ではなく、検察が組織として動かざるを得なくなったという著者の見解。中の人が言うんだからそうだろうね。

ホリエモン自身も述べているが、目立ったらダメという日本の風潮は変わらないと思ってしまう。いつまでこんなことが続くんだろうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ANDY 投稿日 2017/4/29
形式: 文庫 Amazonで購入
本はとても綺麗で出品者はとても好感が持てました。ただ、本の内容は、ちょっとあいません。自慢話ばかりで、何の感動もありません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
登場人物は、大物政治家、大物ヤクザ、バブル紳士等実名で登場していました。ここまで書いていいのかなと思いながら読みました。私には、バブルは無縁な事でしたが良くも悪くも楽しく読みました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
田中森一の本をこれで立て続けに3冊読んだことになる。もう分かったので今後読むことはないだろう。

前2冊でもう分かったと思っていたので、机の横下にこの本が買ってあるのに気付いた時に、読むかどうか躊躇した。私もそんなにヒマでもないので。

結局、ベッドで寝転んで読み始めたのであるが、とにかく面白い。表社会と裏社会の絡みが、実名で書いてある。

お縄をちょだいしたり、スキャンダルで終わったマスコミで良く知っている人達が一蓮托生とゆーか、そういう人達から弁護人を頼まれて引き受けたため、そう思えるのか、さながら闇社会の曼荼羅絵図が繰り広げられる。

結局、どうも検事時代の同僚というか上司某から、何が何でも田中をパクレという指示が出て、身の潔白に自信があったので大して気にもしなかったようであるが、逮捕され有罪が確定した。無罪になる方法もあり、それを勧める友人の弁護士や検事OBも多くいたのであるが、闇社会の友人を裏切るのを嫌い、その方法を取らなかった。

私は裏社会の友人はいないが、社会的弱者と言われる人達との交友を少しずつ広げていきつつある。迂遠なようではあるが、裏社会に転落する人がいなくなる社会になることを願いつつ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
新聞の広告、書評に魅かれて、読んでみました。
まず、前評判は裏切りません。よくある字が大きいようなモノとは違い、濃い内容がぎっしりと書き込まれています。政治家等の実名も次々と出て来ます。
しかし、何よりも、バブルという時代が何だったのか、それを最も的確に捉えたのが本作だと思います。バブル紳士達に「お小遣いを貰うために」群がる政治家、巨万の富を手にしつつも、その使い方が分からず、意味もなく、周囲の人間にお金をばらまくバブル紳士。
また、バブル紳士の多くは、マイノリテイ(貧しい漁村出身者、部落関係、在日の方等)であったことには、オドロキました。
小さい頃の生活苦の経験から、這い上がるためにお金に執着し、しかし、本当の幸せが何かも分からず、何のためのお金が分からなくなっている...人間のフシギさを感じました。
考えさせられる、圧倒的なリアリテイで迫る傑作、お奨めです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
面白く読めた。
筆者は全てを洗いざらい書いたものだと思う。
登場人物のほとんどは実名。
自らの生い立ちも赤裸々に綴っている。

この本を読めば、例えば許永中や多くのバブル紳士たち、ヤクザ世界の人々も、魅力的な人物と映ってしまう。
確かにそういう面もあるのだろう。
が、全てを肯定はしてはいけないとも思う。

彼らの為に人生を狂わされた庶民、死に至らされた庶民が大勢いることは間違いの無い事実だからである。

筆者田中森一氏もまた魅力的な人物である。本音で生きていて、偽善的でないところに共感できる。

彼の所業を常識的、客観的に見ていけばやはり悪人ということになるのだろう。
彼の場合は本音で生きているうちに、意識せず悪行を行ってしまったともいえるのかもしれない。

最近、こうした「悪人」達の本を出版することが流行っており、元外務省の佐藤優氏やこの田中氏はその代表格だ。
この風潮はどうかと思うが、我々のうかがい知れない世界を知ることができるという点でのメリットはある。

本音で語るこの本は、バブルの時代や裏社会、検察、(悪徳)弁護士などの真実を知るためには非常に興味深い一冊だと思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す