中古品
¥ 560
中古品: 良い | 詳細
発売元 yasu19700411
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 消毒クリーニング済。速達・代金引換・コンビニ決済も可能です。ページ内、書き込み、マーカー、破れ、折れ跡は見当たりません。カバーに若干、使用感があります。剥がしやすいラベルを使用し、空調管理の完備されたアマゾン配送センターに保管しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

反抗期のシュタイナー教育―自立へと向かう遙かな旅 単行本 – 2003/3

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 227
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

親に対して秘密をもってみたり、大人を批判してみたり、何もしゃべらなくなってみたり、…そういったさまざまな陰影を見せるようになってくる時期、思春期。あるシュタイナー学校に舞台を借りて、子どもにどう接したらいいかを具体的に展開します。

内容(「MARC」データベースより)

シュタイナー学校のこどもたちも6年生を迎える頃、大きな変化が訪れる。親に対して秘密をもってみたり、大人を批判してみたり、何もしゃべらなくなってみたり…。反抗期の子どもと大人はどう関わるべきか具体的に展開する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 275ページ
  • 出版社: 学陽書房 (2003/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4313660267
  • ISBN-13: 978-4313660267
  • 発売日: 2003/03
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 443,527位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
反抗、万引きといった思春期に起こりがちな問題を、どう捉え、どう導いていくかを、読みやすい小説仕立てで解説してあります。他のシュタイナー本にありがちな、いいんだけどわかりにくい、といった短所が克服されていて、教師の立場から見た子供の変化や、教員同士の経験に基づく会話などから、自宅で親ができることは何かが見えてきます。
私の家では子供たちがシュタイナー学校から公立に転校したので、なんとか家でできる事はないかと探る毎日ですが、大変参考になりました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、シュタイナー教師として長い経験を持つヘルマン・ケプケ氏が、思春期について
書いた本です。…(略)…シュタイナー幼稚園の、柔らかな色彩に囲まれた夢のような環境で
育った子どもたちは、そのまま問題なく育っていく、かのように思えます。
けれども(略)思春期には(略)さまざまな問題を見せるのです。
けれどもそこからの展開が、シュタイナー教育ならではの深みを見せてくれます。彼らはなぜ
そのような問題を見せるのか、そして、どのように対応していったらよいのか。そういったテーマ
を、この本は具体的に探っていくのです。…訳者からのまえがきより抜粋。

自分自身の反抗期が長かったので、第3章のような担任(または大人)に巡り合っていたら
もう少し自分に自信が持て、心をねじまげすにすんだかと今さらながら思いました。
子安文さんの「私のミュンヘン日記」は子ども側の視点で共感が持てます。
「9歳児を考える」(水声社)と合わせてどうぞ。オリジナルでは「7歳」との3冊組だそう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
子どもが自分の目や感覚で認識し、考える時
大人の権威がターゲットとなることがある。
9歳頃と反抗期を、子どもの内面・大人が示すことが出来るお手本を、分けて考えることが出来る。
子どもの内なる葛藤や成長を、小説内の教師役が解説しようとするので、子どもを理解する助けになる。
結果、大人が子どもの成長をサポートするための準備ができる本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告