通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
反哲学史 (講談社学術文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

反哲学史 (講談社学術文庫) 文庫 – 2000/4/10

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 296
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 994
¥ 994 ¥ 73
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 反哲学史 (講談社学術文庫)
  • +
  • 反哲学入門 (新潮文庫)
  • +
  • ハイデガー拾い読み (新潮文庫)
総額: ¥2,118
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ニーチェによって粗描され、ハイデガーによって継承された「反哲学」は、西洋2500年の文化形成を導いてきた「哲学」と呼ばれる知の様式を批判的に乗り越えようとする企てである。この新しい視角を得れば、哲学の歴史も自ずからこれまでとは違って見えてくる。古代ギリシアから19世紀末にいたる哲学の道筋をたどり直す「反哲学史」。講談社学術文庫『現代の哲学』の姉妹編。

内容(「BOOK」データベースより)

ニーチェによって粗描され、ハイデガーによって継承された「反哲学」は、西洋二千五百年の文化形成を導いてきた「哲学」と呼ばれる知の様式を批判的に乗り越えようとする企てである。この新しい視角を得れば、哲学の歴史も自ずからこれまでとは違って見えてくる。古代ギリシアから十九世紀末にいたる哲学の道筋をたどり直す「反哲学史」。講談社学術文庫『現代の哲学』の姉妹編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 272ページ
  • 出版社: 講談社 (2000/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061594249
  • ISBN-13: 978-4061594241
  • 発売日: 2000/4/10
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 38,313位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
「反哲学史」という題名からどんな鬼面人を驚かす難解な哲学史かと思いきや、きわめてまっとうな、しかもわかりやすい哲学史である。明治大学の講義ノートを元に書かれたもので、「哲学入門」にもってこいの本である。
「反哲学」とは「反形而上学」のことである。
著者は「形而上学」についてこのように定義している。
「この現実の自然の外になんらかの超自然的原理を設定し、それに照準を合わせながらこの自然を見てゆこうとする特殊なものの考え方、思考様式という意味です。」(112ページ)
 この観点から、プラトン、アリストテレスから始まってデカルト、カント、ヘーゲルといった西洋哲学のいわば幹線道路について解説してゆく。切り口がはっきりしているので、非常に判りやすい。
 ただ形而上学克服の試みを、シェリング、マルクス、ニーチェの19世紀の先駆者に言及するにとどめ、あとは「現代の哲学」を読んで下さいというのは若干無責任である。
10年前にこの本に出会っていればなあと思う本である。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読書を余暇の趣味とする人間にとって、哲学は興味深い対象であるとともにとっつきにくいものです。本書は、哲学の0度というべき古典哲学について平易に解説したものです。本書は反哲学史という題ですが、内容は第一哲学(形而上学)の変遷をたどったものです。実際それが土台となってどう「反」哲学になるか、の部分はほとんど記述がないです。その部分は同文庫の「現代の哲学」につづくとなっていますが、「現代の哲学」は1962年に書かれたものですし、記述が古く、本書の現代部分を補充するという意味からは必ずしも適当なものとは思えませんでした。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「形而上学的原理とは・・・人間の願望の外に投射されたものでしかなく、本当に存在するわけのものではありません」
「真実らしいこと以上の真理はありえないわけであり、その真実らしさは実際的有効性によって決せられる」
「万事を無原則に成りゆきにまかせる自然的存在論」に立脚していたソフィストの言い分・・・誠にご尤も。

「頽廃期に入り、国内的には民主政治が極度に堕落した衆愚政治」と化していたギリシアにおいて、
「ソクラテスやプラトンが戦おうとしたのは・・・堕落」
「ポリス(都市国家)の市民が・・・詭弁を弄してまで自己の個人的権利を主張し、
 民主政治が過度に発達して衆愚政治と化すことによって、ポリスは精神的共同体としての統一性を失うと考えた」故である。

「おのれ自身いかなる立場」にも立たず、
「既成の知識や実在を否定して、それに代わる何か他の知識や実在をもち出そう」としなかったソクラテスの目的は、
「新らしいものの登場してくる舞台をまず掃き清める」ことにあった。

「国家というものは正義の理念を目指して形成され作られるべきものだという
 政治哲学を提唱(『わたしの哲学入門』)」したプラトンの特異な存在論・・・イデア。
「すべてが作られたもの、
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
本文に『・・・今世紀の思想家たちは、こうした反省の上に立って、「哲学」を西洋という文化圏の特定の時代に成立した特殊な知の様式、そしていつの日にか-----それがいつであるかはともかく-----乗り越えられねばならない、したがって乗り越えられる可能性のある知の様式と考えているのです。・・・』とある。これが本当ならば素晴らしき事ですが、二十世紀の思想家によって思考実践されているか、著書を読む限り、物凄い疑問を持っている。レビューアーは高校生から“ニーチェ”に魅了を感じ、すべての翻訳書を読み、大学生でレクラム文庫「Also Sprach Zarathustra」に挑戦したものです。われらの年代より上の方も、若き折に“ニーチェ”に夢中になる人は多かった。それ以降の哲学者の思想も本で学びましたが、日本の翻訳書に用いられている言葉の“何と非日常性で、難解なことよ”と思いました。何故なら原著のほうが自然だからです。著書で述べられている様に、『哲学の変革』を初めて提起したのが十九世紀後半の“Nietzsche”であった事はよく分るし、それが“Heidegger”に継承されていった。と著されているがレビューアーも、何も知らないままに、その道を歩んだ。勿論独学です。レビューアーは古代ギリシャから十九世紀の哲人の翻訳書は読みました。二十世紀以降の著書は私には実に退屈です。それについては自分で解決致します...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー