通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
双頭のバビロン〈上〉 (創元推理文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 香久山古書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧いただきありがとうございます。 気をつけて検品していますが、古書ですので経年劣化などある場合があります。 多少のキズ、ヨゴレ、落書き等ある場合があります。 ご納得いただけない場合は誠意ある対応を心がけています。 よろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

双頭のバビロン〈上〉 (創元推理文庫) 文庫 – 2015/6/22

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 99

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 双頭のバビロン〈上〉 (創元推理文庫)
  • +
  • 双頭のバビロン〈下〉 (創元推理文庫)
  • +
  • トマト・ゲーム (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-6) (ハヤカワ文庫JA)
総額: ¥2,981
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

世紀末ウィーンに生まれた貴族の血を引く双生児、ゲオルクとユリアン。だが、前者は名家の跡取りとして陸軍学校へゆき、後者は存在を抹消され、ボヘミアの廃城で世間から隔絶され育てられる。やがて、ある事件からゲオルクは故郷を追われ、野心と欲望の都市ハリウッドで映画制作の道に足を踏み入れるが……動乱の1920年代、西洋と東洋の魔都で繰り広げられる、壮麗なる運命譚。

内容(「BOOK」データベースより)

世紀末ウィーンに生まれた貴族の血を引く双生児、ゲオルクとユリアン。だが、前者は名家の跡取りとして陸軍学校へゆき、後者は存在を抹消され、ボヘミアの廃城で世間から隔絶され育てられる。やがて、ある事件からゲオルクは故郷を追われ、野心と欲望の都市ハリウッドで映画制作の道に足を踏み入れるが…動乱の1920年代、西洋と東洋の魔都で繰り広げられる、壮麗なる運命譚。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 400ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2015/6/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488441041
  • ISBN-13: 978-4488441043
  • 発売日: 2015/6/22
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 420,494位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
単行本は小さな活字で二段組みだったので読むのを我慢していた甲斐あって、この度
待望の文庫化(上下巻同時発売)。創元推理文庫に収録されているが、ミステリはあく
まで本作のひとつの側面でしかない。

19世紀末から20世紀初頭にかけてウィーン、ハリウッド、上海を舞台に、結合双生児
のゲオルクとユリアンを中心とする運命的な物語が交互に紡がれる。

フロイトに想を得たシュルレアリスム的な自動書記を通して発揮される双子の感応、
家庭教師とユリアンの同性愛的な官能など魅惑的な要素が、映画黎明期の熱気
あふれるハリウッド、日本や欧米の租界のある魔都上海、退廃的なウィーンを舞台
とすることで、いっそう妖しく輝きだす。

文庫でも上下巻に及ぶ長大な物語だが、まさに巻を措くあたわず、大陸を行き来しな
がら展開する群像劇に酔いしれた。最近の日本の小説は、どうもこぢんまりとまとまっ
ている印象が強く、こうした波乱万丈の、該博な知識に裏打ちされた、それでいて現実
と非現実のあわいを漂う物語の喜びを味あわせてくれるものにはなかなか出会えない。
1929年生まれながらなお意気軒高、大河小説をもたらしてくれる著者にひたすら感謝
するばかり。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告