通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
双孔堂の殺人 ~Double Torus~ (講談... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

双孔堂の殺人 ~Double Torus~ (講談社文庫) 文庫 – 2016/12/15

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 482

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 双孔堂の殺人 ~Double Torus~ (講談社文庫)
  • +
  • 眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社文庫)
  • +
  • 五覚堂の殺人 ~Burning Ship~ (講談社文庫)
総額: ¥2,786
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

<堂>シリーズは、今では通常の名探偵シリーズにはない展開をみせている。
――円堂都司昭(文芸・音楽評論家 解説より)

館と天才たちと奇行の探偵、再び。第二弾開幕!

二重鍵状の館、「Double Torus(ダブル トーラス)」。警察庁キャリア、宮司司(ぐうじつかさ)は放浪の数学者、十和田只人(とわだただひと)に会うため、そこへ向かう。だが彼を待っていたのは二つの密室殺人と容疑者となった十和田の姿だった。建築物の謎、数学者たちの秘された物語。シリーズとして再構築された世界にミステリの面白さが溢れる。「堂」シリーズ第二弾。

内容(「BOOK」データベースより)

二重鍵状の館、“Double Torus”。警察庁キャリア、宮司司は放浪の数学者、十和田只人に会うため、そこへ向かう。だが彼を待っていたのは二つの密室殺人と容疑者となった十和田の姿だった。建築物の謎、数学者たちの秘された物語。シリーズとして再構築された世界にミステリの面白さが溢れる。“堂”シリーズ第2弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062935481
  • ISBN-13: 978-4062935487
  • 発売日: 2016/12/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 317,994位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
前作『眼球堂の殺人』で周木律さんの堂シリーズに魅了され、2作目である本作も非常に楽しみにしていました。そして実際に、その期待に恥じない面白さだったと断言できます。
前作で真相が見抜けなかったので、「今作では!!」っと意気込んで、頭から慎重に噛み締めるように読み進めていきました。しかも、真相解明の前に最初に戻り、再び読み直すまでしました。ですが、あと一歩、最後のびっくり展開に最後まで気付くことができず、非常に悔しい思いをしました。
ですが、そんなことは正直どうでも良くなるくらい終始本作にのめり込み、結局は心地よい余韻に浸ることができました。
相変わらず丁寧な見取り図で、それを見ながらあれやこれやと可能性を探る面白さを残してくれつつ、前作同様数学的な解説や要素をふんだんに取り入れ、しかもそれが無駄にならない形でトリックと関連性を持たされていたのも、とても素晴らしいと思います。
確かに、今作で非常に盛り込まれている十和田さんの数学トークは、正直読んでて「('・ω・`)?」状態でしたが、ある程度材料が集まってから読み直してみると、「ひょっとしてこういう可能性を示唆してるのでは?」といったような、いわゆる「言ってることは分からないが言いたいことは何となくわかる」といった状態まで持っていくことができ、数学の知識が深まるのと並行して事件の謎に対する自分の理
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告