Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432
(税込)
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[藤田和日郎]の双亡亭壊すべし(4) (少年サンデーコミックス)
Kindle App Ad

双亡亭壊すべし(4) (少年サンデーコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.8 10件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 双亡亭壊すべし(少年サンデーコミックス)の4の第4巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 140

紙の本の長さ: 200ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

双亡亭が見せる恐怖に打ち克ち、
肖像画から生還した凧葉と紅。
絵の奥に潜みながら人間の心身を欲し、
侵入者を人ならざる者へと変える
“奴ら”は一体何者なのか…?
その正体を知る青一は、
緑朗と歴代総理大臣達を前に、
自身の壮絶な過去をゆっくりと語り始める…!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 63755 KB
  • 紙の本の長さ: 197 ページ
  • 出版社: 小学館 (2017/4/18)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06ZXSP6HV
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
う、宇宙人にしてしまうのは・・。
おどろおどろしさが半減してしまった・・。でもきっと次巻も買ってしまうでしょう。
そういう吸引力はあります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
うしおととらが好きなので、同じ作家の作品なので読み始めました
原点に近い 人の友情や感情 の描写が好きです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
作者の藤田さんは、脇役の人間のドラマもきちんと描くのですが
表情の見せ方がどんどん凄くなってきているなぁと思います。
星の崩壊による人々の別れがとても切ないのですが
父が娘に対して抱く愛情がたった一コマの表情だけで深く伝わり、何故か泣けます。
ただ、娘が呼ぶ「お母さん」という言葉が大切なシーンで、最初に「ママ」と呼称がブレているのが残念。
そこ大事。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 123 トップ100レビュアー 投稿日 2017/4/18
形式: コミック
ここにきて青一の過去が明らかになります。双亡亭に関わりそうな謎だけに、もっと引っ張ると思っていたので予想外でした。同時に、敵の本体も明らかになります。まさかの宇宙人!妖怪ものとばかり思っていたので、白面の者ではないですけど古代の妖かしかなにかと思っていました。が、敵は宇宙の彼方からやってきた未知との遭遇でした。
青一達が戦いに赴く辺りは藤田節全開です。これまでの作品とはかなり毛色が違う双亡亭ですが、ところどころでいつもの熱さも吹き出してくるのが心憎い。これがあるからやめられないんですよね。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
<ネタバレ含みません>
前巻で双亡亭が歴代総理を巻き込んだ悩みのタネであること、建物の外からの攻撃は一切通じず、内側からなら攻撃が通じる点などが明らかになりました。

今回は、双亡亭と青一の謎に迫ります。
藤田先生の作品は、うしおととらや、からくりサーカスに代表されるように妖怪もの、古代もの(カラクリや古武術)など
歴史に起因するものが多かったのですが、今回は違うところに視点を持ってきました。

ヒントは、からくりサーカスのエンドです。

子供が楽しめるようバトル要素は残しながら、大人も楽しめるようこの先の展開を読ませないストーリーがさすがです。
まだ4巻という序盤で、話を広げて来た感がありますので、この後、どういう方向へ向かっていくのかとても楽しみです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover